最新のブログ記事を10ページ掲載して有ります

 

飛水峡ー日本列島誕生の由来を示す地形と地質の景観

飛水峡は岐阜県加茂群七宗町から加茂郡白川町までの全長約12Kmにわたる峡谷。
流れに沿って国道41号線と高山本線が通っている。

日本列島の背骨

実は飛水峡を知ったのはNHKの『ジオジャパン』と言う、日本列島の成り立ちを取り上げた番組からだった。ここは日本列島の成り立ちを示す一つのキーポイント地で有るらしい。
飛水峡の両岸は「チャートと呼ばれる、非常に固い岩石層が続いているのだが、ここのチャートと全く同じものが、何千キロも離れたロシアのハバロフスクで見られるのだと言う。つまりかって大陸に有ったこの地層が、大陸の縁が引きちぎられる形で剥がされ今の地まで移動、それが今の日本列島の骨格を形成していると言う訳だ。剥がされた割れ目は今の日本海になっている。

飛水峡とチャート(chert、角岩)

堆積岩の一種。主成分は石英や水晶と同じ二酸化ケイ素(SiO2)で、その成分の殻をもつ放散虫等の微生物の死骸が堆積してできた岩石(生物由来でなく熱水噴出孔からの成分由来のものも有ると言う)。
遠洋深海底で堆積されたもので、その為陸からの砂や泥、火山灰などを含まず、炭酸塩鉱物も水溶されて含まれない。その点で炭酸カルシウムを成分とする石灰岩とは大きく違う。深海の水圧で押し固められ極めて硬く、堆積のスピードも1000年に1mm或は0.3mmとか言う超スローだと言う。
チャートそのものは上述のように、砂・泥・火山灰などを含まないが、堆積に伴い砂岩や泥岩などを挟んで層状を呈している場合が多い。深海にまで及ぶ大規模な「地球事変」によるものだろうか。
又含まれる金属元素などによってさまざまな色を呈する。例えば飛水峡にも赤い色のチャート層が見られるが、当然鉄分(酸化鉄)を含んだ層であると言うことと、この層が堆積した時代、旺盛な植物の繁茂が続き、地球規模で酸素濃度が高かったと言うことが分かる。

チャートも石灰岩も日本の至る所で見られるが、東京でも奥多摩の海沢川上流部などで特徴的なチャート岩を見られる。
又硬い、と言うことで風化を免れたチャートが河床の礫の中に頻繁に見られる。

渓谷と甌穴群(おうけつぐん)

硬い、と言うことで水の浸食は外側に広がらず、河床を深くえぐり渓谷を形成する。
狭い渓谷を流れる激流によって運ばれた石が、岩盤表面に引っ掛かり流速による渦巻き運動でそこに円形の穴をあける。甌穴(ポットホール)と呼ばれるが、飛水峡の「甌穴群」は有名で国の天然記念物になっている。

日本最古の岩石

七宗町上麻生付近の飛騨川河床で、日本最古(20億年前)の岩石が見つかっている(もう1ヶ所、島根県隠岐島後)。
…と言っても飛水峡のチャートや砂岩の地層全体が20億年前に形成されたと言うことでは無く(地層の形成は中生代の三畳紀~ジュラ紀ー約2億4000万~約1億6000万年前)、地層に挟まれた礫岩層の中に20億年前とされる片麻岩礫が見つかったと言うことらしい。つまり20億年前に当時の大陸に分布していた岩石が、約2億年程前に礫として運ばれ海底に堆積、地層に紛れ込んだのだろう。
いずれにしてもこの地が、列島の中でも最も古い時代に形成されたことには違いない。

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

180421photomap.jpg

 

 

ここでは特徴的な景観のみ写真を掲載しました。

全ての写真はこちら

南魚沼市の桜の名所。上ノ原のお松の池に先日撮影に行ってきました。

南魚沼市の桜の名所と言っても、花見客は一人もいない。釣りをしてる人が数人、写真を撮っているのが私と他一人でした。なんと寂しい、桜の名所です。

私はここの風景が好きで毎年、桜の撮影に行っています。

撮影は4月16日と19日と二回行ってきました。16日は天気が悪く曇りで、水面が青く写らなくて、19日は晴れて気持ちよい天気でしたが、微風が吹き水面にさざ波がありました。

リアルタイムでなく、申し訳ありません。現在は葉桜になっていると思います。

 

何回かアップしてきましたが、昨日から魚沼の里にガーデンの仕事が始まりました。ガーデンに遊びに来てください。草取りや花の手入れしています。忙しくなりましたが、ガーデンの花の情報をアップで出来るように努力します。

 

19日撮影、晴れて水面が青く写りました。

松1.jpg

 

16日撮影、曇りで水面は空の色と同じ。

池1.jpg

 

 

松3.jpg

 

水面に映る桜1。

松2.jpg

 

水面に映る桜2。

松4.jpg

 

19日池の南側からの撮影。

松5.jpg

 

16日撮影。

池3.jpg

 

19日撮影

松6.jpg

 

16日撮影。

池2.jpg

 

撮影して帰りに八箇峠の国道253号沿いに綺麗な赤い桜が咲いていました。

ここも誰もいない、ひっそりと咲いていました。

松7.jpg

 

 

松8.jpg

 

八箇峠から見える八海山。

あああ.jpg

 

 

 

 

アズマシロガネソウ(東白銀草)キンポウゲ科シロガネソウ属

今年初めてアズマシロガネソウに会いに行ってきました。

山道の雪が解けずなかなか撮影に行けませんでした。昨日城内の自生地に行ってみると、可憐に咲いていました。

下向きで可憐に咲くアズマシロガネソウも私のお気に入りの山野草です。

南魚沼市の里山の沢筋に可憐に咲く花です。自生地は西山の沢筋でよく見かける花です。

城内の自生地は一カ所しか、私は知らないです。自生地の場所は特定しませんが、想像にまかせます。

昨日は気温が低く、花は蕾状態か半開き状態でした。

 

可憐に咲くアズマシロガネソウです。

あずま1.jpg

 

アズマシロガネソウの自生地は沢筋の水の滴る所を好んで咲く。

膝をついての撮影です、膝がびっしょり濡れて撮影です。

あずま2.jpg

 

アズマシロガネソウの後ろすがた。

あずま3.jpg

 

 

あずま4.jpg

 

自生地に行くと、その場を離れがたいです。

あずま5.jpg

 

こんな状態、花は半開き。

あずま6.jpg

 

 

あずま7.jpg

 

 

アズマ1.jpg

 

 

アズマ2.jpg

 

 

下の写真は以前撮影したものです。こんな風に花が開けば、もっと綺麗ですが、開くのはこれからです。

あずま8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年春、飛鳥山の桜と音無し渓谷の景観

2018年3月24日、例年よりだいぶ早い桜の開花に、王子の飛鳥山と直ぐ脇の音無し親水公園で爛漫たる満開の桜を堪能してきた。
更に、4月の14日、レンズを替えて音無し親水公園を撮って来た。

※ 2017年の飛鳥山・音無し親水公園はこちら

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

 王子地形図-2.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます

180414photomap.jpg

 

 

アルバム形式で表示

下の写真をクリックして下さい。アルバム形式で表示されるので写真をクリック、拡大表示でご覧下さい。
「前へ」「次へ」で写真が切り替わります。

「インデックス」(右下の数字)の6までが、ほぼ3月撮影、7以降が4月撮影のものです。

Y18_2348.JPG

 

コチャルメルソウ ユキノシタ科 チャルメルソウ属 小蛸吶草

山野草マニア必見コチャルメルソウです。知る人は知る、目立たない地味な山野草です。

ユニークな名前ユニークな花。名前はチャルメラ、ラーメンの屋台で吹いていた、笛に似てることから、付いた名前らしい。

単独で生えていると小さくて目立たないので、知らないとなかなか見つけられない地味花です。

群生しているとすぐ判りますが、それでも知らない人には草の新芽がひょろひょろ生えているとしか見えないようです。

花の丈は10㌢から15㌢くらいで、花の大きさは、大きくて5㍉くらいの、地味な小さい花ですが、なぜか会いに行きたくなる、不思議な山野草です。

こちゃ1.jpg

群生していると、見つけやすい。

コチャ2.jpg

 

こちゃ2.jpg

 

コチャ3.jpg

 

こちゃ3.jpg

 

コチャ4.jpg

 

こちゃ4.jpg

 

ユニークな花の表情。

こちゃ5.jpg

 

コチャ6.jpg

 

こちゃ6.jpg

 

コチャルメルソウの花の構造はネットより借りてきました。

14-コチャルメルソウの花の構造.jpg

 

 

 

魚沼の里山に可憐に咲く、山野草。一年で一番楽しみな春です。

毎日行きたい里山、山野草の花盛りです。

今日の可憐な山野草はアズマイチゲ・キクザキイチゲ・エゾエンゴオサク・ミチノクエンゴサクを紹介します。

写真はすべて、城内の里山で今年の撮影です。毎年春には山野草を撮影しています、同じような写真ばかりですが、今年も里山に行きたくなる、不思議な魅力があります。

 

清楚なアズマイチゲ。

きく1.jpg

 

アズマイチゲとカタクリの花。

きく2.jpg

 

春一番に咲く、キクザキイチゲ。

きく3.jpg

 

キクザキイチゲの花の色は白と薄紫の花です。

きく4.jpg

 

エゾエンゴサク。

この花も城内の里山でよく見かける、山野草です

えぞ1.jpg

 

エゾエンゴサクの花色はピンクや青や白色をよく見かけますが、同族かわ分かりません。

えぞ2.jpg

 

ミチノクエンゴサク。この花もよく見かける山野草です。

みちのく1.jpg

 

ミチノクエンゴサクは撮影が難しいです。なかなかピントが合わない。

みちのく2.jpg

 

今日のカタクリ。

カタクリ.jpg

 

 

我が家の桜(ソメイヨシノ)ただいま二部咲き位です。4日前からさきだした。

180407_170124.jpg

 

コシノコバイモ(越小貝母) ユリ科バイモ属

今年の春は天気に恵まれ、雪消えも早く、大好きな山野草も見頃になりました。

今日の山野草はスプリング・エフェメラルの一つ。可憐に咲くコシノコバイモです・

目立たない花ですが、当地城内の里山であちらこちらで見かける可憐な花です。

草丈は10㌢から15㌢くらいの小さい花です。葉陰に下向きの目立たない花を一つ付けます。

 

こばいも1.jpg

 

 

こばいも2.jpg

 

 

こばいも3.jpg

 

こばいも4.jpg

 

 

こばいも5.jpg

 

 

こばいも6.jpg

 

こばいも7.jpg

 

こばいも8.jpg

 

こばいも9.jpg

 

こばいも10.jpg

 

以前撮影した、珍しい双子のコシノコバイモの花。

普通はコシノコバイモの葉っぱは5枚ですが、双子のコバイモは6枚ある珍しいコシノコバイモです。

DSC_0157.jpg

 

今日のカタクリは。

蝶と片栗の花、なかなか撮れない写真です。

かたくり.jpg

八海山倶楽部メンバーの皆さん、閲覧者の皆様。南魚沼市は春爛漫の素晴らしい季節になりました。

南魚沼市の花、カタクリが咲き出しました。なぜかカタクリには惹かれます。カタクリの咲く季節になると山に行きたくなります。

スプリング・エフェメラル(早春の妖精)カタクリ 花言葉は初恋。

都会で生活されている、城内出身の皆様、城内のカタクリを見に里帰りしませんか。カタクリの姿を見ていると、気持ちが落ち着き、ストレス解消になりますよ・・・

城内に咲く素晴らしい表情のカタクリの花を見てください。

カタクリ1.jpg

 

 

 

カタクリ3.jpg

 

 

カタクリ4.jpg

 

 

カタクリ5.jpg

 

 

カタクリ6.jpg

 

 

カタクリ7.jpg

 

 

 

カタクリ8.jpg

 

 

 

カタクリ9.jpg

 

 

 

カタクリ10.jpg

 

 

ご無沙汰しました。

待ちに待った春が、豪雪地南魚沼市も訪れました。今年の冬は辛かった。寒いし、大雪で参りました。

その分春の訪れは、嬉しいです。一昨日から急に暖かくなりました。残雪は平地でも少なくなりましたが、まだかなり残っています。南向きの山の急斜面では、可憐な山野草が咲き始めました。

今年初めて山野草の撮影に行ってきました。春を感じる可憐な山野草をアップします。今回は当地城内に自生しています雪割草で春を感じてください。

可憐に咲く雪割草。

雪1.jpg

 

雪2.jpg

 

雪3.jpg

 

 

雪5.jpg

 

 

雪6.jpg

 

 

雪7.jpg

 

 

雪8.jpg

 

 

雪9.jpg

 

 

雪10.jpg

 

素晴らしい季節になりました。山野草や楽しみな山菜もまもなく始まります。

歳をとっても心が弾みます。

 

飛鳥山と音無し親水公園

絶好の花見日和となった3月24日の土曜日、王子の飛鳥山とその下の音無し親水公園に行って来た。
桜は満開、天気は快晴風も無し。
去年も同じ時期(4月2日)に行って来たので、地形図など含め参照してください。

東京のサクラ、三大名所

東京にサクラの名所は数々ある中で、おいらの独断で言わせて貰えば、先ずは千鳥ヶ淵か。皇居とお濠、威風堂々たる英国大使館とが相まって気品ある桜風景が続く。ただ場所が場所だけに宴会が出来るのは一部のみ。

次に上野公園とこの飛鳥山が、甲乙つけがたい順序で続く。
ただやはり飛鳥山は直ぐ下に音無し親水公園と言う、非常に趣のあるエリアを併せ持っていて、おいらとしては僅差でこちらに一票。

 

撮影アルバム

マッ、余計な説明は抜きに写真での花見をどうぞ。
下の写真をクリックすればアルバム形式で表示されます。ぐるぐる回りながらの撮影なので順不同です。

 

Y18_2142-100.JPG

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

Page-INDEX

八海山倶楽部

Link-page

掲示板

ふるさと歳時記
久'Page
秀一'Page
昇'Page
進'Page
智通'Page
雄'Page
亘'Page

最近のブログ記事

飛騨川、飛水峡-2018
雄'Pageブログ上
お松の池の桜
進'Pageブログ上
アズマシロガネソウ
進'Pageブログ上
石神井川-番外(飛鳥山、音無し渓谷2018)
雄'Pageブログ上
コチャルメルソウ
進'Pageブログ上
山野草1
進'Pageブログ上
コシノコバイモ
進'Pageブログ上
カタクリ
進'Pageブログ上
雪割草
進'Pageブログ上
2018 飛鳥山の桜
雄'Pageブログ上
桃園川-5(阿佐ヶ谷地内、支流網)
雄'Pageブログ上
桃園川-4(天沼1丁目方向からの支流)
雄'Pageブログ上
桃園川-3(本流-桃園川緑道)
雄'Pageブログ上
桃園川-2(本流-阿佐ヶ谷地内)
雄'Pageブログ上
桃園川-1(本流-源流部)
雄'Pageブログ上
雲海に沈む南魚沼盆地 坂戸山より
昇'Pageブログ上
2019.01.31 朝
昇'Pageブログ上
1.15 南魚沼盆地の朝焼け
昇'Pageブログ上
ご来光と 朝焼け
昇'Pageブログ上
今年最後の坂戸山からの風景 来年も宜しくお願いします。
昇'Pageブログ上