2012年12月アーカイブ

2012年末(番外編)

今迄ブログなど投稿では、政治や宗教の問題は私の中では書く事をタブーとして来た。
しかし、今年2012年は国民不在・党利党略に明け暮れる主要政党の「今・何が優先されるべきか」について、順位の本末転倒振りに、ついに禁を破ってしまったのが8月末頃からであった。
とは言え、基本的には政治・宗教の問題はこのブログサイトには相応しくないと思っている。
これからも、政治・政党・宗教関連の批判などはあまり書きたくないと考えている。

ただ、先に書いた【夢があるから】の様な「未来への提言」に繋がる【夢】は続けて発信したいと考えている。

  【夢】は【希望】の源になり、【希望】は【計画・企画】の源、【計画・企画】は【夢→実現】の源」
   が、私の信条 だから。

  ※ 「信条」 と言う言葉はキリスト教用語だと言う方も居られますが、ここでは「生活信条」の意味

従って、とかく熱狂的書き込み等を誘発し易い「政治と宗教」の話題は極力避け、触れたとしても平均的国民目線での程度にしたいと思っている。
 

 

2013年のブログ予定「主要テーマ」

【ドライブ関連】

エリアを東北~中部・関東に移して、仕事やレジャーで知り得た内容を、出来るだけ観光バスの目線から離れた話題を拾ってみましょう。

【自然、地形や災害・防災関連、サイエンス関連】

やはり、日本復興・東北復興とエネルギー問題に焦点、出来るだけ「提案・提言」に繋がる意見を書きたい。
  (ネガティブキャンペーン的な、無意味な意見は書きたくない)

自然 : 特に感動した自然に出会った時、主に画像としてお届けしたい。

【その他】

歳時記、時事の話題、エッセイ等・・・・従来通り、気の向くまゝに。


 

「追憶」・・・我が心の山

息子が19歳、私は49歳だったかな? 初めて山に登った。 それも息子の彼女と一緒、3人で。

1993年8月上旬の事、登った山は常念岳と蝶ヶ岳。
息子達は登山は初めてと言うので、普通なら1泊2日コースなのだが今回は2泊3日の楽ちんコースとした。
大糸線・有明からタクシーで三俣(登山口)へ、そこから曇り空の中常念乗越迄登り、常念小屋で1泊。
翌日2日目は常念岳から蝶ヶ岳・蝶ヶ岳山荘までのゆったりした尾根歩き(槍ヶ岳や穂高連峰のパノラマを堪能)の予定。 の、はずだったが、あいにくの小雨模様。 でも、夕方の雨上がりの蝶ヶ岳からの展望と翌朝見たご来光と朝焼けの穂高~槍ヶ岳の大パノラマは、前日までのガスと雨を忘れさせてくれた様だ。

涸沢の先の朝焼けの穂高連邦を眺めながら、今度は穂高に登りたいと息子が言い、来年の目標になった。
(そして何れは槍ヶ岳もと!)

蝶ヶ岳からは晴天の中の気持ちのいい尾根歩きで始まり長塀山(ながかべやま)→長塀尾根→徳沢園→上高地と下って帰途に着いた訳。

しかしこの長塀尾根が、登山初心者の二人は山岳登山の厳しい一端を体験する事になった。
鼻歌混じりで尾根道から長塀尾根に入ったのだが、もう下るだけと言う心理が働いたか、「ペースを上げてどんどん先に下り始めた」。
何回も制止したが、5~10分もすると早くなる、しょうがないので尾根を2/3位下った所で、私の後ろを歩かせる様にさせたが後の祭り、しばらく下ってまず息子の膝が笑い始め、徳沢園の手前では息子の彼女も膝の笑いを訴え始めた。(まさに、笑い事では無い状況だ)
結局、徳沢園での大休憩とペースダウンで当初予定の上高地散策をあきらめ、明神池→小梨平から真っ直ぐにバスターミナルに向かう結果になったのでした。(私自身も、入山前に言い聞かせて置くべきだったと反省)

でも帰り道、電車の中で「来年の穂高、約束だよ!」って言われた時は、山に誘って良かったと、感激して平静を装うのがやっとだった。
しかし、これは果たせない夢になってしまった。

以来、息子と辿った道と、一緒に登ろう!と約束した穂高(特に奥穂高岳)は6回程登って来た。
槍ヶ岳は2回だけだったが、“槍の穂先” には何れも天気に恵まれず、残念ながら頂上には立てなかった。
そしてこれが【我が心の山(厳密には “山々” )】となった訳だ。

最近は体力に自信が無いので10年以上登山から遠ざかってしまったが、2001年4月、バイクのツーリングで偶然見つけた「光城山」、地元の人に教えてもらったそこからは、息子と歩いた常念~蝶ヶ岳の稜線と何れ一緒に登ろうと約束した槍ヶ岳が一緒に見える場所だった。

おまけに、春には桜が咲き、車で山頂まで登れる、穂高は殆んど見えないが、【我が心の山】の「展望台」にピッタリと言う訳だ。 (穂高が見たくなったら上高地へ入ればいい)

写真は、初めて「光城山」を見付けた時の、山頂に向かって咲き登る桜並木。(の遠景)
この時の頂上はまだ蕾の状況だったが、開花した時の様子は、私のブログ 「光城山(ヒカルジョウヤマ)」 をご覧下さい。

2001.04.16 豊科・光城山.jpg

尾根伝いに桜が咲き登っている所が光城山へ歩いて登る桜並木の道、車は山の向こう側から山頂まで登れる。
光城山の山頂は桜の林となっていて、開花期にはちょうど頂上に見える杉の木の右側全体が白く染まる。

また、【光城山】からは【長峰山】迄尾根道が続き、【長峰山】も頂上に桜が咲きハングライダーの発着場があり、北アルプス(蝶ヶ岳~白馬岳など、ただし、ここからは槍ヶ岳は見えません)や安曇野平野の、絶好な展望ポイントに繋がるドライブコースです。

場所は安曇野の一角、バイクの先のとんがり屋根の、少し先に豊科IC(2013年からは、【安曇野IC】と名称変更)がある。
  (バイクの後ろが大町方向、前が松本方向)

 

 

「御鑓拝借」

「なんのこっちゃ?」 と、思う人が多いかと思うが、今、NHKが元日夜(19:20~20:50)に放送予定の正月時代劇。
主役は、竹中直人と言うから原作を読んで居る小生としては、原作にピッタリのキャスティングだと思わず引っ繰り返りそうになった。
なぜなら、数年前原作を読みながらもしドラマや映画にするとしたら「主人公は誰にするだろうか?」 と考えた事があり、私が選ぶとしたら? と考えた時フッと浮かんだのが昔、大河ドラマ・太閤記で見たた、なりたての頃の木下藤吉郎時代の風貌がピタリ、これは竹中直人しか無い、と思っていたからだ。まさか本当になるとは思っても見なかった事だった。

この原作は佐伯泰英の「酔いどれ小籐次留書」シリーズの第1話(現在は10話迄出ている)である。
彼の作品は山本一力の人情ものと違って、言わば痛快活劇と言っていいと思う。
NHKの「御鑓拝借」がどんな仕上がりになっているか楽しみだ。 でも、録画でしか見られそうもないが。

最近の第10話に伊達正宗の遺訓と言うのが載っていた。 忘れて居たが以前にも仕事で調べた事もあり、まさに名言。 参考までに下記して置きましょう。

  • 仁に過ぐれば弱くなる
  • 義に過ぐれば固くなる
  • 礼に過ぐれば諂い(へつらい)となる
  • 智に過ぐれば嘘を吐く
  • 信に過ぐれば損をする

でも、中国の水滸伝か史記又は三国志にも似た様な言葉が有ったような・・・・?

もっとも、戦国武将の名言と言われるものの大半は、中国古事や物語からの引用で、毛利元就の「三本の矢」もその一つ。

ま、いい言葉は誰の言葉でもいいじゃありませんか! 言ってる事が正しい事ならば!

 

 


 

 

※ 私の他のブログも読んでみたいと言う方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」  へアクセスを!
   (テーマごとに分類した索引です)

今年は何かと政治絡みの重大な二ユースが多かったが、その中でも東日本大震災に端を発した原発の安全性問題が、原発政策の根幹を揺るがしている。

しかし、原発の安全性に関しては今検討されている震災対策などは、東日本大震災と言う尊い犠牲を払わずにも十分に予測し得た内容である事が悔やまれる。

今迄言われて来た「安全神話」は、やはり企業と政治により人為的に作られたものと言わざるを得ないない。

と、ここまではTVなどで評論家や主に原発反対派の政治家の理論で、丸々支持するつもりはないが、様々な情報隠ぺいや説明会での情報操作疑惑の実態が浮き彫りになって来ると既存の原発の安全性については、やはり企業と従来の監査システムの中での安全宣言は “不安” と言わざるを得ない。

♦ 誤解を招くといけないので原発について、私の「基本姿勢」を明記して置きます。

   1. 長期的には【商業用原発ゼロ】が理想的だと考えている。

       理由 ① 地上設置型原子炉は、やはり地震国日本にはリスク大。
             技術的ブレークスルーで小型・安全な物が出来れば別。
          ② 核燃料リサイクルも、現状ではリスクが大きい。
             使用済みを含む燃料の保管・運搬・リサイクル工場と、其々の
             管理・警備など何れも不十分な体制である。(テロ対策含む)

   2. 現状の日本の政治体制の中で、即原発ゼロが出来るなんて幻想は持っていない。
       (独裁者の国か、一党独裁の小国で無い限り、即原発ゼロは非現実的妄想)

      原発ゼロへの道筋も無く、むやみに原発を止めたまゝ3年も続いたら日本沈没だ。
      (企業も国も、農・林・水産業もすべてが連鎖してギリシャ以上の経済破綻に!)
      従って、代替電力の整備期間中は最低限度(期間限定)の原発稼働が必要だ。

   3. 今の最優先事項は、リスクの少ない原発を何基稼働出来るかを早期に確認し国内
      の電力需要を経済的にも不安の無い状態に戻す事。

      同時に、「代替エネルギー整備計画(廃炉計画を連動)」を作成・実行する事だ
      と考えている。

 

【日本の原発MAP】と【柏崎刈羽原子力発電所】

  ※ この項のマップ及びデータは(株)講談社様発行のブルーバックスシリーズB-1759
     「日本の原子力施設全データ」(2012-2-20版)から引用して居ります。

♦ 全国マップ 及び データの対比凡例

原発MAP 1.jpg

 

♦ 「マップ」&「原発敷地内レイアウト」

柏崎原発MAP 1.jpg

 

♦ データ

柏崎原発DATA 1(1280).jpg

柏崎原発A-1.JPG

 

※ 「柏崎刈羽原子力発電所」・・・・便宜上、これ以降は 「柏崎原発」 と簡略表記します

 

【「柏崎原発」の安全性】について

原子炉や建物の安全性についての具体的な事は専門家の判断を待つしか無いが、現時点で気になる事は、【活断層】についてである。

上記データ項目 ⑰ では、直近の活断層は約17kmの距離に、長さ36kmの規模のものがある、と記されている。
が、このデータは原発建設候補地選定用の調査報告書の数値であり、調査自体も今から見れば公平性を欠く人選で行われた疑いも拭えない。
  (再調査した各地で露見した事が、この地では無かったとは考え難い)

♦ 今回の活断層調査対象から、なぜ「柏崎原発」が外れているのか不思議!

地形を見れば明かだが、活断層が直近17kmとある事に疑問が生まれる。
例えば、【17km離れた所に「原発」と並行に36km規模の活断層がある】と言う意味なら、例え動いたとしても「原発」のダメージは少ないだろうが、【17km離れた場所に「原発」と直角に36kmの断層がある】と言う事になれば話は変わる。

阪神淡路大震災の時、当時大阪・豊中市に住んで居て震災に遭ったが、それまで断層なんて無かったと言われていた神戸から伊丹空港の先まで約40km位新しく地割れが起きて、激震が走った。
元々は淡路島あたりの古い断層が動いたものがトリガーとなったと言われている。

つまり、例え断層が無い所でも、断層の切れ目の方向にある場所は多分に危険性がある と言う事。

これを考えると、柏崎原発から17kmと言う断層が魚沼丘陵を切り裂いて走っている(魚野川沿い)断層で無い事を祈りたいが?

これは直線で約17km、しかも「原発」とほゞ直角。 中越地震の震源域でもある。 再調査が有っても不思議でないはずなのだが?

♦ 念の為、周辺マップ(Google)を掲載して置きますのでご参照下さい。

柏崎・南魚沼市-M01.jpg
リサイズの過程で文字が読み難くゝなりましたが、Google Map で見て頂けばハッキリします。

 

♦ もう一つの懸念

「柏崎原発」の周辺一帯は太古、信濃川河口流域の泥炭地である事は公知の事実。
普段の乾燥期の地震では大丈夫だと思うが、雨期の最中~直後の様に大地が雨を多量に含んでいる時期に巨大な震災に見舞われたとしたら、あちこちが【液状化】現象で災害や事故の対策が大きく阻まれる事が予想される。
  (3.11の悪夢を繰り返す事になり兼ねない)

こんな点でも、後に想定外などと言わない対策を願いたいものである。

 

 


 

 

※ 他の私のブログも読んでみたいと言う方はこちら、 又はページ右上の
                           「♪ お暇なら来てよね!」 へ アクセスを!
     (テーマごとに分類した索引です)
 

まあ! 書くのもバカバカしい話題だが掲題の終末日が明日、12月21日らしい。

古代マヤ歴の終末日が明日、2012年12月21日なんだそうだ。
そして、世界中でその話を信じる人が少なく無いと言う事にも違和感がある。 まして、普段マヤ歴などと無縁の人が殆んどなのだから笑えてしまう。 中国の、終末便乗のボール型シェルタービジネスの話には空いた口が塞がらない。

最も、明日 12/21 は金曜日。 考えて見れば 「週末」 だ。

ひょっとしたら、マヤ人はこれを予測したのかも?  だとしたら、「マヤ歴」 恐るべし!

 

ハハハハ ンな事有る訳無いでしょう!     (最短記録の投稿でした)

 


 

 

※ 他の私のブログも読んでみたいと言う方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」 へアクセスを!
  (テーマごとに分類した索引です)
 

12月/4日、衆議院選・公示。  しかし世の中は11月/16日、あまりにも遅過ぎた「近い内解散」の時点から選挙モードに入ってしまった様相だ。
冷めた国民をよそに、狂乱する政治屋たちと報道機関。 どこかの週刊誌が書いていた、「この選挙で、誰が一番得をするかと言えば報道機関だけだろう」、と。

否応無しに「シラケ選挙」に入ってしまった訳だが、我々は何を基準に選べばいいのか?
このブログには似合わない話題だが、少し触れてみようと思う。

 

私は現在、支持政党は白紙である。 しかし無関心にはなりたくないと思っている。

自から権利を放棄して、それを棚に上げて置いて「政治が悪いなどとは言う仲間」にはなりたく無い。

それよりも現在の政策論争、「最も重要な論点が話題にされていない事」を危惧している。

   【震災復興(=日本復興の方法)】と、【「首都」遷都】 の問題がそれ!

与党も、乱立する野党群も、そして主要メデイア各局(各社)でさえも、この問題を忘れたかの様だ!

 

【何事にも優先順位がある】

【震災復興】の為の政策を主要政党のマニフェストを見ても具体的な復興提案など無く、資金の筋道を明確に示した政策と言えるものはどこからも見付ける事が出来ず、メデイアもまたそれを指摘する所(TV局や新聞社など)も見当たらない。

あたかも「震災復興」は「原発政策」であるかの様な議論にすり替わってしまった感がある。

【「首都」 遷都】、迫りくる「首都直下型地震」・いつ起きてもおかしくない「富士山噴火」、これらの厄災から政治・経済のダメージを軽減しようと言う構想で提言されたひとつの手段。
東日本大震災以前、かなり真剣に議論されていたはずだが、震災以後これが国会で議論されたと言う記憶が無い。 メデアもまた、散発的に話題とする記事や番組は有っても、国家的危機意識で立ち向かう問題として取り上げる気配も無い。
果たして、これらの危機は遠のいたのか?
    → 否、2年と言う歳月が空しく過ぎて、明日かも知れないその時に2年近付いただけである。

 

1. マニフェストの主要テーマ(論点)一覧

     (順不動、各党とも重点は違うがテーマはほゞ共通) 

  • 原発・エネルギー問題・・・即原発ゼロ~10年~30年計画廃炉論、これから検討論など?
  • 消費税問題・・・・・・・・増税廃案論~将来加増論まであるが、各論とも曖昧
  • 社会保障問題・・・・・・・年金・医療・子育て支援 etc. ・・・原資の曖昧な空論多出
  • 沖縄・基地移転問題・・・・(ここではノーコメントとする)
  • 尖閣・竹島問題・・・・・・(ここではノーコメントとする)
  • 経済復興対策・・・・・・・増税を含むばら蒔き対策などいずれも具体性がない
  • 環境問題・・・・・・・・・CO2 25%削減、各党ともまともに取り組んでいるとは見えない
  • TPP問題・・・・・・・・(ここではノーコメントとする)
  • 議員定数是正問題・・・・・解散になった途端、各党ともトーンダウン
  • 教育問題・・・・・・・・・予算の裏付けなしのリップサービス的提案がほとんど
  • その他 etc.

 なぜか今回は政策論争にはなってないが、

  • 震災復興対策・・・・・・・・・経済復興対策を絡めた優先事項と考えるが具体論が無い
  • 「首都」遷都問題・・・・・・・実施しなければ、政治・経済ともに「日本沈没」の危惧が!

 

2. 優先順位

  ※ 現状の政策論議は、 【木を見て森を見ず】

    現在の日本の置かれた状況を、マクロ的に冷静に見れば、何を優先すべきかは一目瞭然である。
    が、各政党ともに、【木を見て森を見ず、森を見て山を見ず】 の議論をしている。

  A.【経済再生=震災復興】

    国も企業も一般家庭も、お金が無ければ何も出来ない事は誰でもわかる。
    そしてお金の問題が改善すれば【社会保障問題】や【震災復興問題】その他、上記1項のテーマ
    の少なくとも半分には道筋が付く。
    従って、「経済再生」が最優先事項であり、実現可能な政策は何か、具体策はどうすろか?
    それを審議するのが国会でしょう? その為の政策提案をするのが本来の選挙戦では無いのか?

  B.【首都遷都】

    3.11以来まったく論議が止まっているが、首都圏の震災危険度は、高くなっても低くなった
    はずが無い。  富士山の噴火リスクも同様である。
    南海トラフの震災が先に起きたとしたら、更に地殻のバランスが崩れて一時的には災害を免れた
    としても、厄災のリスクは格段に高くなるはずだ。
    もし、現状のまゝで首都圏の厄災が発生したら、確実に経済的「日本沈没」となるだろう。
    従って、「経済再生」と並んで優先事項である。 (どちらが優先と言えない緊急課題である)

  C.【その他の政策の優先順位】 ・・・ A・B 無くば、砂上の楼閣

    いずれも重要課題に違い無いが、いずれも上記A及びBの政策が正常に対処されていればこそ、
    保障される政策で、それ無くば一夜にして瓦解するリスクを伴う政策群である。

    

3.仮想「政策論」・・・もしも私が政治家だったら

    「首都遷都」 「経済再生」 を最優先、 同時進行で考える。

       【首都遷都】

       ♦ 目標期間・・・・・・3年以内に開始→10年以内に完了を目指す
       ♦ 遷都先(場所)・・・・・・・・・・仙台市郊外
          選定理由1 : 大震災直後の大地は、余震はあるだろうが数百年は人知で耐えられる
                   範囲のものだろう。 (津波にも対策の方法が色々ある)
                 少なくとも南海トラフの影響範囲や関東地域より、壊滅リスクは
                 1/20 ~1/100以下に減る。
          選定理由2 : 経済再生と震災復興(特に東北地域)の最先端基地に相応しい場所。
                 ① 政治家達の目に、嫌でも復興の進捗状況が見える場所である。
                 ② 交通条件(道路・新幹線・空路)で何れも立地条件が揃いこの
                     為の歳出は最少眼度で済む。
                 ③ 西に偏重し過ぎる企業群の、東北誘致への呼び水にできる。
       ♦ 遷都の規模・・・① 国会の機能と議員宿舎・・・5年以内全面移転。
                   (議員宿舎は機能優先として、現宿舎の様 な豪華なものは不要)
                 ②   付帯組織・各官庁は、リスク分散の観点から、優先順位を付けて
                     主要業務を5年以内に移転させる。
                   ③ 金融機関及び民間企業などは、各々が独自判断で移転等を行
                     なうものとする。
                 ④ 一般市民は、自由意思での移転とする。
       ♦ 移転費用・・・・原則として、国会機能及び行政執行に係わる官公庁と、これの維持に
                 必要な要員と、その同居家族の移転実費を国費負担とする。

       【経済再生・未来構想】

       ♦ 財政改善は増税でなく「日本流ニューデール政策」で!
         ① 「首都遷都」の実行・・・・・市場規模数兆円の新規マーケットが創造できる。
         ② 仮称 「R&HH (レール&ハイウエー・ハイブリッド)」構想
            ローコストのEV(電気自動車)で、既存の鉄道網を利用し、全国どこへでも
            自由に旅行できる様なシステムを構築しようと言うもの。
            片道50km以上の長距離旅行をEVマイカー、で気楽に行ける環境を整備。
            基本的には現行在来線が利用出来るもので、陸のフェリーと考えれば良い。
            スマートグリッド構想とのリンクで低炭素社会の構築も容易になるだろう。

            これには自動車産業を初め、各基幹産業の総合力が必要であるが、基礎技術は
            すべて開発済。しかも、ほとんどが純国産技術の範囲。
            例えば、EV・鉄道車両・交通制御・ETC技術、そして素材技術等々。
            これ等の産業が国内需要で活性化すれば、15年で赤字国の汚名を返上出来る
            だろう。 (当然消費税増税も不要である)

            また、仮称 「R&HH」 の技術は海外輸出にも大きな可能性がある。

       ♦ 仮称 「R&HH」の目標タイムスケジュール」 (案)
            第一ステップ・・・「総合検討」及び「考証・構想」期間・・・1年
            第二ステップ・・・鉄道搬送方式・仕様とEV仕様の標準化・・2年
              (出来るだけ、EV以外の現用車も載せられる構造が望ましい)
            第三ステップ・・・モデル路線のテスト運用・・・・・・・・・4年後
            第四ステップ・・・モデル路線の営業開始と実用幹路線拡大・・5年目から
            第五ステップ・・・基幹路線(網走~熊本)整備完了・・・・・10年以内

            例えば、1回充電で100~150km走れる車なら、今の自動車業界では
            すでに実用化している。普及が遅い理由は価格・充電インフラと走行距離。

            ユーザーとすれば、自宅から目的地へ、行って帰るまで安心して走れる方法
            が有ればEV車にしたいニーズが高まって来ている。
            こう言う現状を打破してやれば、国内のEV市場だけでも裾野の広い自動車
            産業が牽引力となり、総合的な経済対策になり得る。

            EV車自体の走行距離を長くする技術はバッテリーの体積と重量を減らす技
            技術(素材を含む)的ブレークスルーが無いと車両価格を下げる事は難しい。

            一方、一般ユーザーに取っては日常走行は往復60~100kmも走れゝば
            充分であるが、非日常(レジャー等)の長距離ドライブも想定して、車種を
            選択する事になるから、現状ではEV車を除外せざるを得なくなる。

            他方、自動車メーカーに取っても、現有技術で量販可能となれば製造コスト
            は、おそらくガソリン車よりも安く出来る様になるだろう。

            CO2削減やスマートグリッド構想などの社会的インフラ整備にも、EV車
            普及は早急の課題であるはずだ。

       ♦ 実行予算の確保
            この事業に特化した特別国債として、5年~15年位の利率を分けた債権で
            資金集めを行う。(海外投資者も募るが、総額の50%以内の比率が安全)

       ♦ 震災被災地復興支援
            復興継続期間中に、このプロジェクトに関連する新規工場などの設立には、
            原則として震災被災地救済の地域に設立するか、又は一定数の被災者の正規
            雇用を義務付ける。

 

4.ちょっと大胆過ぎたかな?
 

  でも、この 「R&HH」 構想、実は今始めて思い付いた訳では無い。 3.11以前から思い描

  いていた日本経済活性化案のひとつだった。

  ま、愚痴だけを言っているよりも、「自分が〇〇だったらこうするんだがな~」 なんて考えて夢見
  ていた方が、人生楽しいじゃありませんか。

  絵空事であっても、こんな夢に少しでも近付ける可能性のある人をと、選挙の時の選択肢も絞られて
  来る訳で、無条件に▼▼教の支持政党だからとか■■党だからと投票するよりも、自分の一票を有効
  に使えると思っている。

  皆さんも、迷ったら「夢」を見ましょう! 「将来の夢」を!

 「夢があるから」 こそ、これからも頑張れる!!

 


 

※ 他の私のブログも読んでみたいと言う方はこちら 「♪ お暇なら来てよね!」 へアクセスを!
  (テーマごとに分類した索引です)
 

     

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

アイテム

  • 2001.04.16 豊科・光城山.jpg
  • 柏崎原発MAP 1.jpg
  • 原発MAP 1.jpg
  • 柏崎・南魚沼市-M01.jpg
  • 柏崎原発A-1.JPG
  • 柏崎原発DATA 1(1280).jpg
  • 弘前城・市役所付近から追手門方向(2002.04.18).JPG
  • 法音寺・縁起 AAA.jpg
  • 城内地図01C.jpg
  • 城内郷土誌・年代表-01.JPG
  • 周辺マップ.JPG