2013年10月アーカイブ

昨日(10/28)、TBSのNスタ(夕方の二ユース番組)で3回、28日の「八海山の紅葉」風景
放映(中継か録画かは不明)されていた。 ゴンドラからの映像は今が一番の見頃の様でした。
これから城内地区を始め「里の秋」本番。 見て美しく、食べて美味しい最も楽しい季節ですね!

今回はそんな紅葉つながりで、上高地の話題をひとつ。

 

上高地・冬季閉鎖は11/15(予定)迄


   ♦ 今日29日午前9時頃の河童橋付近ライブ映像より  (五千尺ホテル様ライブカメラ)
河童橋ライブカメラ 2013.10.29(09時頃).JPG

 このライブ映像は「上高地/五千尺グループ/ライブカメラ」をキーワードに簡単に検索出来ます。

この、美しい姿も、あと2週間程で冬季閉鎖になってしまう。

 

プロローグ


私の青春時代の思い出の多くを占めた地域は、恐らく上高地を中心とする、穂高連峰~槍ヶ岳~燕岳
(通称:銀座コース)、上高地を挟んで、大滝山~常念岳~燕岳(通称:裏銀座コース)と、このエリ
アに何回足を運んだかわからない。

かと言ってロック・クライミングが出来た訳では無い。 大抵は単独行の尾根ルートであるが、季節
や天候・時間帯等で同じコースでも、全く違う風景などは何回行っても飽きることが無かった。

上高地の写真は様々なメデアで色々美しい映像が紹介されているので、ここでは「上高地公式サイト」
から一部の写真をイメージが伝わる程度に縮小して掲載し、説明に役立てたいと思います。

 なお、写真縮小は本サイト経由での著作権侵害予防の為。またサイト運営者にお断りして居ない為、
 リンクは行いません。 ご興味のある方は「上高地公式サイト」がキーワード検索でご覧頂けます。
 当然の事ですが、「公式サイト」なら下記写真を含み綺麗な上高地の写真を色々見る事が出来ます。

   ♦ 河童橋からの穂高連峰と、ウエストン碑付近からの六百山~霞沢岳  (秋風景)
上高地(640×252).jpg

   ♦ 上高地・穂高連峰周辺地図 (少しサイズが大きいので拡大してご覧下さい)
上高地・穂高周辺地図.jpg

 

ジャンダルム


河童橋からの写真のほゞ中央に一番高く見えるピークの右にそびえる岩峰、これが【ジャンダルム】。
穂高連峰を旅するひとにとってはシンボル的岩峰である。 が、そこはまた、決して普通に誰でも気軽
に行ける領域では無い。

   ♦ 大正池付近からの奥穂高岳~天狗のコル (黄色の点線は2回目のルート)
上高地 (大正池).JPG

過去2回、その頂に立った事があるが、1回目はロッククライミングもやる穂高大好きの友人の案内で
涸沢から、ザイテングラードを登り、白出(しらだし)のコル(鞍部)に有る「奥穂・穂高岳山荘」~
ジャンダルムを往復すると言うルート。

この時の天候は穂高岳山荘(当時は「奥穂山荘」と呼んで居たと思う)から少し上、奥穂山頂へのハシ
ゴの途中から上にガス(霧)が掛かり、涸沢方向は紅葉がスッキリ見える秋晴れの日であった。
当初、晴天ならば西穂高岳へ抜ける計画だったが天候の行方に不安があり友人の判断で、ジャンダルム
往復に変更したのである。

ベテランの友人の案内もあり、また、ガスで視界が効かなかった(特に谷底がみえなかった)為恐怖心
も無く、難所と言われた「馬の背」等の岩場も難なく通過してジャンダルムの頂上に立つ事が出来た。
この日はガスは濃くなったり薄くなったりしていたが風も無く穏やかな一日で、その為ジャンダルム頂
上からは周りの景色が見えず、がっかりしながら引き返し、何事もなく穂高岳山荘へ帰着。
その代り、山荘から眺めたその日の夕焼けが、何とも言えず綺麗だった事は、忘れられない思い出とな
った。

2回目はその2年後の夏、単独行でもう一度同じルートで西穂高岳を目指した。 この時は天候(予報)
も良く、穂高岳山荘~西穂高岳を踏破する予定だった。

穂高岳山荘を出発して奥穂高岳山頂迄は予定通りだったのだが、馬の背迄来て愕然とした。
前回来た時はガスが回りの景色を覆い隠して居て友人の後ろから何気なく通った道(岩場)が、今は両側
が数百メートルも切れ落ちて、板みたいな岩が左右から押されてせり上がった様な細い所は道幅1m
も有るか無いかと言う岩場が100m近く続くでは無いか。  しかも、かなりの急傾斜。

両側に深い谷族を見ながらのナイフリッジでは、さすがに単独行で来た事を後悔したが、途中で風が吹か
ない事を祈りながら、慎重に渡ったことが思い出される。

北穂高岳から槍ヶ岳へのルートに最大の難所と言われる「大キレット/岩峰同志の間の険しい稜線鞍部」
が有るが、そこよりもこゝ馬の背は険しい様に思う。
何よりも大キレットは登山者が多いせいか【安全対策】のハシゴやクサリが随所に有り、ベテランでなく
とも慎重に行動すれば、限りなく安全に近い。
ただし、アプローチは長いし天候や体調に依っては自然が牙を剥く領域。
一方、こちら西穂高岳に向かうルートはベテランの領域とされて居たせいか、奥穂高岳・山頂からは、ク
サリやハシゴ等の設備は当時(約40年近く前)殆んど無かった。

そんな領域に、自分も入れると過信して居た事も忘れ、ジャンダルムも無事通過して、上高地から見て真
正面のピーク付近で、昼食とした。
晴天での上高地や安曇野方面や焼岳・西穂高岳、飛騨の山々等を眺めながらの昼食は、まさに自然は最高
の調味料。 それとホエーブスで暖めた1杯のコーヒー、何物にも増して美味かったなあ。

 

天狗のコル


事故はそれから約1時間後に起こった。
上の写真の黄色い点線の様に稜線上を、他の何組ものパーテーと、列を作って天狗のコルに向かって居た。
  (上高地から見て左側に向かって居たが、夏休みを利用した登山者が多かった為だ)

この下りは殆んどが急傾斜の岸壁で、、八海山であればクサリ場・ハシゴが付いている様な岸壁が連続し
て居るルートで、岩に張り付き3点支持で下るしか無い岩場。   当然、ハシゴもクサリも無い。

そこを私がほゞ2/3位天狗のコル側に下った頃、上から 「落ちたぞー!」 って、何人かの声が聞こえ
たと思ったら、数メートル離れた上高地側の岩場を、男性が滑落して行って崖下に見えなくなった。

ルートを外れてしまって居たので、その後どうなったかは分からなかったが、私の見た範囲だけでも30
~50m以上滑落しており、軽く済んでもあちこち骨折しているだろし、最悪の結果でも不思議では無い。

その後、滑落者のパーテー4人を優先通過させた後、改めて慎重に天狗のコル迄下りた。
そこには滑落者のパーテー3人が放心した様にたたずんで居た。
聞けば、リーダーが救助を求めに岳沢ヒュッテ迄先行して、彼等はゆっくりと下る事になっているとの事。
確かに、滑落者は素人が探せる様な場所に落ちたのでは無く、ベテラン(らしい)の先行連絡は正しい選
択であろう。  (当時は携帯電話など持てない時代、山小屋の非常無線に頼るしかない)

ただ、リーダー以外は登山歴が白馬・栂池と瑞牆山(山梨)・丹沢(神奈川)だけと言う。 無謀だ!
穂高以外は殆んど岩場らしい岩場の無い尾根歩きルート。 例えリーダー一人がベテランでも、いきなり
穂高の中でも最難関と言われるルートに来るなんて! ・・・ って思いながら、ハタと気が付いた。

  「そう言う私自身も五十歩百歩では無いか、私自身が滑落しても可笑しく無かったのでは?」

って事に。
そう考えたらこゝ天狗のコルから更に危険な領域を一人で行く事が無謀に思え、天狗沢を下り岳沢ヒュッ
テ(地図に依っては岳沢山荘)~上高地へのルートに変更する事にした。
  (正直、滑落者を直接見た事で気持ちが萎えてしまった事も影響して居たのかも知れません)

そんな訳で、天狗のコルから岳沢ヒュッテ経由で上高地へ下る事にした。

その後も登山は続けているが岩峰ルートしか無い領域には、単独行の山旅はした事が無い。

自分の為は勿論だが、身内はもとより友人・同僚への迷惑を考えると、無責任な行動は出来ないと思う様
になったからだ。

   ♦ 晩秋・上高地からの「岳沢ヒュッテ」 A (ズームアップ)・・・以下、数年前の撮影
上高地  2.JPG

   ♦ 晩秋・上高地からの「岳沢ヒュッテ」 B (標準)
上高地  1.JPG

   ♦ 晩秋のウエストン碑付近よりの「焼岳」
上高地  3.jpg

   ♦ 大正池からの「焼岳」
上高地  4.JPG

   ♦ 焼岳山頂付近(噴煙)ズームアップ
上高地 5.JPG

   ♦ 梓川右岸(ウエストン碑の対岸付近)からの河童橋・明神岳方向
上高地  6.JPG

 

   そしてまもなく【冬季閉鎖】、来春までの長い冬、


            上高地は、限られた人しか入れない世界になる。

 

 

コノハズク

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

「丑三つ時」の鳥の声

それは、先週土曜日(10/12)の深夜26時頃、って言うより日曜日(13日)の午前2時頃の事。

此処は、茨城県取手市の小貝川の、とある橋のたもとにあるマンションの10F。 川の向こうの段丘には、
かなり幅広い杉や松、雑木が混在する森の帯が続いている。
そんな自宅に、日付が変わった頃に帰宅した私は風呂に入ったり 整理したりして寝ようとしたのが午前2時
頃、ふとベランダ越しに遠くから聞こえて来た鳥の声に何とも言えない懐かしさを覚えた。 (約1時間程)

その鳴き声の録音は出来なかったが  Youtubeの似た雰囲気の鳴き声 に、リンクして置きましたので聞き
たい方はクリックしてみて下さい。

ただ、私の聞いた声は「キョッキョッキョー キョッキョッキョー ・・」と繰り返していて多少ニュアン
スが違う気がするが同じ仲間には違い無いと思う。
 

自然の声は最後に聞いてから、約半世紀?

この声を聴くのは何十年振りだろうか、子供の頃、実家の裏の方句に、このサイトの他の仲間の投稿にも
よく出て来る【こーえんばか(墓)の森】でも、夜中になるとこの鳥がよく鳴いていた。

小学校5~6年頃だったと思うが、NHKのラジオ番組で愛知県・鳳来寺の「ブッポウソウの鳴き声」
言う放送を聞く迄は誰に聞いても鳥の正体を教えてもらえず(実際は知らなかった様だ)「真夜中に鳴く
薄気味悪い鳥」とのイメージだった。  何しろ、鳴いて居る場所が 「大の大人でさえ夜は回り道して通る」
位の道路が通る深い森。 子供達にとっては  【恐ろしい森に棲む鳥】 だったからである。

ちなみに、「ブッポウソウ」 とは、「仏法僧」 と鳴く様に聞こえるとの事からの ネーミング だとか。

その放送、「ブッポウソウ鳴き声」 を聞いて以来、この声の主に対する恐怖心が消え、返って郷愁を呼ぶ
懐かしい声に変って感じられる様になったのが不思議である。

ところがこの 「ブッポウソウ」 、声の主と似ても似つかぬ別人、いやいや、別鳥である事がわかった。
しかも、それが判明したのはNHKの放送を耳にしてからおよそ20年後の事であった。

そして2013年10月12日の深夜、懐かしいその声を、故郷新潟県を離れた茨城県の自宅で聞いた。
この地に移り住んでおよそ10年になるが、今迄一度も聞いた事も無ければ話も聞いた事がない。
勿論、シーズンを問わずこの時間帯に窓を開けて仕事や読書等をしていた事は数知れず、気付かないは
ずは無いと思うのだが?

   「キョッキョッキョー キョッキョッキョー キョッキョッキョー ・・・
                 仏法僧 仏法僧 仏法僧 ・・・ 」
 ・・・ って、鳴く声を!


暗闇(くらやみ)の「法僧」の正体

自分で撮った写真が無いのでネットから見付けた写真でご紹介致します。

   ♦ 本物の 「ブッポウソウ」 (左) と、声の主 「コノハズク」 (右)・・・ネット画像
ブッポウソウ (300×210) と コノハズク (300×210).jpg

「ブッポウソウ」

   夜行性は無く、ツバメ同様南からの渡り鳥。 鳩よりも小型でトンボやセミ等の昆虫を飛翔しながら捕食。
   鳴き声は百舌鳥(モズ)などの声に近い。
   ご覧の様に綺麗な鳥で、ウォッチャーも多く最近は生態もかなり明確になって来た鳥。

 

「コノハズク」

   フクロウやミミズクの仲間であり、夜行性。 コノハズクそのものは、かなり以前から知られていたが、鳴
   き声はミミズクと似ているものと思われていたと聞く。 実際の鳴く姿が確認されたのが約30年前らしい。
   正直、検索して得られた写真群はペットが多くその為か外来種やミミズクも混在しており、約半世紀も前に
   見た事のある自然のコノハズクを探すのは難しい。
   僅かな記憶を頼りに似た写真を抽出してみましたが、間違いでしたら教えて下さい、訂正致します。


 

なお、本サイト経由の原画像の著作権侵害を予防する為にミニサイズにしてあります。
綺麗な原画像は、ブラウザの画像・キーワード検索、「ブッポウソウ」 或いは 「コノハズク」 を キーワ
ードとして検索すれば、素敵な写真を原サイズで、ご覧頂に頂けます。
 


それにしても


コノハズクの鳴く季節は「恋の季節」と聞いていたが、通常は5~7月頃。

今日は10月17日、奥日光や草津白根山他、各地の高山では初雪が降ったと言う。

半年近く季節がズレている。

地球温暖化で彼らの繁殖サイクルが変化しているのか?
もしかしたら、外来種との混血で、季節感の遺伝子調整が狂ってしまったのかな? 

 

もう一つのミステリー

そうそう、やはり子供の頃 深夜に故郷の、森(だと思うが)で時々移動しながら鳴く鳥がいた。

丁度、田畑の作業などに農耕用の牛馬を使っていた時代の子供等ならすぐに分かる声音だが、
      「ホイ ホイ」  「ホイ ホイ」
と、ふた声づつ、牛馬を操る時の掛け声に似た鳴き声で鳴く鳥が居た。

苗代の代掻きから初夏の頃だったか? この鳴き声、故郷を離れてからは一度も聞いた事が無い。

また、この鳥の話を他県でしても「知っている」と言う人に会った事が無い。
城内でも最近は聞かないと言う。
最も、牛馬が耕運機やコンバインに変わった昨今、牛馬を使った「田起こし」や「代掻き」作業も知ら
ない現代の若い世代には、鳥が鳴いても連想出来ないのだろうね!

実は鳥かどうか、見た人は居ないらしいが、昔から大人達がこの鳥の事を 【馬引き鳥】 と呼んで居た。

      「今夜も “んま”(馬)引き鳥 が鳴いてるなあ!」 ・・・ ってな具合に!

50年経って未だ正体不明、ユニークな 【馬引き鳥】 、この 「ミステリー」 解ける時があるのかな~?

 

はじめに

写真はある年の冬季閉鎖3日前の早朝・上高地、大正池~河童橋迄の遊歩道途中にある、「田代池」から
の 「穂高連峰」。

近日中に投稿しようと思っているブログのひとコマで、今回のテーマとは関係ありませんので悪しからず。

   ♦ 晩秋・早朝の「穂高連峰」 (左から、西穂高岳・奥穂高岳・前穂高岳・明神岳)
2005.11.07 田代池・上高地.jpg

 

プロローグ


「出来ません」 って、人が言う時は、一体どんな場合にそう言う発言になるのだろうか?

今回はそんな事について考えてみましょう。

普段の出来事から整理して分類してみると、 (・・・の後の文は、当事者の心理面を推定)

   1. 自信が無い時・・・・・・・・スキル・能力的に、自分には出来ないと思ってる

   2. 自分の本来の仕事を優先したい時・・・・・・自分の通常業務範囲を脅かす懸念

   3. やらなくてもいい仕事だと思って居る時・・・・依頼内容が納得出来ない・反感

   4. 責任を取りたくない時・・・・・・・タッチする事で生ずるリスクを回避したい

   5. やりたくない ・・・めんどうくさい、自分がやらなくても責任を取る必要は無い

他にもあるだろうが、大きく分けるとこの様に分類できると思う。

 

経験


私の場合、30数年 某計測器メーカーの営業としてセールスエンジニアみたいな事をして来たが、
ユーザーからの新規機能要求があると、社内の開発エンジニアは、自分の技術の範囲で判断して
「出来ません」 と言う例が非常に多かった。

営業になって初期の頃はそれを自分で咀嚼もせずに、生真面目に顧客に対して「技術的に難しい」
と伝えてしまい、「1年後に別のメーカーがそれを実現させて居た」 と言う苦い経験があった。

いわゆる、折角の「ビジネスチャンス」を逃してしまったのである。

以来、社内で 「出来ません」 の回答が出た場合、お客様の考えて居る構想案を詳細に聴き出した
り自分なりの開発ヒントを調べたりして、何度も社内検討をしてもらう事にした。

その時以後の経験では、最初 「出来ない」 と言っていた案件も、7~8割は可能なものであった
と記憶している。
特に、ユーザーとメーカー間の案件の場合実現可能になるものゝ相談が多い事には明確な理由もあ
る。  それは具体的な相談の前に 「現場を熟知しているユーザー側で、かなり細かく検討して見通
しを付けている場合が多い」 事である。
また、お互いがユーザー側とメーカー側の知識と技術を寄せ合えば発想の転換もし易いし、アイデ
アも出し合えて開発もスムースに進む。

そんな繰り返しが私に取っては貴重な体験であった。 そこから学んだ事は、これまで 先人達が繰
り返している言葉ではあるが、

 【「出来ない」 と思ったら、いつまで経っても出来ない】

    【「出来る」と思って取り組めば、必ず 「ブレークスルーの道筋」 は見えて来る】

と言う事である。

 

最近の出来事から


ガラッと話題は私事に変わりますが、昨年の7月に定年後2回目の会社員を辞め、約1年後の今年
6月から再々就職で現在の職場を得た。

所が、自宅は茨城県なのだが 職場は群馬県、車で深夜走っても片道2時間強、日中であれば早くて
も片道3.5時間。 とても通勤出来る距離では無い。

勿論、好き好んでこんな遠くに職場を求めた訳では無い。「私の年齢で、社員として受け入れてく
れる職場がたまたま此処に有った」 と言う事情であった。その為現在は寮が生活の主体である。

それでも職場が見付かった私は恵まれている。 同時期ハローワーク通いをしていた同世代の知人
達の8割は少ない年金と生活費の差額を、短期アルバイトや短期の契約社員(実質はアルバイト)
で繋いでいるとの事である。 (先日会った知人の話)
所が、アルバイトや短期契約社員になると、仕事の有る期間は求職活動出来ない。従って求職活動
と短期労働の繰り返しが、正社員へのハードルを、更に (本人のスキルとして認めてもらえない、
逆に 「長続きしない」 と言うマイナス評価) 高くする為 “負” のスパイラルに入る。

実は、こういう実態が若者達にも多く見られた。 勿論、彼等は年金をもらえる訳では無い。
そんなハローワークでの人間模様は通う立場の人で無いと理解出来ない様だ。
ハローワーク側の対応は、殆んどが事務的に、来た者に対して並べて選ばせるだけ、と言う印象が
拭えなかった。

話を本題の 「出来ません」 に戻しましょう。

自宅は茨城県(留守宅)、勤務地は群馬県と言う2重生活の私、先月中旬に、無職時代に国民健康
保険に加入した事と、6月から会社の社会保険が重なっている事に気が付いて、9月18日に自宅
の管轄市役所・担当部署にTELを入れた。

男性職員が応対してくれたのだが、最初の説明では

   「来庁して・手続きしてもらわないと、国民健康保険は切り替え出来ません」 

と、言うものだった。

群馬に常駐して勤務しなければならない私が帰れるとしたら日曜日に帰るしかない事等を説明して
郵送等の方法が無いかと打診するも、

   「平日に来庁して本人確認して届けてもらうのがルールになっている」 

との一点張り、

   「私の名前や住民基本台帳等から社会保険料が支払われている事が確認できるはず、
    書類が必要なら郵送で処理する方法があるはずではないか?」

と、確認するも、

   「住民基本台帳や他の部署のデータを見る事は【個人情報保護法】の為出来ないので
    我々の部署としては、被保険者が直に来ていただくしか確認出来る方法がない」

との一点張りで、らちが明かない。 ついに私の堪忍袋も限界、「上司に変われ!」 となったが
しばらく席を外した後、上司では無く再び本人が出ていわく、

   「上司に相談の結果、特別に郵送で対応するそうです」

と、言うでは無いか。

   「何が特別だ! 出来ると言うことではないか!」 と、つい言わずに居られなかった。

と言う様なスッタモンダが有って直ぐに書類を、群馬県の寮へ送って貰う事になったのだ。 が、
1週間経っても2週間経っても着かないので10月4日、再度市役所にTELをした。

今度は女性の職員が応対してくれたのだが、履歴を調べてくれた彼女の説明を聞いて、前回対応
した男性職員に、改めて≪彼≫ならさもありなん、と、怒る気も失せた。

確かに、「次の日に群馬に送ったらしいのだが、住所を間違えて送った為返却され、改めて茨城
の自宅に再送してある」
・・・・・との事であった。

そんな対応でいいなら、最初から自宅へ送れと言う。 自宅へ帰れないからTELしたのである。

「≪彼≫ならさもあらん」 と思ったのは、こちらが住所を伝えた直後に再確認する事も無く、ま
た電話番号の確認も無くいきなり電話を切られてしまって居たからである。

反面、今回の女性職員の電話応答は素晴らしかった

私から一連の状況説明を聞き、内容を復唱して確認をすると、

   「大変申し訳ありませんでした、私自身で少し調べて見ますので少しお時間を・・・」

と、言い  「今日中に私から何らかのご返事を差し上げます」 と言う事で、待つ事約1時間。

   「大変お待たせ致しました、確認が取れましたのでご報告致します・・・」

と言う、女性職員からの報告が入った。 要旨は次の通り、

   1. 「国民健康保険 → 社会保険への変更手続きの件・・・・郵便で可能」

        【本人確認も、こちらで(同庁舎部局間で)出来たとの事】

   2. 「新しい必要書類は群馬の方へ “私が” 責任を持って本日発送致します」

と、言う事だった。

おまけに、男性職員が【個人情報保護法】の為、当方では調べられないと言って居た 社会保険
加入日(6月1日)や、納付金額迄調べて来てくれたでは無いか!

勿論、後日、手続き用の書類が群馬の私の手元に送られて来た事は言う迄もない。
(しかも、発送の翌々日には郵便物が届いたかどうかの確認TELを入れる入念さである)

私にして見たら、女性職員の対応はパーフェクトである。

男性職員の、あれ程かたくなに 「出来ません」 と繰り返した内容を、僅か1時間の間にすべ
てを調べてくれたのである。

あの 「出来ません」 は一体何だったのだろうか? ・・・・ プロローグの 1~5項目のいず
れに当てはまるのかは、読者のご判断にお任せしたいと思います。

 

エピローグ


  「出来ません」  と言う事は簡単だが、無責任に「出来ません」って言う前に

         「出来る様にするにはどうしたら良いか」 を考えて欲しいものである。

  最後に、しっかりフォロー出来る女性職員がいらっしゃった我等の市庁舎職員達に、一筋
  の光明を見せてもらった気がする。

  「有難う! 女性職員!」

     「見習え!男性職員! ゴタクを並べる前に自ら汗を掻け!」

  これ本音。

  ただし、此処で挙げた、【男性職員】と【女性職員】は市職員全体の男女を区別した総称
  ではありませんので誤解の無い様に
お願い致します。

  あくまでも、今回私に対応してくれた職員の個人名では差し障りが有るのでイニシャル代
  わりに使わせてもらった仮名とお考え下さい。

    (それこそ、個人情報保護法に触れない様に配慮させて頂きました)

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

アイテム

  • 上高地  6.JPG
  • 上高地 5.JPG
  • 上高地  4.JPG
  • 上高地  3.jpg
  • 上高地  1.JPG
  • 上高地  2.JPG
  • 河童橋ライブカメラ 2013.10.29(09時頃).JPG
  • 上高地 (大正池).JPG
  • 上高地・穂高周辺地図.jpg
  • 上高地(640×252).jpg
  • 河童橋ライブカメラ 2013.10.28(17時頃).JPG
  • ブッポウソウ (300×210) と コノハズク (300×210).jpg
  • 2005.11.07 田代池・上高地.jpg