最新のブログ記事を10ページ掲載して有ります

1/10  12:00  暮坪の八海神社参道脇の竹やぶ 森の中でここだけ日が射して青竹の色が鮮明であった。   H29-1-10暮坪歩け7.jpg

八海神社 建立平安中期(913年) (新編 城内郷土誌)   H29-1-10暮坪歩け8.jpg

 八海山表山元里宮御神木(杉) 周囲6.6m  見上げると枝が四方八方に延びていた。約1千年か。H29-1-10暮坪歩け11.jpg

暮坪の満願寺 高く吊られた大きなしめ縄が飾ってあった。大黒様と歳徳神の御札が各家に配られる。   H29-1-10暮坪歩け4.jpg

本家の八海山神社社務所 松の木を利用して大きなしめ縄が飾られていた。毎年恵比寿様の御札が配られる。  H29-1-10暮坪歩け6.jpg

大きな蔵と合体したような家でした。  H29-1-10暮坪歩け5.jpg

集会所裏の石碑 手前の赤い前かけの石碑は太良兵衛作だった。前左下に枡にソバの実▼印が刻まれていた。H29-1-10暮坪歩け3.jpg

帰りに鬼の面の宇田沢川に降りて見た。冷たい水の流れが早かった。八海山も輝いて綺麗だった。  H29-1-10暮坪歩け9.jpg

鬼の面の山には雪がなかった。日当たりのいい山である。  H29-1-10暮坪歩け10.jpg

今日(1/11)は一面の銀世界になった。雪の降る合間の気持の良い歩け歩けであった。

 

 

 

 

小雪の年末年始であった。去年も少なかった。こんな年が続くと心配です。今日は晴れたので歩け歩けで方向を変えて村しもの泉新田・泉に向かった。

泉新田地内のモクレン?のつぼみかな。柔らかそうなふっくらとしたつぼみが付いていた。 H28-1-7泉新田1.JPG

真白い風景の中に赤い屋根の美しい家。  H28-1-7泉新田2.JPG

城巻橋から下流の魚野川。  H28-1-7泉新田8.JPG

泉ビレッジの入口の大きなヒバの木。緑の苔が一杯付いていた。 H28-1-7泉新田7.JPG

泉ビレッジは3/中旬ごろまで営業休止の看板が出ていた。 H28-1-7泉新田12.JPG

藤ノ木養魚場 ニジマスが一杯泳いでいた。           H28-1-7泉新田9.JPG

雪に冴えて美しい家。          H28-1-7泉新田5.JPG

泉新田から泉に出て見た。道脇に大きなシッカリした蔵があった。なつかしい感じの蔵だった。  H28-1-7泉新田4.JPG

泉地区からの八海山。      H28-1-7泉新田10.JPG

帰路は犬の足跡を踏んで帰った。       H28-1-7泉新田11.JPG

 

久しぶりに晴れたので坂戸山行ってきました。

早起きの甲斐有りました。

16.12.29-3.jpg

16.12.29-5.jpg

16.12.29-6.jpg

ちょっと朝焼けの南魚沼地区

16.12.29-10.jpg

ご来光、体が朝日を浴びて少し暖かくなる。

16.12.29-11.jpg

16.12.29-14.jpg

16.12.29-13.jpg

16.12.29-15.jpg

16.12.29-16.jpg

16.12.29-17.jpg

16.12.29-18.jpg

16.12.29-19.jpg

12/25 歩け歩けを兼ねて田崎から五城大橋を渡って津久野工業団地へ行って写真を撮った。

普段行くことがない会社ですがどんな会社なのか興味が湧いた。(8社)

魚沼新潟物産 (魚沼地域の産物・加工品の製造、販売 漬物など  

H28-12-25魚沼新潟物産.jpg

 

興伸精機 (内燃機・減速機部品 ) ))内燃機・減速機部品  

H28-12-25興伸精機.jpg

雪国まいたけ第4バイオセンター (まいたけ)

H28-12-25雪国まいたけ第4バ.jpg

山泰製作所 (鋳造部品加工 

H28-12-25山泰製作所.jpg

八海酒造あまさけ工場 建設現場 (あまさけ)  

H28-12-25八海酒造あまさけ工場.jpg

粉研パウテックス (粉体機器:自社開発:製造・販売   

H28-12-25粉研パウテックス.jpg

日東工業 (電子部品:抵抗、コンデンサ等:の測定およびテーピング機製造 

H28-12-25日東工業.jpg

高速紙工業 (印刷 

H28-12-25高速紙工業.jpg

工業団地内ではないのですがJAみなみカントリーエレベーター 

H28-12-25JAカントリー.jpg

JAみなみカントリー前で精米施設の井戸掘削が行なわれていた。

H28-12-25JAカントリー精米.jpg

 

 

 

 

 11/30 歩け歩けで三国川沿いを田崎方面に向かって、新堀新田・田崎工業団地 を見ながら歩いた。

地元に居ても各会社に行く機会がないのでどんな会社があるのかを写真に撮って見ました。

三国川の城内東側で11社です。

西側の津久野工業団地にも8社の会社があります。

最近進出した国道291号沿いのコマツ中越  

H28-11-30工業団地14.JPG

 

雪国まいたけ (まいたけ生産)   

H28-11-30工業団地15.JPG

 

関越イワサキ (電球類及び電球部品の製造 )  

H28-11-30工業団地10.JPG

 バンレッカ (衣料用繊維製品製造) 

H28-11-30工業団地6.JPG

フリーパネル (一般住宅用基礎コンクリート鋼製型枠の製造・販売  

H28-11-30工業団地7.JPG

大黒電線 (コイル巻線加工 

H28-11-30工業団地4.JPG

 

新潟ガービッヂ (産業廃棄物処理  

H28-11-30工業団地1.JPG

オーヒラ (眼科医療機器、医療機器、精密機械の設計、製造、組立 

H28-11-30工業団地5.JPG

中越運送 (運送・物流業一般  

H28-11-30工業団地9.JPG

ニューロング精密工業 (スクリーン印刷機製造 

SDIM8045.JPG 

樋口鉄工所 (鋼構造物、建築金物 土木関連金物 

H28-11-30工業団地13.JPG

 

団地以外の 従来からある会社

新潟砂利グループ

H28-11-30工業団地11.JPG

ホクエツ信越

H28-11-30工業団地16.JPG

種村建設

H28-11-30工業団地12.JPG

 

 

H28-12-261月分入れ替え3.jpg

12/26 16:00 トミオカホワイト美術館で「城内さんぽ」スケッチを新堀・新堀新田に入れ替え作業を行ないました。

職員と5人の助っ人が張り替えました。  H28-12-261月分入れ替え2.jpg

こんな大きなポスターから始まった「城内さんぽ」ですが後2回の展示となりました。  image3.jpg

 

image4-1.jpg

新堀地区   「{     

730x332x1niiboris-thumb-730x332-32617_gif_pagespeed_ic_bPRxBl6QfC.jpg

田崎から長森新田・麓まで延びる「新田堀」

500x350x10henn7-thumb-500x350-32641_gif_pagespeed_ic_X73n0fPnk2.jpg

句碑「田始めや 八海山に 一礼し」 500x338x4henn62-thumb-500x338-32638_gif_pagespeed_ic_IwpQILeO3j.jpg

新堀新田地区

1tubakuro-1.jpg

十二神社境内 S26年頃 婦人会 今の団塊の世代の子供時代

10sinnsinn%20(3)-thumb-650x464-13938[1].jpg

S34.9伊勢湾台風で神社が倒壊しその後新築された。

13sinnsinn-(4)gg-thumb-620x716-13941[1].jpg

同一フローアーに展示されています。 

 H28-12-261月分入れ替え8.jpg

 

H28-12-261月分入れ替え5.jpg

 

H28-12-261月分入れ替え6.jpg

 

年末年始休館日予定表 

アート回廊休館予定表.jpg

美術館前からの八海山

 H28-12-261月分入れ替え1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日21日は暮れとは思えない素晴らしい天気になり、暖かく今年最後の晴れだと思い、カメラ持って八海山の撮影に行って来ました。

昨年続き雪の少ない師走になっています。昨日22日は南風が吹きただいま、城内上原は積雪0㍍です。

雪のない正月が迎えられそうです?・・・あまいかな。

 

宇田沢川と八海山。s-暮れ1.jpg

 

同じ場所から八海山s-暮れ2.jpg

 

 

八海山スキー場に行ってみるとスキー客が楽しんでいる。s-暮れ3.jpg

 

 

スキー場下からの八海山。s-暮れ4.jpg

 

 

日大セミナーハウス脇からの八海山。s-暮れ5.jpg

 

 

同じくセミナーハウス脇から八海山。s-暮れ6.jpg

 

 

広堀集落と阿寺山。s-暮れ7.jpg

 

 

広堀集落 柿の木と八海山。s-暮れ8.jpg

 

 

上出浦 逆さ八海山。s-暮れ9.jpg

 

 

上出浦橋から宇田沢川と八海山。s-暮れ10.jpg

 

 

妙音寺辺りからの八海山。s-暮れ11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷沢川と等々力渓谷

谷沢川を有名にしているのはなんと言っても東急大井町線等々力駅近くから下流の等々力渓谷だろう。遊歩道が整備されていて都心の住宅街で渓谷の景観を味わうことが出来る。
深く浸食されている崖の面、特に不動の滝の周辺には武蔵野台地の地層が露出していて、地質学的にも貴重な観察場所でもある。
等々力不動尊・不動の滝は修験者の霊場となっているし、周囲には横穴式の古墳も幾つか見つかっており、史跡としても貴重なエリアとなっている。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

todorokikeikoku.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

161217photomap-2.jpg

 

 

谷沢川開渠部分を等々力渓谷まで

田中橋と、おそらく一つ上の南橋で5本(或いは6本)の支流を全て合流、田中橋から下流は開渠として等々力まで流れる。

 

九品仏川と等々力渓谷

この区間は元々九品仏川と呼ばれ、等々力から先へ、等々力六丁目の九品仏浄真寺脇を通り吞川に合流する川筋だったらしい。
現在は等々力駅の脇でほぼ90度に折れ曲がって南下、その先が等々力渓谷として知られる区間となっている。その辺の事情は次の「谷沢川-4」参照。

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

161217photomap-2.jpg

 

天神溜池支流(仮称)と砧公園下の支流(仮称)

世田谷区上用賀1丁目8の天神公園(天神溜池跡)に端を発する支流と、東名高速道脇(おそらくかっては砧公園南端から発していたのではないか)から始まる砧公園下の支流(仮称)を辿る。

 

源流部ルート

谷沢川源流部.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

161217photomap-1.jpg

 

 

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

Page-INDEX

八海山倶楽部

Link-page

掲示板

ふるさと歳時記
久'Page
秀一'Page
昇'Page
進'Page
智通'Page
雄'Page
亘'Page

最近のブログ記事

暮坪・上原を歩く
智通'Pageブログ上
泉新田・泉の冬風景
智通'Pageブログ上
雪の後に、
昇'Pageブログ上
津久野工業団地
智通'Pageブログ上
新堀新田・田崎工業団地
智通'Pageブログ上
「城内さんぽ」新堀・新堀新田に入れ替える
智通'Pageブログ上
師走の八海山
進'Pageブログ上
谷沢川-4(等々力渓谷)
雄'Pageブログ上
谷沢川-3(田中橋から等々力)
雄'Pageブログ上
谷沢川-2(源流部その2)
雄'Pageブログ上
谷沢川-1(源流部その1)
雄'Pageブログ上
初雪の柿の木
智通'Pageブログ上
秋餅会
智通'Pageブログ上
神田川と紅葉の小石川後楽園
雄'Pageブログ上
玉川上水-5(小金井公園から三鷹)
雄'Pageブログ上
玉川上水-4(小平中央公園から小金井公園)
雄'Pageブログ上
玉川上水-3(玉川上水駅から小平中央公園)
雄'Pageブログ上
紅葉の御嶽渓谷-2(御岳~軍畑)
雄'Pageブログ上
紅葉の御嶽渓谷-1(川井~御岳)
雄'Pageブログ上
久しぶりの投稿
昇'Pageブログ上