2012年8月アーカイブ

尖閣問題、竹島問題と矢継ぎ早な国境侵犯問題に頭をなやまして居るかの様な政治家達のゼスチャーと、中国・韓国・ロシア(やアメリカ)の政治的手玉に取られている日本の政治家達の地勢学的見識の低さに辟易とさせられる、昨今の二ユースが多い。
今回の韓国大統領の暴挙も、7月のロシアのメドベージェフ首相の北方領土訪問強行が引き金になったものと思われる。

「地勢とは論理(理屈)にあらず、政治力・外交力にあり、此れ無き愚か者は武力に頼る」
昔何かの本で読んだ事がある。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ と、まあ硬い話は置いといて。

日本から直接見える外国「サハリン(樺太)」と、「北方領土」がどんな風に見えるのか?
旅行などで現地に行っても案外見た事の無い人が多いのではないかと思う。

そこで今回は、故郷の八海山から約1,300km 離れた【現時点の外国】が見える、オホーツクの沿岸を旅して見ましょう。

旅の季節は9月下旬~10月上旬。 (初秋の頃)

      なお、自然景観・動植物などについては 「オホーツク旅情 (2)」 で詳しく!

 

【地理的イメージ】

 ♦ オホーツク海沿岸とは、一般には稚内港付近から根室半島付近までを言うhokkido オホーツク (1280×).jpg

 ♦ 北方4島【国後(クナシリ)島・択捉(エトロフ)島・歯舞(ハボマイ)諸島・色丹(シコタン)島】
      注) 「歯舞諸島」の呼称は「歯舞群島」とも呼ばれている
   昔は日本の領土だった【得撫(ウルップ)島】、高山植物・ウルップ草の名前の由来の島hokkido 北方領土.jpg

 

【日本最北端・宗谷岬】・・・サハリン遠望

 ♦ サハリン州ユジノ・サハリンスク(湾最奥)まで約43kmsouya misaki 2.JPG

 ♦ 「日本最北端」の碑souya misaki.JPG

2004.10.03-A 宗谷岬 012(1280×).JPG

 ♦ ほとんどの観光客はここまで。

 ・・・でも天気が良かったら丘の上から眺めたい! (レストランや牧場もある)
    (国道の土産物屋の脇から丘に登る車道がある、バスは登れないと思う?) 2004.10.03-A 宗谷岬 022.JPG

2004.10.03-A 宗谷岬 029.JPG

 

<ミニ情報> お車でこゝまで来たのなら・・・

 ♦ 稚内港の向こう側、ノシャップ岬 (根室の納沙布岬 とまぎらわしいが) がお薦めの場所。
2004.10.03-B ノシャップ岬 018.JPG
   天気が良ければ写真の様に利尻島や礼文島(看板の右」に外れて写ってない)が見える。

   また、こゝに1軒有った小さな土産屋が、隠れ名産店。 (ただし私が勝手にそう呼んでいるだけ)
   ホタテやカニ・タラコなど海産物が新鮮でリーズナブルな価格の店。
   ただ、こゝ3年ばかりこの地域の仕事から遠ざかっていたので今は変わっているかも知れない?

 ♦ もうひとつ、ノシャップ岬から日本海側オロロンラインに向かう左側に公営の温泉施設があった。
   日帰り入浴OK、利尻島を眺めながらゆったりと温泉に浸るのも最高です。(有料:500円?位)

次はいっきに知床へ!(約230km)

 

【知床半島】 ・・・ 朝日は「国後」より

 ♦ 羅臼~国後 間、約27kmhokkaido C (doutou).jpg

 ♦ 羅臼海岸(道の駅前)より ・・・・ 夜明けとともに漁火を小さくして帰港を始める漁船2004.10.01-A 羅臼 001.JPG

2004.10.01-A 羅臼 009.JPG

 ♦ 羅臼展望台からの国後島 (組写真)  こゝは観光バスは入らない2004.10.01-F 羅臼展望塔 104.JPG

 ♦ 羅臼展望台の掲示版 (橙色の2つの点は室内電球が写り込んだもの)2004.10.01-F 羅臼展望塔 086.JPG

 ♦ 羅臼展望台からの羅臼港  (海岸の手前の茶色い屋根の所が道の駅)
2004.10.01-F 羅臼展望塔 092.JPG

2004.10.01-F 羅臼展望塔 089.JPG

2004.10.01-F 羅臼展望塔 088.JPG

 ♦ 羅臼展望台から見た羅臼岳他、知床連山
2004.10.01-F 羅臼展望塔 097.JPG

 ♦ 羅臼展望台の庭で出会った親子鹿2004.10.01-F 羅臼展望塔 030.JPG

 

ちなみに、「知床横断道路」ではこの様な写真も撮れた。

 ♦ 知床峠  (背景は羅臼岳)
2004.10.01-C 知床横断道路 027.JPG

 ♦ 知床峠からの朝の国後島
2004.10.01-C 知床横断道路 037.JPG
2004.10.01-C 知床横断道路 033.JPG

 ♦ 知床峠から羅臼へ向かい、少し下って振り返って見た羅臼岳
2004.10.01-E 知床横断道路 024.JPG

 ♦ 途中で出会ったエゾシカの雄
2004.10.01-F 知床横断道路 018.JPG

 ♦ 最後は定番、キタキツネ (子ギツネ)2004.09.28-B 高原温泉 003.JPG

そして知床半島を離れて根室方向へ!

 

【野付半島】 

 ♦ 野付半島からの国後島 ・・・・ 特にズームを使わないでもこの大きさ
2004.10.01-H 野付半島 003.JPG

2004.09.30-A 野付半島 049.JPG

 

【開陽台】 ・・・・・ 野付半島から少し内陸に入った展望台

2004.10.02-A 開陽台.jpg

 

ここ、関東平野の片隅・茨城県取手市(の中の旧・藤代)は昨日も33℃。
一昨日よりは多少風が有って少し楽だが、・・・・ それにしても暑い!

 ♦ ミステリアスな花 :  こんな真夏の真夜中にしか咲かない不思議な花 ・・ 秋には赤い実になりますよ!2007.08.14 P-1007.JPG

【 真夏の"キリゼー" 】

さて、「真夏の“キリゼー ”」って何のこっちゃ!?  と、思って居られる方が多い事と思う。

或いは、新潟県の(南・北)魚沼地方の方々の中には、
  「もしかして、あれの事?」 なんて思われた方も居られるかも知れませんね!
    そう、季節外れの 「あれ」 の事です。
ま、答は後ほどわかって頂けると思いますので、話を先に進めましょう。

暑くても用事が有れば外出しない訳には行かず、うだる様な暑い日中を出歩いて昨夜の8時頃帰宅した。

「さて、今夜の食事は何にしようかなー」 「暑いんで火は使いたくないし・・・・」 なんて考えながらTV
を付けたら、昔よく歩いた上高地から北穂高岳への登山番組で、何とはなしに見て居ると、井上靖の「氷壁」
で有名な徳沢園でお昼のシーン。 野沢菜の漬物を刻んでチャーハンを作って出して居た。

「懐かしい ! そうだ、昔あそこで同じものを食べたっけ」、 などと思い出すと同時に、今夜の夕食のヒント

が浮かんで来た。

ご飯は今朝1日分焚いたものがある、野沢菜(漬物)は長野の知人がお中元に同梱してくれたものがある。
冷蔵庫には他に納豆や豆腐、サラダ用野菜などが常備してある。

よーし!今夜は刻んで混ぜる簡単メニューにしよう!と決めて作ったのが冒頭の 「真夏の“キリゼー”」 だ。

なぜ 「真夏の」 なのかと言うと、元来は野沢菜の漬物も納豆も冬の食べ物。
それを組み合わせて作る 「キリゼー」 はなおさら、冬のたべものと言う認識が強い。

それを 「真夏」 の今、食べられると言う事の幸せ!
何だか、自分だけの胸の内に仕舞って置くのがもったいなくって、このブログを書いて居ます。

エ! 「“キリゼー”」 の説明はどうなってるかって?

申し訳ありません大変遅れましたが、漢字で書けば 「切り菜」 、魚沼地方の方言で 「“キリゼー”」 と言う。
材料は 「細かく刻んだ野沢菜漬と納豆、少々の調味料」 で、後はかき混ぜるだけで出来上がり。
冷蔵庫に入れて置けば、2~3日はほゞ味が変わらずに楽しめて簡単惣菜になる。

温かいご飯に 「“キリゼー”」 が有れば・・・・大抵の人が食が進むと思います。
お茶付けにしても美味しいですよ、納豆や漬物が嫌いで無い限り、是非 一度お試しを!

野菜の栽培技術と冷凍・冷蔵技術の進歩の成せる技。 そのお蔭で 「真夏でも“キリゼー”」 が楽しめる。

ただ、あまりにも季節感が無くなって来る昨今に、一抹の不安も禁じ得ないのだが  ・・・・・・・

真夏のミステリー

下の写真は 2005年8月中旬・帰省した時に所用で六日町から十日町へ向かう途中で写した “ツユクサ”
です。    でも皆さん良く見て下さい、何かがちょっと、おかしいと思いません?

 ♦ 八箇トンネルを過ぎてしばらく下って棚田が始まったあたりの国道253号両側・畦道にて2005.09.13 B R253十日町・八箇 P  - 015.JPG

背後の水色で大きな花弁の(少しボケて写っている)花が普通の “ムラサキツユクサ” 。
しかし手前に写っているツユクサも、花以外はムラサキツユクサと同じ、まったく見分けが付かなかった。

実はこの写真の一角(ほゞ1㎡位)がほとんど、変種と思われるこの 「ツユクサ」 で、中に普通のムラサキ
ツユクサが上の写真の様に数本混じっている、と言う状況だった。

その時は珍しいツユクサの仲間だな! 位に考えて居たのだが、後で調べて見ても名前がわからない。
改めて写真を撮ろうと次の年にその場所に行ったが、何故か普通のムラサキツユクサ以外、ツユクサの
花は見付からなかった。  (その次の年も、そのまた次の年も)

そして、その他の場所でも、ツユクサの有る所へ行くと注意して見て居るのだが、以来一度も見かけた事
が無い  「ミステリアスな “ツユクサの花”」  である。

どなたか、名前をご存知の方が居られましたら是非教えて下さい。

 


なお、続けて他のブログをご覧になりたい方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」 (テーマごとに分類した索引)からアクセスされると便利です。

オリオン星座と言えば、普通は冬の星座だと思って居る人が多いと思う。

しかし、それは一般的に人々が星を見上げる時間帯、それが夕方から遅くも午前1時頃迄に天空に見える星座、を季節の星座としているからである。
確かに今頃の季節は天の川や白鳥座、カシオペアなど見るべき星座に事欠かないが、夜明けのオリオン星座は最高に美しい。
そして、誰でも普通のカメラで簡単に写せる。

一般に、星座の写真を写そうとすると、沢山の星が写り込む為第三者に星座であると解釈してもらえる撮影は難しい。
所が、明け方のオリオン星座は星座全体が明るい恒星で構成されている為、かなり明るくなっても星座として認識出来、都合がいい事に露出も自動が使える様になる。
勿論、マニュアルで撮れる人は更に綺麗な写真も撮れる可能性がある。

そんな【真夏のオリオン】は、明け方の東の空に昇って来て太陽が昇る頃(明るくなって)見えなくなる。
  (勿論 日中見えるとしたら天空を周ってる、実際に周っているのは地球だけど)
最初に【夏のオリオン】に気付いたのは美ヶ原からの夜明けのアルプスの写真を頼まれた時だった。
この時の写真は版権が無いので掲載出来ないが、雪国ネット・八海山ライブの過去ログデータに、
八海山上空に綺麗に写ったオリオン星座とアンドロメダ大星雲の写真を見付けたので紹介しよう。

  ♦ 写真は五日町スキー場のライブカメラ映像 (雪国ネット様承諾済) 2010-08-11-04-00 八海山 (五日町スキー場より).jpg

写真は1時間置きにログを残す設定で、オリオン星座が少しずつ欠けている為、写真2枚を並べてみました。
3時の写真でオリオン星座の左端の星【ぺテルギウス】が、4時の写真では上部・「ゆきぐにネット」の “ト” の字の上に来ている事がわかる。
つまり、1時間でこれだけ移動していると言う事です。 星ってけっこう動くものですよね!

ちなみに オリオン星座の中、三ツ星の右下に斜めに星が並んで見えているがこれが【アンドロメダ大星雲】、太陽系の属する我々の銀河に一番近いとして知られて居る【銀河のお隣さん】です。

ところでこの【ペテルギウス】、今「超新星大爆発」が迫っていると天文学者達が熱くなっているらしい。
地球から約640光年離れている星なので、もしかしたらすでに爆発してしまったのかも知れないが、爆発現象の到着はこれからである。
東大宇宙研のシミュレーションによれば、昼でも第2の太陽が3か月位続けて見えるらしい。

  ♦ You Tube のひとコマ (昼も見える超新星爆発のシミュレーション)peterugiusu bakuhatu.JPG


【ペテルギウス】の和名を「平家星」、星座の対角線にある星【リゲル】は「源氏星」と言うそうだ。
今年のNHKの大河ドラマは 「平清盛」、平家星が源氏星より早く消滅するなんてドラマと似てませんか?

 ・・・・・ ハハハ!  ちょっと締めくゝりに無理があるかな?

 

残暑で寝苦しい時は少し早起きして、ウォ―キングでもしながら夜明け前の東の空を見上げて見て下さい。

   【真夏のオリオン】が “あなた” を待っていますよ!
        そして、ペテルギウスやアンドロメダに思いを馳せて見て下さい。

きっと、いっとき暑さも忘れる事ができるでしょう。  と思う ・・・・ 退場しまーす (笑)

 


なお、続けて他のブログをご覧になりたい方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」 (テーマごとに分類した索引)からアクセスされると便利です。

 

我々の故郷には出浦(イズナ)と言う地名がある。
何故“出浦”と書いて“イズナ”と言うのか? 子供の頃からの疑問であった。
今回は、そんな【出浦(イズナ)の疑問】と【故郷の古代史】を重ね合わせて謎解きを試みてみたい。

 

【プロローグ】

先の投稿【「魚沼」ってどんな沼?】では魚沼盆地は、「有史以来7世紀~8世紀初頭の頃まで、満々と水をたゝえた湖(大沼)だった」 と推理をした。
そんな地形のイメージを前提に、この地に移り住んだ古代人達が見た八海山はどんな眺めだったのだろうか? と想像してみた。
  (写真合成が粗雑で見にくい点はご容赦を!)

  ♦ 魚沼盆地が湖だった時代、古代遺跡がある現在地名で南魚沼市・余川付近からの春の風景hakkaisan yokawa.jpg

  ♦ 同上、余川の少し上部・上の原付近から、3月下旬・凍み渡りの頃の早朝風景。hakkaisan uenohara.jpg

魚沼丘陵の西側・信濃川沿いは、石器時代から縄文時代・弥生時代と交通・文化の要衝遺跡が数多く、遺跡ロードと言える。
一方、魚沼丘陵の東側・魚沼盆地は弥生時代以前の遺跡は規模も小さく数える程しか無く限りなく無人地帯に近かった。ただし、縄文時代は前期・中期・後期合計すると1万年もの期間があり、この間常に魚沼盆地が満水だったとは考え難い。何回か増・減水期を繰り返し、減水期には縄文人の進出も繰り返された事と思うが、増水期には縄文人の痕跡も再び消し去られる、これを繰り返して来たのでは無いかと思う。
従って遺跡が無いから縄文人が住んで居なかったとは言えないと思う。これからも思わぬ所から縄文遺跡が発掘されるかも知れない。

そんな魚沼盆地に人々の移住が始まったのは3世紀初め頃、本格的集団移住は3世紀末頃だろう思われる。
時期を同じくして信濃川流域への集団移住と考えられる遺跡が増えている。むしろ移住者の大半は信濃川流域へ住み着いたのでは無いかと思う。
日本史で「古代」と言われる時代であり、大和朝廷の草創期(或いは黎明期)と時を同じくしているのは何を意味するのだろうか?
信濃川流域と魚沼盆地への集団移住は、やはり大和朝廷の拡張政策と大きく関係していたのではないかと考えるのが一般的なのではないだろうか。

  ♦ 信濃路は 今の墾道 刈株に 足踏ましなむ 履はけ わが背

   ( しなのじは  いまのはりみち かりばねに  あしふましなむ くつはけわがせ )   

昔、中学校(だったかな?)で習った万葉集の中の一句。
「信濃へ出兵する夫への情愛を歌った心温まる歌」、位にしか考えて居なかったが、意外に我々のルーツに密接に関係していたかも知れないなんて、ロマンですよねー!
でも、我々のルーツが信濃川上流からの移住民だとしたら、当時は大和朝廷方=敵方の兵士の妻が歌ったものだけど、・・・・ま、美しい歌には敵味方ないですね!

 

【地理的イメージと古代史の舞台】

 ♦ 広域 A (新潟県側・信濃川流域と魚沼盆地)uonuma kara sinano A.jpg

 ♦ 広域 B (長野県側・信濃川流域と関連地域)uonuma kara sinano B.jpg

南魚沼市・余川には【飯綱山古墳】と言う重要な古代遺跡跡が有り、そこはまた可憐なカタクリの花の一大群生地でもある。

 ♦ 飯綱山古墳群の入口から八海山を撮影、この日は古墳群全体がカタクリの群落だったiizunayama katakuri.jpg

一方、越後三山のひとつ【八海山】には八海神社が2つ有るが、現在の八海神社は何れも江戸時代から明治時代に活発だった山岳信仰を目的に作られた神社。
従って、どちらも八海山の登山口に設けられている。つまり「大崎口」と「城内口」、どちらも里宮と言うが本宮(又は奥社)は無い。山伏にとって山全体が本宮なのだそうだ。

話を戻して、2か所の八海神社であるが江戸時代以前については、かなり以前から何かが有っただろうとは思うが、資料・確証が無い。と、思っていた。
が、「城内口」に現在地から少し離れるが古代の【元祖・八海神社】跡らしき遺跡が有った事がわかった。
その場所が、下記添付写真の【長者原】である。

 ♦ 魚沼盆地の湖上を渡った古代人が上陸したであろう【出浦】と遺跡が有った【長者原】izuna-tyoujyahara 1.JPG

長野市の北北西に飯綱山と言う山がある。(“広域 B” 参照)
3世紀初頭の頃、この山裾を中心として恐らく現代の地名で、信濃町・飯山・信州中野・須坂・小布施・松代そして飯綱町を含む長野市内の大半を占めた、一大文化圏があった。
それは縄文時代から連綿と続く、現代の地名で妙高・高田・直江津や糸魚川地域との交流が活発に行われた事で、出雲や海外交易を中心とした日本海文化圏の影響を色濃く受けていた幾つかの豪族の集団支配地域だったと思われる。
一方、元々は日本海文化圏の一員だった豪族の中から、大和朝廷の影響を受けこれに組する豪族達が現われ始め、信濃川流域でもそのうねりの中に巻き込まれて行った。

 

【古代史 (ストーリー)】 ・・・・・以下はすべて小生の推測です

 1. 大和朝廷東進で、難民の一部 が現在地名・余川周辺へ集団移住

3世紀末頃信濃川上流(現在の長野県飯綱町を中心に信濃町から信濃川流域付近を)拠点として栄えた一族が居た。 (以降便宜上、飯綱一族とする)
時代は大和朝廷勃興期、その影響力が徐々に強まり臣従か拒絶かを問われる事になる。
4世紀中頃、現在の千曲市・更埴JCT 近辺 に勢力を持つ豪族を味方に付けた大和朝廷の締め付けに、飯綱一族の中で臣従を拒絶する人々が信濃川下流へ逃れて来る。 (勿論、飯綱一族以外の部族からの難民も多く居たものと思われる)
その中の一部の人々が新天地として選んだのが、現在の南魚沼市(六日町)・余川周辺である。

(注記) 
大和朝廷側に味方したと思われる豪族とは、広域 B の千曲市で更埴JCTから上信越道を上田へ向かって最初のトンネル入り口右側に、「森将軍塚」と呼ばれるこの地方最大の前方後円墳がある。
“森” と言うのは地名らしく、正式な氏族名は不明だがこの一帯を治めていた一族の墳墓と思われる。
此処から出土した三角縁神獣鏡のかけらから、中国産の鏡である事がわかり、この事や前方後円墳を許された事等から大和朝廷からもかなり重要視(王族待遇?)された豪族である事が推測される。

飯綱一族、彼等を共通の価値観で繋ぎ心の支えとなったのが戸隠山を中心とした山岳信仰だろうと思われる。
近世の山伏達の山岳信仰と違い、山そのものが御神体であり、遠くから、もしくは高台に登りそこから戸隠山を参拝する形式が主体であったのだろう。
年に1・2回 “飯綱山” へ登り、山頂から戸隠山に向かって祭祀を行った可能性も大きい。
  (後世の飯綱権現信仰などにも繋がって来ると思われる)

現代の風景で考えるなら黒姫山の方が祭祀に向いていそうだが、当時は活発な火山活動をしていたものと考えられ、人間を寄せ付けない山だったに違いない。(今でも山頂火口跡では地熱で雪解けが早いと言う)

大和朝廷の圧迫から彼等の一部が新天地を求めて信濃川を下り、多分津南から十日町の間の尾根から魚沼丘陵を越えて、満々と水をたたえた湖水の向こうに荒々しい峰々を天に突き上げる様にそびえる八海山を見た時、信奉していた戸隠山が重なっただろう事は十分に考えられる。

下の写真は現代の魚沼スカイライン・栃窪峠(塩沢・十日町線が交わる所)からのものだが、古代もこの様に見えたものと思う。ただ、此処から見える平地部分は殆んど湖水に覆われて、また魚野川上流はかなり奥まで湿地帯と灌木で、人の入植を拒んで居たとも考えられる。

 ♦ 魚沼スカイライン・栃窪峠からの守門岳から八海山2003.04.11 - uonuma SKL・totikubo touge.JPG

当時の湖水の水位を考えると、人々が居を構える為の大地は余川周辺と塩沢の上流域位だったと思われる。 (水位は海抜200mから250m前後)
しかし塩沢の上流から湯沢付近にはかなり広い台地があったと思われるにも係わらず、余川付近に比べて遺跡数が極めて少数だ。 やはり八海山全体の山容が見える地域へ集中して集落を作った、と思われる形跡が遺跡の発見場所と遺跡数の差からも推測できる。

この様にして現飯綱山古墳群が残る余川や上の原(上の台)付近を中心に集落群を形成して行ったものと考えられる。また余川一帯に移住した飯綱一族の繁栄が、6世紀頃まで続いた事は飯綱山古墳群が物語っている。
同様の年代、同じ様な規模・様式の古墳群が長野県の彼等の故郷付近に数箇所残っている事から、故郷の人々とも密接な交流があったものと思う。

6世紀と言えば、聖徳太子が活躍した時代である。

一方、山岳信仰の必要性もあってか、対岸・八海山の山裾に行く試みがあったと思われる。

 2. 【“出浦”(イズナ) と “元祖・八海神社”】 ・・・・・前出の写真【長者原】参照

八海山・山裾側の湖水の水位は現在の岡村から山口の間(海抜250m前後)と推定される当時、小舟で渡った人々は何処に上陸したのだろうか?
うってつけの場所は、まさに現在の “出浦(イズナ)” と呼ばれるその地だったものと考えられる。
なぜなら、傾斜のゆるやかな水辺には葦や雑木が繁茂しやすく、また蓄積した泥濘は現在の山口方面への人間の上陸を阻んだものと考えられる。
また、出浦も現在の様に奥地まで入るのは困難と思われる事から、上陸地点は出浦も入口付近と思われる。

さて、出浦に上陸した人々は陸路で現在の長者原に小さな居住地を作った。そして祭祀の為の小さな祠が作られた、元祖・八海神社の芽生えである
居住地と言っても、おそらく神聖な場所として祭祀を行うのが目的で、そこには施設を維持管理する為の人々が数人住んだ程度ではないかと思う。

時代が進み水位が下がると山口方面からの上陸が可能になり、やがて祠も便利な現在の地に移され、幾たびかの宗教的改変を経て、江戸時代から現在の八海神社になったと考えられる。

話は戻るが、“出浦”の命名について。

飯綱一族はすでに日本海文化の影響で、文字(漢字)を使う文化を持っていたと思う。しかし当時から出浦(いずな)と呼んでいたかどうかは疑わしい。
一方、舟の出入りする所を浦と呼ぶのは全国で共通の事実。
後世、その昔対岸の飯綱山近辺からの舟が出入りしていた事を (言い伝えなどで) 知る知恵者が“出浦”の漢字を当て字として“いずな”と呼ばせたのが真実ではないかと思われる。

 

【エピローグ】

飯綱山の周辺に住んでいたから飯綱一族とするなど、かなり無理してのストーリーでしたが、大きな流れとしてはそれほど違っていないものと思います。

「歴史とは点と点の史実・物証を想像で紡いだ小説」 と有名な小説家がTVで語っていたのを思い出す。

今迄殆んど語られた事の無い、「この時代・この地方の歴史」 について、興味を持つ人が一人でも増えてくれたら非常に嬉しく思います。

 

前回投稿記事の 【“魚沼”ってどんな沼?】 と併せてお読み頂ければ、この地方の地形の成り立ちとの関連もわかって来るのではないかと思います。
もし、まだ読んで居られない方はこちら 【“魚沼”ってどんな沼?】 をクリックして見て下さい。

 

なお、他のブログも見たい方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」 (テーマごとに分類した索引) からが便利です。

 

はちゃ! また!

 (南魚沼市地方の方言 : それでは!  また次の機会に!  ・・・の意味)

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Profile

アイテム

  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 097.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 092.JPG
  • 2004.10.01-E 知床横断道路 024.JPG
  • 2004.10.01-C 知床横断道路 033.JPG
  • コピー (1) ? 2004.10.01-C 知床横断道路 033.JPG
  • コピー (1) ? 2004.10.01-C 知床横断道路 033.JPG
  • 2004.10.01-C 知床横断道路 037.JPG
  • 2004.10.01-C 知床横断道路 027.JPG
  • 2004.10.03-A 宗谷岬 012(1280×).JPG
  • 2004.09.29-B 納沙布岬 002.JPG
  • 2004.09.29-B 納沙布岬 005.JPG
  • hokkaido E (nemoro nisappumisaki 1).JPG
  • 2004.10.02-A 開陽台.jpg
  • 2004.09.30-A 野付半島 049.JPG
  • hokkaido C (doutou).jpg
  • 2004.09.30-A 野付半島 049.JPG
  • 2004.10.02-A 開陽台.jpg
  • 2004.10.01-H 野付半島 003.JPG
  • 2004.09.28-B 高原温泉 003.JPG
  • 2004.10.01-F 知床五湖 062.JPG
  • 2004.10.01-F 知床横断道路 018.JPG
  • 2004.09.30-C 知床横断道路 005.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 104.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 030.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 087.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 088.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 089.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 092.JPG
  • 2004.10.01-F 羅臼展望塔 086.JPG
  • 2004.10.01-E 知床横断道路 012.JPG