最新のブログ記事を10ページ掲載して有ります

 

紅葉の上高地、日帰り撮影行

10月14(土)溌の夜行高速バスで上高地入り、翌日未明から、15時発の帰りバス時間まで紅葉の上高地を歩いてきた。
1週間前辺りから当日の天気を気にしてチェックしていたんだが、日が近づくにつれ予報は悪くなる一方、前日の予報はもう最悪。完全に雨を覚悟しながら運を天に任せて出発した。
未明の5時過ぎ大正池でバスを降りたら、空は暗かったが道は乾いていて雨は落ちていなかった。結果的に午前中は曇りのままで持ってくれた。

実は今回、一つの計画が有った。岳沢への登りだ。
岳沢は上高地の至る所で正面に見える穂高の中腹から下の部分、ガレ場のところ。下から眺める岳沢から逆に上高地を見下ろしてみたかった。黄色が主の紅葉も見ごたえがあるようだし。
しかしこれは実現しなかった。昼頃から雨が降り出してカメラが心配だったし、仮に登っても眺望は利かなかっただろう。登山道の途中で引き返した。

兎も角朝から雨っぽかった天気用法が、半日後に押してくれたお陰で、上高地の「銀座通り」紅葉は何とか写真に納めることができた。
今回は岳沢登攀計画も有り、雨も降って来たので小梨平、岳沢湿原から奥には行かなかった。

新緑の上高地」も併せてご覧ください。

 

下田橋

妙正寺川が中野通りと交差する地点が、哲学堂公園への入り口の一つ。中野通りに沿って公園が広がっている。

YOKL8940.JPG

 

クリックすると、文字が判別するよう拡大表示されます。

YOKL8941.JPG

 

下田橋からの妙正寺川

右岸に「哲学の庭」が広がり、その下に「妙正寺川第二調節池」の取水口が開いている。
左岸は10メートルを超える台地から妙正寺川に落ち込んでいて、その崖と台地上に「哲学堂公園」が展開している。

YOKL8949.JPG

YOKL8945.JPG

 

右岸、哲学の庭

YOKL8947.JPG

YOKL8948.JPG

YOKL8946.JPG

 

 

左岸、哲学堂公園

妙正寺川直ぐ脇の、崖下。崖に決まりごとの湧水箇所が幾つかある、…が、おそらくポンプアップによるものだろうな。

YOKL8944.JPG

 

かっては豊富な湧水が見られたのだろうが。

YOKL8943.JPG

 

妙正寺川脇から、台地上に繋がる石段。

YOKL8951.JPG

 

三祖碑

崖の途中

YOKL8952.JPG

 

台地に上がって

YOKL8953.JPG

 

YOKL8969.JPG

 

哲理門

YOKL8968.JPG

YOKL8970.JPG

 

茶会が開かれていた。
建物の中に、一般入園者は原則入れない。

YOKL8954.JPG

 

六賢臺

右脇の案内板には以下のような文章

ここに東洋的六賢人として、日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・迦毘羅を祀っている。

YOKL8955.JPG

 

三角尽くしの三学亭

おそらく公園での最高地点だろう。

YOKL8965.JPG

YOKL8966.JPG

 

硯塚

筆塚と対をなす碑だと思われる。
脇の案内板には以下の文が記されている。

硯塚
井上円了が全国巡游中、求められて各地で揮毫した際に用いた硯を供養した記念碑で、筆塚とともに貴重なものである。

YOKL8967.JPG

 

四聖堂

井上円了が最初に建設した建物で、ソクラテス、カント、孔子、釈迦の四賢人を祀ったこの四聖堂を「哲学堂」と称し、これがそのまま公園の名、公園の始まりとなった。

YOKL8956.JPG

 

宇宙館

YOKL8959.JPG

 

絶対城

YOKL8960.JPG

YOKL8963.JPG

 

筆塚

崖の途中。
上掲硯塚と対をなす碑だと思われる。脇の案内板には次のような文が記されている。

筆塚
字を書きて、恥をかくのも今暫し
哲学堂の出来るまで

哲学堂は井上円了博士が全国巡游中求められて各地で揮毫した際の謝礼を基金として開設されたのであるが、その謝意を含め、かつ、その筆供養のための記念碑として造られたのがこの筆塚である。

YOKL8973.JPG

 

台地から降りて

YOKL8977.JPG

YOKL8978.JPG

YOKL8979.JPG

YOKL8980.JPG

 

菖蒲池

YOKL8982.JPG

YOKL8983.JPG

YOKL8985.JPG

 

 

江古田川を辿る

 

源流と千川上水からの分水

江古田川は練馬区豊玉地区から中野区江古田地域を流れ、江古田公園(江古田古戦場跡)脇で妙正寺川に注ぐ一級河川。中新井川とも呼ばれる。
練馬区豊玉南1丁目の下篠田橋(交差点)迄暗渠、そこから妙正寺川合流までの下流が開渠となっている。
武蔵野台地の他の河川同様、普段は一級河川のイメージに程遠く、幅数10センチ程の細く僅かな流れしかない。しかし一旦大雨になると溢れんばかりに増水、それを回避する為下流に調整池が設けられている。

元々は現在の練馬区豊玉南三丁目、学田公園付近の中新井池湧き水を源流とした、とされるがその湧水が江戸時代後期に枯れ、北側の千川上水から3本の分水路を切り、水田灌漑に使った後江古田川に落としていたそうだ。そのうちの1本(中新井分水)が千川上水(千川通り)から学田公園までハッキリ確認でき、そのまま江古田川に続いている。
今回はこの中新井分水跡を含め、妙正寺川合流まで辿る。
 

学田公園

1887年(明治20年)、溜池を村人が開墾・埋め立てて水田を作り小作に出して、その小作料を小学校運営の一部に充てたことで、ここを「学田」と称した。1955年(昭和30年)に公園整備した際、公園名称を学田公園としたとされる。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい

江古田川地形図.jpg

 

撮影Map

クリックすると、Googlemapと連動して表示されます

egotagawa_photomap.jpg

 

 

妙正寺川、平和の森公園から神田川合流まで

引き続き妙正寺川を、平和の森公園から神田川合流まで辿る。
途中、江古田川の合流、江古田の森公園、哲学堂公園などを経て、神田川合流に至る。

 

撮影Map

クリックすると、Googlemapと連動して表示されます。

myosyoji2_photomap.jpg

 

妙正寺川(本流)を歩く ― 妙正寺池から平和の森公園

「暗渠の迷宮」とでも言うべき、妙正寺川の支流網・井草川源流部を迷宮に迷いつつ歩いてみた。しかし多分アチコチに歩き残しを残したままだと思うが、キリがないので本命の妙正寺川の本流を辿ってみた。

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

myosyoji1_photomap.jpg

今年の城内豊年ふるさと祭りの水面花火です。

花火63-1.jpg

花火67-1.jpg

 

花火20-1.jpg

 

花火39-1.jpg

 

花火35-1.jpg

 

今年は風でみなもが少し揺れています、とても綺麗な花火でした。

 

 

 

 

百花園に萩を求めて

子供の頃、雑草としか見ていなかった萩が、今は一番好もしく趣を感じる花になった。
紅葉の少し前のこの時期、最盛期を迎える萩を求めて向島百花園に行ってみた。百花園は都内では有数の萩の名所で、30メートルにも及ぶ萩のトンネルがある。
トンネルを彩る紅いミヤギノハギは、既に若干(多分2、3日)遅かったが未だ十分見られたし、シロバナハギは今が盛りと咲き誇っていた。

野草園

向島百花園については、下の案内板「向島百花園の沿革」を見て頂くとして(写真をクリックすれば拡大表示されます)、一般の庭園と違って植えられているのは野草、これはこれで中々奥ゆかしい。
開園当初は梅が主体だったようだが、その後ハギやススキなど万葉集や中国、日本の古典に詠まれている植物を集めて、四季を通じ花を見られるようにしたと言う。

掲載写真は全く順不同です。説明も付けていません。
園内のどこに咲いているかなど、撮影Mapを参照しながらご覧ください。

 

フォトギャラリー(全ての写真はこちら)

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して開きます。

170923_photomap.jpg

 

 

皇居一般参観-宮殿と反対側から見る二重橋と

 

皇居一般参観に行って来た

宮内庁も今は相当こなれている、と言うか気さくになっていて、公式行事などの無い平日は、午前と午後の二回一般参観を受け付けている。それも特に事前の申請を必要とせず、時間までに参集場所(桔梗門前)に行けば当日その場で受け付けてくれる。手続きも至って簡単。但し免許証などの身分証明書が必要。

一般参観についての宮内庁のホームページはこちら

 

…と言うことで行って来たのだが、手当たり次第にシャッターを押して来たので、画像アプリの助けを借りて並べてみました。
基本的にコースに沿っての写真ですが、振り返っての撮影だったり、往きと帰りで同じ場所を撮ったりと、その辺全く整理していません。

見どころとしては普段立ち入ることのできない宮殿(中には入れない)、正門鉄橋(本来、正式な二重橋)を渡り、正門石橋(一般的にはこちらを二重橋と思っている人が多い)を、普段見慣れているのとは逆方向から見る、等。
今回のコースでも、宮殿やその前の広場などの広さに圧倒されるが、それでも皇居(主に西の丸エリア)全体から見ればホンの一部。

 

大半が外国人だった

受付を経ての参集場所である窓明館にも、何人かの紅毛碧眼を見たが、歩き出してから聞こえてくる言葉は殆ど中国語(だと思う)。アジア系を含めるとおそらく大半が外国人だと思われる。東御苑でも半分は外人だと思われるし、逆に日本人の間ではこの一般参観や東御苑一般開放のことがあまり知られていないのではないか。

東京駅から直ぐ近く、東京のど真ん中に広がる「日本」を堪能出来る皇居は、外国人にとって格好の探索場所になっているのだろう。

 

当日貰った案内図

参観コースは図下側の、赤点線です。

kokyomap.jpg


 

正門鉄橋から見た正門石橋

下の写真をクリックして下さい。アルバムが開きます。

njyubashi.JPG

 

乾通り春の一般公開

乾通り秋の一般公開

皇居東御苑

等も併せて参照してください。

 

暗渠の迷宮、桃井支流(仮称)

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

0813地形図.jpg

 

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

igusagawa_photo-4.jpg

※ 井草川上流域全体のPhoto_mapリストは、こちら

 

暗渠の迷宮-4、今川支流(観泉寺から井草川合流まで)

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

0813地形図.jpg

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

igusagawa_photo-3.jpg

 

※ 井草川上流域全体のPhoto_mapリストは、こちら

 

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

Page-INDEX

八海山倶楽部

Link-page

掲示板

ふるさと歳時記
久'Page
秀一'Page
昇'Page
進'Page
智通'Page
雄'Page
亘'Page

最近のブログ記事

紅葉の上高地
雄'Pageブログ上
妙正寺川番外ー哲学堂公園
雄'Pageブログ上
江古田川(妙正寺川支流)
雄'Pageブログ上
妙正寺川本流-2(平和の森公園から神田川合流)
雄'Pageブログ上
妙正寺川本流-1(妙正寺公園から平和の森公園)
雄'Pageブログ上
城内豊年ふるさと祭り花火
昇'Pageブログ上
向島百花園の萩
雄'Pageブログ上
皇居一般参観
雄'Pageブログ上
妙正寺川水系-5(桃井支流(仮称))
雄'Pageブログ上
妙正寺川水系-4(今川支流(仮称)-2)
雄'Pageブログ上
妙正寺川水系-3(今川支流(仮称)-1)
雄'Pageブログ上
妙正寺川水系-2(井草川その2)
雄'Pageブログ上
妙正寺川水系-1(井草川その1)
雄'Pageブログ上
台風一過 南魚沼は桃源郷のような そんな姿見せてくれました。
昇'Pageブログ上
城内豊年ふるさと祭り
昇'Pageブログ上
木曽路-5(苗木城祉)
雄'Pageブログ上
木曽路-4(寝覚ノ床)
雄'Pageブログ上
木曽路-3(奈良井宿)
雄'Pageブログ上
木曽路-2(馬籠宿)
雄'Pageブログ上
木曽路-1(妻籠)
雄'Pageブログ上