2013年6月アーカイブ

明日城内口八海山山開き、準備の模様も写真に収めたいと思います。

城内地区としても大きな催しです。

宣伝あまりしないのでお客さん少ないです。何か手を打たないといけないのですが?

幸い今年の観光協会長さん、熱心なので少しは期待しています。

再度ポスターアップします。

八海山山開き2013.06.30.jpg

今朝の八海山の朝焼け、5分くらいと短かったが、その後守門岳方面オレンジ色に染まり、とても幻想的な世界見せてくれました。塩沢方面は、雲海に沈み真っ白な雲の下。

城内方面は雲海無し、少しさみしいような。

25-1.jpg

25-3.jpg

25-5.jpg

25-6.jpg

25-9.jpg

25-11.jpg

25-16.jpg

滝雲が見れました、六日町大月から、五十沢方面に雲があふれて行きました。なかなか見れない光景です。

25-17.jpg

稜線も雲に飲み込まれそうです。この標高まで雲海が広がる事はあまりありません。今朝は早起きしたかい有りました。

薪割り

| コメント(0) | トラックバック(0)

薪ストーブ用の薪が駐車場を占領して、早1ヵ月。

妻からは、みっともないから早く何とかしろ、矢の催促。。。。。。

昨日取りあえず、細物を切断した。私てきにはずいぶんすっきりしたと思ったのだが。

面積が変わらないので、、、、、

24-2.jpg

ビニールの下は輪切りにしたコロ これをまず割る。

24-1.jpg

問題はこのケヤキの大木、まず輪切りにする。固いのでチェーンソウの刃がすぐに切れなくなる。新しい刃を用意してとりかからないといけない。

楽しい時間が舞っている。

ようやく雨やんだので 近くの田んぼの様子とってみましt。

24-3.jpg

24-5.jpg

その後美味しい水無くなったので、補給に藤原神社に雷電様の水汲み。

3Lペットボトル7本調達、脇の道奥で工事中なので 鉄板敷いて有りました。

24-6.jpg

先日行った八海山登山 ゴンドラコースの花達、冬と、春の同居でした。

登山道沿いはお花畑です。今月中くらいは見れます。

まず最初にマンサクの花が迎えてくれました。坂戸山ではs3月末くらいです。

15-21.jpg

タムシバも真っ盛り

15-25.jpg

ショウジョウバカマ

15-23.jpg

アカモノ

15-24.jpg

ムラサキヤシオツツジ

15-37.jpg

オオカメノキ、この花は4合目から山頂まで真っ盛りです。

15-20.jpg

ウツギ

15-30.jpg

ヒメシャガ、もの花も4合目半 から 浅草登りまでの登山道沿いに沢山さいている。

15-28.jpg

 

今年も6月30日に八海山城内口由真開きです。

数年前までは7月1日と決まっていたのですが、

今は6月最終の日曜日に変更されました。私も商工会に入っているので朝から手伝いです。

時間の有る方無病息災を祈って火渡りなどいかがでしょうか。八海山山開き2013.06.30.jpg

今朝の城内地区の朝、坂戸山より。

きょうの登山道 甘い香り漂う中登りました。

ネジキの白い花が沢山ぶら下がっている。

ヤマユリのつぼみが少しずつ膨らんできた。

17-2.jpg

17-3.jpg

17-4.jpg

17-5.jpg

だんだん田んぼの緑が濃くなってきました。

鏡のように見えるのももう少しです。明日は雨予報、空も曇ってきました。

昨日の続きです。下りはほぼ霧の中、時折霧は無くなりますが。

時間と共に霧に包まれ、これはこれで楽しい時間でした。

15-60.jpg

不動岳より大日岳に向う仲間、

15-62.jpg

大分ガスが濃くなってきた。

15-68.jpg

イワカガミの群生の脇を下る。

15-63.jpg

緑が目にしみる。

15-64.jpg

15-66.jpg

15-65.jpg

ここまでくればゴンドラ駅舎までもう一息。

程よい疲れが心地よい。。

今日は知り合いに誘われ八海山登山に行ってきた。

この季節の八海山は最高だからと。まことにその通り。

御花畑の登山道、雪渓が残り、里で終った春が八海山では今春爛漫でした。

ゴンドラ降りてすぐに雪渓が目の前に、登山道の脇には、マンサクの花、

まるで2カ月タイムスリップしたような感覚に陥りました。

15-3.jpg

雪渓の中を進む。

15-4.jpg

廻りの緑が目にしみる。少しガスっていたので思ったより涼しく順調な登山です。

15-5.jpg

女人堂はガスの中、雨さえ降らなければ良い。

15-6.jpg

女人堂の下付近。イワカガミの群落、素晴らしいの一言。。。

15-7.jpg

6合目胸突き八丁の浅草登り。これを登れば千本桧小屋までもう少し。

しかしこれほど雪渓が残っているとは。この季節の八海山登山は初めての経験。

御花畑の登山です。

15-9.jpg

千本桧小屋到着、約2時間 弁当広げ、ビールの栓を抜き 乾杯。

15-10.jpg

ガスが少し晴れたので不動岳まで、

この後3人は大日岳まで、残りの10人はこれでおしまい。私もこれでおしまいにしました。

高山の花達に囲まれた一日。大満足でした。

皆様お疲れ様でした。

6月14日今朝の八海山の朝焼けです。昨日のリベンジどうにか間に合いました。

二日続けて朝焼けを見れるとは、運が良いです。

14-1.jpg

里の水鏡に朝焼けが映り明るくなっています。

14-5.jpg

八海山の山頂付近雨が降っているため、滝のように見えます。こんなの初めて。

この後坂戸山でも雨が降り、虹がかかった。

14-2.jpg

 

14-12.jpg

一年に一回遭遇するかどうかの景色でした。

通わないと撮れないショットです。

今朝の坂戸山からの城内、まだ苗が育ってないので、田んぼが鏡になり。

とっても綺麗です。朝焼け撮りたかったのですが、間に合わなかった。次回期待してください運が良かったら撮れます。

13-1.jpg

 

塩沢方面 7合目くらいより

13-2.jpg

鏡のような城内。

13-6.jpg

13-5.jpg

八海山城内口 八海神社の朝、先日の土曜日 上越高田から同級生が3人遊びに来た。

私の実家 ペンション やまぼうし のアスパラずくし料理を食べに。。。

その時早く目が覚めたので 徒歩1分の里宮を散歩。鳥の鳴き声と木々の間から差すお日様が 神々しいような景色を見せてくれた。

8-11.jpg

8-12.jpg

8-16.jpg

マムシクサ が大きなカマ首を持ち上げていた。

8-14.jpg

小学生、中学生のころ 昼間も暗いこの道を一人で通る勇気が無く、明るい脇の道を通って通っていた。部活で遅くなった時は、大きな声で歌を歌いながら脇を通り過ぎた。

この神社に続く参道は県の指定林になっている。大人になった今でもよる参道の鳥居を見ると良い気持ちはしない。今はやりのパワースポットである。

 

城内藤原地区に湧き出ている雷電様の水が無くなったので汲みに行ってきた。

岩の間から出ているのだが、今では藤原神社境内まで引いているので楽になった。

車を横付け出来る。

森の中の静かなたたずまいが良いです。

大きな広葉樹はケヤキの大木です。

1.jpg

2-6.5.jpg

今朝は思ったより冷え込み朝焼けが綺麗でした。

八海山に抱かれた城内方面、手前の山が六万騎山 早春カタクリの群生地として沢山のハイカーが訪れます。奥の山は守門岳 この季節。この方向が綺麗に焼けます。

2.jpg

八海山の朝焼け

5.jpg

 

http://blogs.yahoo.co.jp/nobo429jp/初めてアップします。宜しくお願いします

四季折々の写真等アップしたいと思います。

先日撮影の我が家の近くの映像表示

 

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

アイテム

  • 八海山山開き2013.06.30.jpg
  • 25-17.jpg
  • 25-16.jpg
  • 25-11.jpg
  • 25-9.jpg
  • 25-6.jpg
  • 25-5.jpg
  • 25-3.jpg
  • 25-1.jpg
  • 24-6.jpg
  • 24-5.jpg
  • 24-3.jpg
  • 24-1.jpg
  • 24-2.jpg
  • 15-28.jpg
  • 15-30.jpg
  • 15-20.jpg
  • 15-37.jpg
  • 15-24.jpg
  • 15-23.jpg
  • 15-25.jpg
  • 15-21.jpg
  • 八海山山開き2013.06.30.jpg
  • 17-5.jpg
  • 17-4.jpg
  • 17-3.jpg
  • 17-2.jpg
  • 15-65.jpg
  • 15-66.jpg
  • 15-64.jpg