最新のブログ記事を10ページ掲載して有ります

2020/04/22 春の五宝滝

 

岐阜県八百津町の山中に潜む名瀑

連続80mに及ぶ「一の滝」「二の滝」「三の滝」と、宮本武蔵ゆかりの「円明の滝」「二天の滝」、合わせて5本の滝が見られる。
鉄製と石による遊歩道が整備され、勾配は急峻だが注意を怠らない限り特に危険はない。

五宝滝動画

下の画像をクリックすると『五宝滝』のYou Tube動画が開きます。

DSC00796.jpg公開


2020/04/18 春の川浦渓谷

 

花崗岩の方状節理が刻んだ、岐阜の絶景

岐阜県関市、長良川支流の板取川上流に刻まれた渓谷。「飛騨美濃紅葉三十三選」にも選出されている。 この狭く切り立った垂直の断崖は、ここを走る断層と花崗岩特有の方状節理に沿っての浸食作用が刻んだもので、事実この深い谷は、この地に横たわる5㎞余りの花崗岩分布域(川浦谷花崗岩)だけに限られ、その上流・下流域は地層・岩質が異なる(美濃帯堆積岩類分布域)為、同じ板取川でもこの景観は見られない。


花崗岩、方状節理、マサ化

花崗岩はマグマが地下で比較的ゆっくり固まった「深成岩」で、冷却の過程で「方状節理(サイコロ状・直方体状に亀裂が入る)」となる傾向が有る。
又花崗岩は「御影石」とも呼ばれ、墓石などに使われる固い岩石ではあるが、サイズ数ミリ規模の石英、長石、雲母などの鉱物が混在する鉱物で、時間の経過と共に風化・粒状化する傾向も有る。この風化を「マサ化」と呼び、粒状化したものを「マサ土」と呼ぶ。花崗岩のマサ化は往々にして土砂崩れや土石流・洪水につながる場合があるが、同時にマサ土は園芸に使われたり陶芸用の陶土ともなる。岐阜県東濃地方は「美濃焼」の大産地だが、この地に幅広く分布する花崗岩帯からのマサ土が、主に木曽川などによって運ばれたものだろう。

花崗岩のマサ化は場所によって進行状況が異なり、川浦渓谷は未だ比較的摂理面を残した景観で有り、恵那峡、鬼岩は表面のマサ化が一定進み、丸みを帯びた巨大な岩体が露出する。
寝覚ノ床は、印象としてその途上経過に有るのだろう。

 

川浦渓谷動画

下の画像をクリックすると『川浦渓谷』のYou Tube動画が開きます。

DSC00769.jpg

2020/04/07 春の巌立峡

 

巌立の大岩壁と滝巡り、溶岩台地を歩く

岐阜県下呂市小坂町、5万4千年前の御嶽山噴火による溶岩流が作った景観。この時の溶岩流は17キロに及び、日本一。
溶岩流の最突端が巖立の大岩壁で、その上は比較的平坦な溶岩台地が広がっている。

巖立を挟むように濁河川と椹谷が流れ、溶岩台地を削って特異な景観を造っている。
この両川を中心に小坂町には200以上の滝が有ると言われ、幾つかの「滝巡りコース」が用意されている。ガイド付きで川の渡渉を含む上級者向きのコースも多い中、今回、特別な装備も必要なく遊歩道も整備されていて初心者向きの「三つ滝コース」を中心に、あかがねとよ、唐谷滝、及び溶岩台地を歩いてきた。

 

巌立峡動画

下の画像をクリックすると『巌立峡』のYou Tube動画が開きます。

DSC00667.jpg

- 進'Page

| コメント(3) | トラックバック(0)

ご無沙汰しました。
豪雪地南魚沼市に春がやって来ました。今年は雪が少なく豪雪地と言えない南魚沼市でした。
春の使者山野草が始まり、楽しい季節です。
先日撮影に行って来ました。

アズマシロガネソウ(東白銀草)

azuma 2.jpg

 

azuma 4.jpg

 

azuma1.jpg

 

azuma3.jpg

 

f1.jpg

 

コチャルメルソウ

c1.jpg

 

c2.jpg

 

c3.jpg

 

c4.jpg

 

久しぶりのアップで上手く行きません。
八海山倶楽部の皆様近況報告を兼ねてアップしましょう。
宜しくお願いします。

 

 

 

 

 


2020/03/06 早春の阿寺渓谷

「阿寺ブルー」と呼ばれるエメラルドグリーンの渓谷美

長野県木曽郡大桑村、木曽川支流の阿寺川に見られる、6Km余りの渓谷美。道幅は広くないが渓谷に沿って車で辿ることができる。
濃飛流紋岩と言う古くて固い岩石地層を流れる阿寺川は、雨が降っても水が濁りにくく「阿寺ブルー」が保たれる。


阿寺渓谷動画

下の画像をクリックすると『阿寺渓谷』のYou Tube動画が開きます。

名称未設定-8.jpg


2020/01/31 五宝滝

岐阜県八百津町にひそむ、宮本武蔵ゆかりの滝

五宝滝は八百津町の中心市街から車で5分程の所に有りながら、ひっそりした幽谷の雰囲気と良く整備された遊歩道を兼ね備えた名瀑であり、剣豪宮本武蔵の修行の場であったとの言い伝えも有る。
滝への登り口脇には、川(荒川)に沿って武蔵とのゆかりを案内する小公園と、川遊びの場が広がっている。


五宝滝動画

下の画像をクリックすると『五宝滝』のYou Tube動画が開きます。

五宝滝.jpg

 

みちのく巡り、至福の9日間

2019年10月31日から11月8日までの9日間、東北を旅してきた。
「東北に入り浸りたい」と言うのは年来の夢で、今まで断片的に足を踏み入れたことは有っても、今回のようにまとめて、しかも紅葉真っ盛りの時期に9日間、幸いにも雨に降られることも無く、下北半島を含め東北一円の魅力を堪能できた9日間は「至福」の一言に尽きた。今回相当欲張ったスケジュールで回った9日間だったが、しかし「入り浸る」と言う程には東北はあまりに広く魅力が多すぎて、それを満喫し尽くすには到底9日や10日では事足りず、又いつの日か、今度はもう少し余裕のあるスケジュールで回ってみたいと、改めて強く思った次第。

 

写真の表示

以下、基本的に回った順にその情景を写真でご紹介します。
掲載してある写真をクリックすると、アルバム形式で写真の一覧が表示されます。その一覧の写真をクリック、以下「前へ」「次へ」で写真を表示して下さい

 

 


 

山居倉庫・鳥海山

山形県のホームページによると、「山居倉庫は1893年(明治26)に酒田米穀取引所の付属倉庫として、旧庄内藩酒井家により最上川と新井田川に挟まれた通称『山居島』に建てられた」とある。12棟の巨大な倉庫群は当時も空調や風よけの為の様々な工夫がされていたが、現在は更に機械設備による空調などにより、立派に現役を務めている。

鳥海山は山形を代表する独立名峰で、鳥海ブルーラインは海抜ほぼ0メートルから1,100メートルの4合目まで一気に登る。只この最頂部付近は今回、周遊期間唯一雨に振り込められた場所で風も強くなり、撮影はおろか散策もままならず、下りの山道での車の横転なども頭をかすめ、早々の下山となった


ブルーライン下山口の近く、秋田県にかほ市の「奈曽川公園キャンプ場」で第1日目の車中泊となった。

037A5085.JPG

 

十和田・奥入瀬・酸ヶ湯

言わずと知れた日本でも1、2を争う紅葉の名所。
行く前、既に東北の紅葉には少し遅いのでは? と思っていて、事実標高の高い酸ヶ湯付近はブナが殆ど落葉して、白い幹が坊主になっていた。しかしその手前の十和田・奥入瀬は正に紅葉真っ盛り(もう1日・2日早かったら最高か?)。特に奥入瀬から蔦温泉に至る間は、それまでのクヌギやミズナラ交じりの雑木林から、ブナの純林、それも幹の太さの揃った二次林に変わり、見事さに息を呑みながらの運転だった。

酸ヶ湯の千人風呂に入り、その駐車場で車中泊。

037A5143.jpg

 

動画『奥入瀬渓流から別れ、蔦温泉を経て酸ヶ湯への道』はこちら

既に暗くなって来始めた時間だったので、画質はあまり良くありません。悪しからず。

 

下北半島

酸ヶ湯から青森に下って、下北半島に入った。
下北で圧倒されたのが仏が浦の奇岩・巨岩。約2000万年前、日本列島が大陸から切り離された時期、地球の歴史上でも有数とされる規模の海底火山の連続によって火山灰が積み重なり、それが固まった凝灰岩が波や風に侵食されてできた風景。浸食が激しい為、逆に植物が根付かずこの奇岩となったようだ。
海からそそり立つ崖を形成し、海岸に沿っての道路は無く、陸上からのアクセスは国道338から高低差100m徒歩20分程、階段状の遊歩道が唯一。只海岸に沿って展開する長大な全体像を見るには遊覧船など、海からしかなさそうだ。船が泊まる岸壁も整備されている。

大間崎は本州最北端の地で有ると共に、大間はクロマグロの1本釣りで知られる。
尻屋崎は下北半島東の突端。灯台と寒立馬の放牧が見られる。車は夜間通行止めのゲートを通って出入りする。牧場内は馬優先。

恐山は500円払えば中に入って参詣、温泉にも入れるのだが、着いた時間が遅かった為中に入るのは諦めて、宇曽利湖脇の広い駐車場で車中泊。

037A5197.JPG

 

五所掛け温泉自然研究路

八幡平アスピーテライン、西端入口近くに有る五所掛け温泉に隣接する散策路。オナメ・モトメの噴気孔、紺屋地獄、大泥火山や大湯沼など。1周約40分、足元はよく整備されている。

037A5249.JPG

 

八幡平・玉川温泉・乳頭温泉郷

八幡平はアスピーテラインを1周してきたが、標高も高く、この時期車から降りて散策するには寒すぎた。ブナやクヌギ、ミズナラなど紅葉を楽しむコースでもなく、八幡沼だのアオモリトドマツだのに触れるには夏場に訪れた方がいいと思った。

玉川温泉はPH1.05の強酸湯が1分間9000?自噴する。どちらも日本一。源泉温度は92℃。
日本で唯一北投石を存し「ラジウム温泉」として知られていて、「末期がんが治った」など、観光より湯治で有名。自然研究路沿いには無料の岩盤浴に浸る大勢の湯治客が横たわっている。かって秋田大学医学部の出張所だったか研究所が併設されている、と聞いたことが有ったが今はどうなんだろう?
今回で3回目の入浴だったが、昔は湯に入ると必ず、見ず知らずの脇の人からその効能を講釈されたものだった。実際、インキン・タムシなどが有れば局所はピリピリするし、1週間も入っていれば完治するんじゃないか、と思わせる。
昔は混浴だったが時代の変化か外国人観光客を考慮してか、今回はしっかりした仕切りが有った。この歳になってスケベ心で言う訳じゃないが、みちのくのおおらかな混浴文化が残されてもいいんじゃないか、と思った今回だった。

既に冬季閉鎖になっていた乳頭温泉郷キャンプ場で車中泊。周りのブナ林は既に時期的に遅かったのか、紅葉を過ぎて枯葉になっていた。
入浴はしなかったが、黒湯温泉、鶴の湯を回ってきた。

田沢湖は日本一の深さを持つ湖。かって玉川温泉の強力な酸性水が流れ込み、田沢湖固有のクニマスなども絶滅したとされたらしい。
2010年、お馴染みのさかなクンが山梨県西湖の「ヒメマス」の中に、「クニマスではないか」と推察される個体が有ったため、専門家に分析を依頼、クニマスであると判断された。1935年、田沢湖から西湖に送られたクニマスの受精卵10万個を孵化後放流したものが、繁殖を繰り返して現在に至ったと考えられているようだ。田沢湖に里帰りさせ、育成しようとの試みも有ったらしいが、残念ながら田沢湖の酸性度がそれを許していないようだ。

037A5351.JPG

 

角館・銀山温泉・山寺

角館、春は枝垂桜、秋はカエデ(モミジ)の紅葉が武家屋敷の佇まいと相まって風情がある。
銀山温泉も木造三階建ての佇まいなど、特に雪の風情が写真愛好家に好まれる。
山寺立石寺は山腹に築かれた伽藍群と、芭蕉の「静かさや岩にしみいるせみの声」の句で有名。

037A5385.JPG

 

裏磐梯

磐梯山の大噴火によって作られた景観。浄土平、五色沼、檜原湖等など。

037A5423.JPG

 

大内宿

江戸時代における会津西街道(下野街道)の旧宿場。
中山道の奈良井宿、妻籠、馬籠などとはまた違った雰囲気の宿場(跡)。中国からと思しき観光客が多かった。
それにしてもこれだけの家屋を維持するだけの茅を確保するのも大変だろう。

037A5485.JPG

 

国道352を、桧枝岐から奥只見湖、シルバーラインを経て大湯に

桧枝岐に近い「道の駅きらら289」で最後の車中泊。道の駅とは行っても駐車場での煮炊きははばかられるのが普通だが、ここは駐車場の奥、川(伊南川)の脇にベンチが有って、火を使うことも出来そうだったので、お湯を沸かしてラーメンで乾杯。兎も角温かいものが一番。
翌日桧枝岐から御池、奥只見湖脇を走り、シルバーラインのトンネルを通って大湯に抜けた。

037A5497.JPG

 

2019/10 梅花藻とイトヨ 清流の里、醒ヶ井宿

中山道61番宿場

醒ヶ井宿は中山道61番宿場で、今もその風情が街並みに見られる。現在「米原市醒ヶ井資料館」となっている建物は当時、大名や役人の街道往来の様々な便宜を図っていた問屋場だったもので、それが完全な形で残っているのは全国でも珍しいとのこと。

イトヨが泳ぎ、梅花藻揺れる清流

しかし今、醒ヶ井が人を惹きつけるのは、中山道の旧宿場町としてより(中山道宿場町としては、妻籠や馬籠、奈良井宿などには及ばない、とみるのはおいらだけか?)居醒(いさめ)の清水と地蔵川の清流に依ってだろう。
居醒の清水は、醒ヶ井の南ほぼ6Kmに位置する霊仙山(りょうぜんさん)からの豊富な伏流水が、街の東側に建つ加茂神社脇に湧き出すもので、古事記や日本書紀に登場する日本武尊が傷を癒したとの伝説もあり、2008年「平成の名水百選第一位」にも選出されているとのこと。
地蔵川はこの居醒の清水や同じく霊仙山からの湧水である十王水などを水源として、街道に沿って流れる清流。この地蔵川の清流が特に貴重とされているのは、絶滅危惧種となっているイトヨと、やはり冷たい清流でしか見られない梅花藻が一緒に生息していることだろう。

 

居醒の清水と地蔵川動画

下の画像をクリックすると居醒の清水と地蔵川のYou Tube動画が開きます。

037A5009.JPG

 

醒ヶ井宿写真

こちらをクリックして下さい。アルバム形式で写真が表示されます。
「前へ」「次へ」で、写真の表示を切り替えて下さい。

 

2019 海野宿

海野宿は元々、平安・鎌倉時代の海野氏の領地として栄えた城下町だったが、江戸時代(1625年ー寛永2年)、中山道の軽井沢と北陸道を結ぶ北国街道の宿駅として開設され、佐渡金山からの金の輸送、北陸諸大名の参勤交代、善行寺参りの参詣客などで賑わった。
明治・大正に入り鉄道網の発達に伴い、宿場町としての機能が失われると共に養蚕業を中心として発展、その名残は今の街並みにも見られる。

古くは日本武尊の東方遠征、木曽義仲の挙兵などに係わりのある地でも有ったらしい。

1986(昭和61)年8月10日、「日本の道100選」に、翌1987年に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、それを契機に1989(平成元)年から海野宿内の道路環境整備事業を実施、中央水路の改修・道路や植栽の整備、電柱の撤去などがなされ、現在の景観に至る。
通りは非常にきれいに整備されているが、妻籠、馬籠、奈良井などと比較して、自動車での往来も許されているようだ。

 

海野宿の街並み

動画は(You Tube)にUpしてあります。クリックして下さい。
撮影者の影が映りこんだり、画面が揺れたりしていますがご勘弁を。

 

付知峡、観音滝と不動滝

付知峡は岐阜県中津川の、付知川(とその支流)沿いに広がる渓谷美。
2月の最終末日(28日)、渋谷から岐阜に移住して1ヶ月あまり、未だ殆ど歩けていない中で、最初に訪ねたのがこの付知峡。未だ新芽も開き揃わぬ4月2日、しかも寒の戻りと早朝の放射冷却で辺り一面霜で真っ白の付知峡を、かじかむ手でカメラを持ちながら歩いて来た。

付知峡は又紅葉の名所でもある。その時期に、今度は少しばかり動画撮影に慣れた状況で再度訪れてみたい。

付知峡動画

動画は(You Tube)にUpしてあります。クリックして下さい。

 

 

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

Page-INDEX

八海山倶楽部

Link-page

掲示板

ふるさと歳時記
久'Page
秀一'Page
昇'Page
進'Page
智通'Page
雄'Page
亘'Page

最近のブログ記事

2020 春の五宝滝
雄'Pageブログ上
2020 春の川浦渓谷
雄'Pageブログ上
2020 巌立峡と滝巡り
雄'Pageブログ上
進'Pageブログ上
2020 阿寺渓谷
雄'Pageブログ上
2020、五宝滝
雄'Pageブログ上
2019/11 東北周遊ー紅葉と温泉、絶景の旅
雄'Pageブログ上
2019、醒ヶ井宿
雄'Pageブログ上
2019、海野宿
雄'Pageブログ上
2019 早春の付知峡
雄'Pageブログ上
坂戸山108灯神事 平成30年6月30日
昇'Pageブログ上
ご無沙汰していました。
昇'Pageブログ上
谷端川-4(不忍通りから神田川)
雄'Pageブログ上
谷端川-3(板橋駅から不忍通り)
雄'Pageブログ上
谷端川-2(谷端川緑道)
雄'Pageブログ上
谷端川-1(源流から緑道スタートまで)
雄'Pageブログ上
千川上水-4(青梅街道から西武新宿線、及び千川上水公園)
雄'Pageブログ上
千川上水-3(電通研究所前から青梅街道)
雄'Pageブログ上
千川上水-2(武蔵野大学前から電通研究所前)
雄'Pageブログ上
千川上水-1(境水衛所から武蔵野大学前)
雄'Pageブログ上