最新のブログ記事を10ページ掲載して有ります

 

東京で最長の、直線(水道)道路

 

多摩湖自転車道と羽村山口軽便鉄道跡

 

村山貯水池(多摩湖)から境浄水場に続く直線道路

実はこの「多摩湖自転車道」を見つけたのは偶然だったし、つい最近のこと。
石神井川を上流から河口まで通して歩いてみようと思い、3月11日、小金井公園脇の「上流端」から歩き始めたのだが、小金井公園を外れたところで不思議な景色にぶつかった。それが下の写真。
川の土手のようでもあるが土手なら川をはさんで両側に続いている筈。ところが川も無いし平場に500メートル程の土手が1本だけ。そこに石神井川が交差、下をトンネルで抜けている。

後で調べたらこれは「馬の背」と通称されている造形で、村山貯水池(多摩湖)から境浄水場への導水路(水道道路)の一部で有るらしい。この場所は石神井川の谷筋になっており、おそらく谷を挟んだ両側との勾配維持の為に築かれた土盛りなんだろう。この土手の中に導水管が埋設されている訳だ。
しかもこの馬の背を含む導水路全体は見事なほど直線で、その上が自転車道・遊歩道になっていることが分かった。この直線区間は村山貯水池から境浄水場迄ほぼ10キロメートル、直線道路としては東京でも最長区間らしい。

 

入りと出の2本の水道道路

一般に水道道路と呼ばれるモノは真っ直ぐで平坦な造りが多い(甲州街道脇の水道道路羽村山口軽便鉄道跡)。
特に、羽村山口軽便鉄道跡は羽村堰で取水した多摩川の水を、村山貯水池に送る導水管が伏せてあり、その上が「奇跡の1本道」とも言うべき真っ直ぐな遊歩道として住宅街や工場敷地を貫いている。
今回の多摩湖自転車道は逆に、村山貯水池から境浄水場に送る導水管を伏せた直線コースになっている。貯水池を挟んで入りと出の直線道路がペアとなっている訳だ。
羽村山口軽便鉄道跡の直線部分は約6キロ(横田基地横断の、約1.5キロを含んで)に対し、多摩湖自転車道は約10キロメートル。雰囲気として私は前者に1票だが、直線の長さとしては正真正銘東京で1番だろう。
※ なお「多摩湖自転車道」は、この直線コース約10キロと村山貯水池(多摩湖)周遊の約10キロ、合わせて20キロを言うが、私の関心は「水道道路」としての導水管埋設の直線部分。

 

井の頭通りの由来

なお今回調べた過程で、井の頭通りが元々は境浄水場から和田堀給水所を繋ぐ導水路だったことを知った。補強され上が車両通行可能な、今や幹線道路としての井の頭通りとなったのは交通量が増えた後のこと。当初はやはり「水道道路」と呼ばれていたらしい。
そう言われてみれば確かに井の頭通りも真っすぐで平坦だし、甲州街道、京王線を超えたところで和田堀給水所に正面からぶつかり、給水所を迂回している。この不自然なコース取りも今回初めて理解できた。
多摩湖自転車道と甲州街道は境浄水場脇の関前5丁目交差点で、引き継ぐような形で繋がっている。

…と言うことで、石神井川の取材は急きょ取りやめてこの多摩湖自転車道直線部分を歩いてみることとした。

 

馬の背

多摩湖自転車道を知るきっかけとなった馬の背の景観。
下を石神井川が通っている。

YOKL4010.JPG

YOKL4013.JPG

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

photomap2.jpg

 

5号隧道から先のルートを探る

5号隧道

4号隧道(赤坂トンネル)までは遊歩道(自転車道)として整備されて、快適に辿れて来た「奇跡の一本道」-羽村山口軽便鉄道跡(同時に羽村堰から村山貯水池までの導水管敷)が、5号隧道でその先の立ち入りが不可になる。

トンネルの入口はフェンスで固く閉ざされ、トンネルの中も水浸しで、仮に入れたとしても進入は困難のようだ。
ここさえ通れるように整備しておいてもらえれば村山貯水池(多摩湖)迄直ぐだし、遊歩道(自転車道)全体の使い勝手も格段に上がるのに、と恨み言の一つも言いたくなるところなのだが、この先には多摩湖への給水設備が有ったりして、あまり一般の立ち入りは避けたいとの事情もおそらく有ってのことだろう。兎も角この5号隧道経由での進行は不可能だ。

と言うことで、今回反対側の西武球場側から探ってみた。

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

photomap.jpg

ここ関東平野で、春一番の 山野草の花園(群生花)と言えば、「フクジュソウ」「ニリンソウ」「アズマ

イチゲ」等、そして【カタクリ】が思い浮かぶ。

約1週間前、自宅から車で1時間(平日・渋滞時間以外)位の距離にある、東北自動車道・佐野SAの

東側の丘陵地【三毳山(みかもやま)】に行って来た。

そう、関東でも良く知られた【カタクリ】の 群生地 なのです。

 

ただ異常気象のせいか寒い気温の続く今年は、花の季節としてはまだ早すぎるかも知れないとは思って

いたが、『開花直前』と言う状況でした。 (撮影日、3月7日)

 

 

カタクリの現状

 

 ◆ 鑑賞用木道より・・・・今回一番開花が近そうな株(まだ蕾が固い)
A001 2017.03.07 - 045 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

    ニラみたいな緑の葉は「キツネノカミソリ」の葉、夏にはこの花の群生も壮観
     (曼珠沙華の仲間で、7~8月頃黄色い小さな日光キスゲの様な花が咲く)

 

 ◆ 平均より少し花芽(蕾)が伸びているカタクリの株
       平均的には蕾が出始めて見えるか見えないか位の株が多かった
A002 2017.03.07 - 044 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

   まだ、枯葉の下に隠れている株も大量に有った様でした。

 

 

三毳山 (みかもやま)公園

 

 ◆ 【三毳山公園】周辺図  Googie Map より  (写真をクリックすれば拡大出来ます)
A003 【三毳山】周辺図 (Google Map).jpg

 ◆ 【三毳山公園】東口 ~ 【カタクリ群生地】
A004 三毳山公園東口 からカタクリの園 (Google Map).jpg

 ◆東口の【案内図】
A005 2017.03.07 - 001 三毳山 (東門付近).jpg

   〇 案内図の下部に東口入口が有る。 (最大のカタクリの群生地はここからが近い)
   〇 群生規模の大小は有るが、公園のあちこちの雑木林などに植生が見られる。

   〇 高速道路で来る場合は東北自動車道・佐野藤岡ICを降り、R50号線を「小山・
     水戸」方面に向かって登り道となり、登り切るとすぐ左側に【道の駅みかも】が有
     る。 ちなみに、道の駅から【三毳山公園・南口】も繋がっていて入る事も出来る
     注:【三毳山公園・南口】から【カタクリ群生地】迄は歩くかシャトルバスとなる。

     カタクリ群生地へ直行する場合は、道の駅の信号から一つ目の信号を「岩舟」方面
     へ左折すると、行く手左側に【三毳山公園・東口】が見えて来る。(左右が駐車場)

   〇 電車で行かれる場合は、両毛線「岩舟」が最も近いが、電車の本数は少ない様です。

     東部佐野線の「佐野市駅」又は 東部日光線「静和駅」からタクシーが便利でしょう。

     尚、最盛期には主要駅からのシャトルバスが有るとも聞いた事があるが未確認です。

 

今回の順路

 

 ◆ 入口のシャトルバスのバス停付近
   「河津桜」と表示は付いて居たが、寒い為か「梅」の花みたいだ (2~3分咲き位)
A006 2017.03.07 - 013 三毳山 (東門付近).jpg

A007 2017.03.07 - 018 三毳山 (東門付近).jpg

 

 ◆ 最初の東屋付近迄の途中
A008 2017.03.07 - 019 三毳山 (東門付近).jpg

A009 2017.03.07 - 021 三毳山 (カタクリの園入り口).jpg

   ◆ アズマイチゲ (太陽が差しこんでいれば花が開いて居たと思う)
A010 2017.03.07 - 063 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A011 2017.03.07 - 065 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

   ◆ カタクリの園分岐点(第一の東屋・左後ろ)・・・ 右へ川沿いに登る
A012 2017.03.07 - 023 三毳山 (カタクリの園入り口).jpg

   ◆ 第2の東屋に向かう川沿いの道 (正面に東屋の屋根が見える)
A013B 2017.03.07 - 025 三毳山 (カタクリの園入り口).jpg

   ◆ 第2の東屋から登って来た道を振り返った風景 (右、カタクリの園へ)
A013 2017.03.07 - 024 三毳山 (カタクリの園・東屋付近).jpg

   ◆ 第二の東屋から【カタクリの園】鑑賞用木道を見上げる (水平に見える木道)
A014 2017.03.07 - 022 三毳山 (カタクリの園・東屋付近).jpg

   ◆ 登り木道横に咲く「フクジュソウ」や「ニリンソウ」
A016 2017.03.07 - 033 三毳山 (カタクリの園・東屋上流付近).jpg

A015 2017.03.07 - 029 三毳山 (カタクリの園・東屋上流付近).jpg

    寒さと咲き始めで花が少なく、撮影位置のせいで正面からの花が撮れなかった
A017 2017.03.07 - 031 三毳山 (カタクリの園・東屋上流付近).jpg

   ◆ 鑑賞用木道(中央部)から第2の東屋方向を見下ろした光景
     カタクリも群生しているが、キツネノカミソリ(緑の葉)が勢力を伸ばしてる?
A018 2017.03.07 - 039 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

   ◆ 【観賞用木道】・・・この木道の上下が一番の群生地 (木道は行き止まりです)
      緑色の葉が繁っている所は「キツネノカミソリ」、夏には花で黄色く染まる
A019 2017.03.07 - 037 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A020 2017.03.07 - 038 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

   ◆ 落ち葉だけの様に見える所も、良く見ると下の写真同様に小さな芽生えがいっぱい出てた
A021 2017.03.07 - 050 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A021B 2017.03.07 - 052 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A022 2017.03.07 - 042 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A023 2017.03.07 - 048 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A024 2017.03.07 - 041 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A025 2017.03.07 - 049 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

  ◆ 帰路(鑑賞用木道)より
A025B 2017.03.07 - 053 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

A026 2017.03.07 - 054 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

 

  ご覧の通り、まだ満足に咲いて居るカタクリは一本も見る事は出来ませんでした。 残念!

  が、今週あたりから咲き始めるでしょう、またニリンソウもアズマイチゲも今からがシーズンです。

  なお、最盛期は、恐らくあと2~3週間後からで、4月上旬位迄はこの斜面がカタクリの紫で敷き

  詰められる事でしょう。

   (現在は落ち葉に隠れている株も、恐らく今出ている株数以上に有ると思われます)

 

  ネットで「三毳山」「カタクリ」「画像」のキーワード検索すれば過去の多くの綺麗な群生画像

  見られます、一度検索して見て下さい。 そして、実際に行って見る事をお薦めしたいと思います。

 

 

  ◆ 帰路、池が見え始めた頃 雑木林の小枝を渡り歩く小鳥が居た
       名前は知らないが、せわしなく飛び回る姿が可愛いくて1枚!
A027 2017.03.07 - 072 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg

 

 

【 余 談 】

  冒頭で「河津桜」の写真をお目にかけましたが、樹木表示は「河津桜」でしたがどう見ても梅の花

  にしか見えず、念の為ネット検索で花を調べたら、本場伊豆半島の河津の桜とはかなり変形した花

  弁では有ったが、寒冷地では変形して来たのだろうとも解釈できる花が多数見つかった。

  従って、河津桜の仲間には間違い無さそうなので、本稿では「河津桜」として扱った

 

  河津桜の検索中メジロと桜の写真が多数あり、中にほのぼのとしたユニークな写真があり感動!

  目の保養に1枚借用、皆さんにも紹介したいので掲載しましょう。

    なお、作者の方にお断りしておりませんので、もしご本人様からお申入れが有った時は、
    削除致しますので悪しからずお願い致します。(営利目的ではありませんのでご容赦を)

  ◆ メジロの夫婦か兄弟か?・・・微笑ましいシーンですよね!
A028 -河津桜とメジロ.jpg

3/12  早朝から新堀新田の「十二講」行事が行なわれました。

毎年、この日に行なわれて区の役員が中心になって続いている。

 

雪の山を作って真ん中に大きな目玉を入れて、その回りに山仕事の道具を 書いた。SDIM1410.jpg

前の日に雪山作りを始める。   SDIM1390.jpg

神社参道をカンジキを付けて踏み固めていく。 SDIM1396.jpg

行事当日の早朝です。参道を楽に歩けました。 SDIM1398.jpg

藤原山方面から朝日が上がって来た。凍み渡りが出来たが大人には少し緩かった。 SDIM1402.jpg

暮坪の栗田宮司様から来ていただき拝んでもらいました。行政役員,氏子役員,氏子などが参列しました。 SDIM1412.jpg

神主から御払いを受けました。SDIM1417.jpg

参加者が弓矢を引いて天に向けて呪文を唱えてからカラスの目玉に向けて矢を打った。SDIM1425.jpg

目玉に当てるには何回も挑戦が必要だった。SDIM1436.jpg

もう5年くらい使っている弓と矢です。子供のころは弓を作るのが楽しみだった。SDIM1437.jpg

赤飯、さきイカ、お頭付きの小魚、御神酒などがふるまわれました。SDIM1438.jpg

栗田神主を囲んで役員と氏子です。雪もあり山もうまく出来ました。H29-3-12十二講行事1.jpg

 

 

 

 

 

故郷から相次いで「凍み渡り」の知らせが届いた。雪に覆われたその下に、春はしっかりその準備をしている。
昔なら今、肥引きの真っ最中、その後は「春山」、つまり山で雑木を伐ってその束を雪の斜面で滑落させて日常の炊事や冬の暖房の燃料に備える。それが終われば田打ち、代掻き………、考えるだけで終わりのない1年が始まる。

マッ、それは兎も角凍み渡りのこの時期、雪国のふるさとももう直ぐ春だ。
一足先に目黒川緑道に、春を探しに行って来た。
「花の道」とおいらが呼んでいる通り、既に春真っ盛りの様相を見せてくれた。

後二十日もすれば東京は桜の満開だと言う。

 

花の写真は順不同です。
花は好きですが、その名前だとかなんだとか殆ど知識が有りません。

YOKL3960.JPG

雪の錯覚すべり台 - 智通'Page

3/5 午後、旧東地区の八海山麓スキー場で「八海山麓 ホワイト・カーニバル」と「雪の錯覚すべり台」の展示が行なわれていました。

池田美術館で行なわれている「錯覚展」(1/7~3/27)を以前、見学しました。ボールが坂を上るのを見て驚きました。

鏡を透して立体物を見るとそれは現物とは違う立体になっていた。不思議な景色であった。

その後、北里大学専門学院で作成者の杉原教授が原理の講義を行なったので聞きにいった。

そして、今回の野外での大きな雪での展示が行なわれた。

滑り台の中央がくぼんでいるように見える。子供のソリは上って行くように見える。この位置から片目で見ると尚更にくぼんで見える。SDIM1289.jpg

NHK新潟が取材に来ていた。夕方のNHKローカルニュースで放映された。SDIM1285.jpg

滑り台の下で見たら中央が1mくらい高かった。実際は子供がソリで下に滑っているのが現実だった。SDIM1282.jpg

階段が本物のように見えた。人間の目(脳)がだまされることがたやすいことが解った。SDIM1294.jpg

若者がステージ上で舞踊ダンスを披露していた。SDIM1261.jpg

「八海太鼓」が力強く披露された。SDIM1313.jpg

福島の民謡歌手で昨年も駆けつけたようです。ステージですばらしい民謡を披露しました。SDIM1304.jpg

模擬店も賑わっていました。SDIM1252.jpg

モチつきのふかしガマです。カマを囲んでふかし上がるのを待っていました。SDIM1296.jpg

モチつき作業です。千切ったモチはきな粉をまぶして振る舞われました。SDIM1322.jpg

ポニーやうさぎとふれ合うコーナーもありました。SDIM1272.jpg

脇では雪上モービルカーで引っ張るボートに乗って親子が楽しんでいました。結構スピードが出ていました。SDIM1249.jpg

3/4  8:00 今朝は冷え込んでシミ渡りが出来たので三国川方面に雪上を歩いてみた。

道路を歩かないで家の前から直線で雪上を歩いて川へ向かった。 H29-3-4しみわたり1.jpg

今は使っていない一本のハサ木ですが綺麗に枝下ろしをしてあった。長い棒や支え棒を押っ掛けている。 H29-3-4しみわたり2.jpg

雪上はなにも障害物がないので気の向くままに自由に歩いた。気持がよかった。表面はツルツルしてスケートリンクのようだった。 H29-3-4しみわたり3.jpg

さくり親水公園の駐車場です。まだ雪が一杯です。H29-3-4しみわたり4.jpg

バーベーキュウ周りです。春が待ち遠しいです。 H29-3-4しみわたり5.jpg

雑木のところまで容易に行かれた。近くで見るとツルが一杯絡まっていた。昔の原っぱが残っていた。H29-3-4しみわたり7.jpg

帰る頃は太陽が高くなって雪上が緩んで来た。農道の端の陰のところはまだ固かったのでそこを歩いた。 H29-3-4しみわたり9.jpg

 

昨日2/28、今日3/1と 二日続けてシミワタリで遊んでました。

とっても楽しい時間でした。

17.02.28-3.jpg

17.03.01-1.jpg

ご来光は6時40分 ここは9合目

17.03.01-3.jpg

17.03.01-6.jpg

左奥の木々が大城、小城 右杉の先端が坂戸山山頂

17.03.01-8.jpg

17.03.01-9.jpg

17.03.01-19.jpg

朝8時くらい 途中でコーヒータイム そして 持参したパンを食べる。八海山眺めながら至福の時間。

17.03.01-12.jpg

17.03.01-11.jpg

17.03.01-13.jpg

右奥が坂戸山山頂、緩やかな稜線が続く、これぞまさしく空中散歩です。途中鹿を見る。

17.03.01-14.jpg

眼下に魚の川、二日町の美佐島トンネルの上を降りていく。

17.03.01-17.jpg

前日2/28日下った人の足跡が残っています。

17.03.01-18.jpg

9時下山、まだ霧が少し残っていました。

 

2/26 城内開発センター駐車場を会場に「城内弥三郎ばさ 生誕地まつり 」が行なわれました。

当日は小雨模様でしたが17時頃から雨も止んで気持ち良い祭りになりました。

歩け歩けを兼ねて歩いて駆け付けた。

到着したら模擬店がオープンしていたので甘酒、カジカ酒、ムジナ汁を頂いた。

大和の国際大学の学生が大勢参加して祭りを盛り上げました。

SDIM0933.jpg

雪壁の灯篭です。会場周辺に作られてカラフルな風景になりました。ローソクは4時間くらい持つようです。 SDIM0909.jpg

上原地内のメーン道路に灯篭が作られた。 SDIM1029.jpg

参加者がチョウチンを持って城内開発センターを出発しH30年度開校の八海中学校の脇を通って行進した。SDIM0926.jpg

上原のメーン道路を太鼓をたたきながら一周した。 SDIM0927.jpg

きれいにムジナメークした国際大学の学生です。 SDIM0920.jpg

弥三郎ばさに扮した女性を囲んで。通訳の名札を付けていました。情報高校の学生も通訳してくれました。 SDIM0927.jpg

「ムジナ化け大笑」の参加者です。気に入ったムジナメーク写真に上からマークを貼る。40人以上の参加者だった。SDIM0941.jpg

「大吼え大会」の親子です。子供が吼えました。 SDIM0949.jpg

「大吼え大会」の男性です。 SDIM0972.jpg

「大吼え大会」の女性です。 やさしい叫び声でした。市内の方かな? SDIM0992.jpg

各賞の授賞式です。

SDIM1020.jpg

模擬店です。甘酒、御神酒、ムジナ汁がふるまわれました。たこ焼き、たい焼き、うどんなどが出された。 SDIM1014.jpg

 

 

   2/11 市雪まつりが六日町大橋下の特設会場で開かれた。

湯沢の帰りに立ち寄って見学した。去年よりは雪の量も多くて冬らしくなった。

 

「お六と桂姫銅像」、お六は直江兼続が小姓だった時の呼び名です。桂姫は主君である上杉景勝の妹です。二人の恋が「お六甚句」で唄われている。

 この銅像は六日町の親しみやすいシンボルですね。 「お六甚句」  https://www.youtube.com/watch?v=j8PFdAhgJsE

 

100-SDIM0335.JPG

 

直江兼続公の愛の兜レリーフです。102-SDIM0329.jpg

伊勢町大神宮境内の賽の神行事です。104-SDIM0426.jpg

伊勢町大神宮境内の参拝者です。福引を頂いて、テントでは温かい豚汁も出ていた。106-SDIM0454.jpg

境内に作られた「ほんやら洞」です。子供達が入って楽しんでいました。108-SDIM0568.jpg

六日町大橋下の特設会場です。奥がステージです。200-SDIM0480.jpg

雪灯りの回廊です。 

202-SDIM0490.jpg

202-SDIM0490.jpg 雪山の上から会場を見渡す「上杉謙信公」のフィギア像です。204-SDIM0494.jpg

上田五十騎・毘龍剣勇会 (剣舞) 206-SDIM0512.jpg

笠をかぶった雪だるまです。208-SDIM0525.jpg

ドラえもんの雪像です。 

210-SDIM0542.jpg

町内ふれあい店。  

212-SDIM0531.jpg

町内ふれあい店。 

214-SDIM0532.jpg

町内アーケードの灯篭です。

216-SDIM0424.jpg

町内 の亀?の灯篭です。

218-SDIM0424.jpg

 

 

 

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

Page-INDEX

八海山倶楽部

Link-page

掲示板

ふるさと歳時記
久'Page
秀一'Page
昇'Page
進'Page
智通'Page
雄'Page
亘'Page

最近のブログ記事

多摩湖自転車道-1(多摩湖から八坂)
雄'Pageブログ上
羽村山口軽便鉄道跡-3(狭山丘陵、藪の中)
雄'Pageブログ上
カタクリ群生地 2017(関東編)
久'Pageブログ上
十二講行事
智通'Pageブログ上
目黒川(緑道)に春を探して
雄'Pageブログ上
雪の錯覚すべり台
智通'Pageブログ上
凍み渡り
智通'Pageブログ上
坂戸山空中散歩 シミワタリ
昇'Pageブログ上
城内弥三郎ばさ 生誕地まつり
智通'Pageブログ上
第67回南魚沼市雪まつり
智通'Pageブログ上
春の息吹【ザゼンソウ】が・・・
久'Pageブログ上
夕焼けを撮りに坂戸山行ってきました。
昇'Pageブログ上
寒修行
進'Pageブログ上
暮坪・上原を歩く
智通'Pageブログ上
泉新田・泉の冬風景
智通'Pageブログ上
雪の後に、
昇'Pageブログ上
津久野工業団地
智通'Pageブログ上
新堀新田・田崎工業団地
智通'Pageブログ上
「城内さんぽ」新堀・新堀新田に入れ替える
智通'Pageブログ上
谷沢川-5(等々力渓谷)
雄'Pageブログ上