2013年11月アーカイブ

11/17(日曜日)所用で関越トンネルを越える事になっっていたが、10日には関越トンネルの先、
南魚沼一帯に初雪が降って いつもより早い初雪に人々が驚かされた。  中1日置いて12日には関越自
動車道が雪の為通行止めになる程の 2回目の里雪となり、里人を更に驚かせた。
そんな心配な状況だったのだが、運良くその後の天候回復で道路の雪は消えて、17日の当日は快適な
ドライブ日和となった。

今回は、所用のついでに誰が名付けたか知らないが「東洋のマッターホルンと呼ばれる、谷川連峰の一画
にそびえる「大源太山」を眺めに行って来たので写真を紹介しましょう。

 

東洋のマッターホルン

私が山歩きを始めて3年目の夏だったと思うが、谷川連峰を2泊3日で登った時この山を下山コースとして通った
事がある。
その時は、今回行った「大源太湖」(ダム湖)も無かったと思うし当然車の通れる道も無く、ひたすら杣道を歩いて
岩原迄歩き(当時岩原駅はスキーシーズンだけの駅だったと思う)、バスで湯沢へ出た記憶がある。

それが今、改めて来てみたら便利になったものだ。  途中、「加山ゴールドコーストスキー場」 (加山雄三のプラ
イベートスキー場)やゴルフ場が出来、記憶の風景は一変していた。
変わって居ないのは周囲の山容位だろうか?  そんな中でも「大源太」の山容は見事!

   ♦ 40数年ぶりに見る「大源太山」
           (その頃は、東洋のマッターホルンなんて言う人は居なかったけど)
2013.11.17  029  (大源太).JPG

大源太湖の湖畔(ダムの堰の所)より、初雪の残雪が彩を添えて綺麗だった。

上流(対岸)に見える化粧柳(?)の林の所まで行くと、紅葉と青空 そして初雪のさらに素晴らしい
風景が待っていた。

   ♦ 初雪の残雪がアクセントとして効果的
2013.11.17  002  (大源太).jpg

2013.11.17  012  (大源太).jpg

   ♦ 大源太湖に注ぎ込む大源太川の畔にて
           (この人、最高の天気男、私との旅は4回とも快晴。 只今記録更新中!)
2013.11.17  011  (大源太).jpg

   ♦ 足元の川底を覗くと
2013.11.17  010  (大源太).jpg

一体何匹居るのだろう?

再び湖畔に戻り、

   ♦ 堰の上に架けられた吊り橋
2013.11.17  026A  (大源太).jpg

吊り橋からの眺め

   ♦ 対岸(上流)の紅葉と大源太山 (奥の山は谷川連峰の一部)
2013.11.17  022A  (大源太).jpg

   ♦ 吊り橋から見た下流
2013.11.17  035  (大源太).jpg

   ♦ 吊り橋の下に群れる魚影
         (特に飼っているのでは無いらしいが禁漁で、餌も売られていた)
2013.11.17  036A  (大源太).jpg

2013.11.17  038  (大源太).jpg

   ♦ ボート乗り場にて  (ウォークマンのCMではありません
2013.11.17  044  (大源太).jpg

 

   ♦ 周辺地図 (Yahoo MAP より)

大源太山.JPG

 

ご覧の様に絶好な天気に恵まれ、僅か1時間程度しか滞在出来なかったが、心洗われる風景を堪能させて
貰った寄り道でした。

アイソン彗星

| コメント(2) | トラックバック(0)

 

天体ショー


昇君の投稿、「八海山一合目・・・」にもコメント投稿して置いたが、今月末~12月上旬の
( 厳密には、11/29を中心として前後約1週間=トータル2週間 )の間 良い天候なら夜明け
前(日の出前)、 「アイソン彗星」 の天体ショーが肉眼でも見られるそうだ。

しかも、今回は太陽のすぐ側なので、誰にでも探しやすい。

この彗星は太陽の近くを通る為、太陽に最接近する 11/29 には太陽光に隠れて 肉眼では見え
ないらしいが、彗星の明るさでは2番目位の明るい彗星になると期待されている。
  (今迄の観測史上一番明るかった彗星は 「ハレー彗星」 、との事)
ただ、「アイソン彗星」はあまりにも太陽に近い軌道を通る為、蒸発してしまい、11/29以降
見る事が出来なくなる可能性もあるとの懸念もある。

また、季節がら、魚沼盆地の朝方は霧が出易い地形の為、自宅からは見られる確率は少ないか
も知れない。
 

魚沼周辺の観測ポイント

ここでは八海山をフレーム内に入れる事にこだわった観測ポイントを紹介しましょう。

   ♦ ポイント概要MAP ( 〇 印  が推薦地域 ・・・松代の左、星峠は割愛しました)
松之山・美人林 広域.jpg

 

【星峠を除き、 上記MAPのエリア (と、 見える位置)】


・ 【五日町スキー場】 ・・・・・・・・・・ 同地設置の雪国ネットのライブカメラでも映る可能
                       性あり (八海山の右上)

   ♦ ゆきぐにネット・八海山ライブカメラより
五日町スキー場より.jpg

 

・ 【坂戸山・山頂】 ・・・・・・・・・・・ 昇君がブログの中で見せてくれてる光景 (八海山の右上)

 

・ 【発箇峠・枡形スキー場~魚沼スカイライン各ポイント】
              &【石打丸山スキー場】等 (八海山の右上~中の岳の右上)

   ♦ 発荷峠・魚沼スカイライン、枡形山付近より
魚沼SKL・枡形山付近より (1280×816).jpg

 

   ♦ 石打スキー場 (写真は「石打MTグランビュースキー場」より・・中の岳の右上あたり)
           石打丸山スキー場でも同様だが、リフト営業してない為無理か?
石打スキー場より (1280×816).JPG

 

・ 【十日町:北鐙坂(あぶみざか)】 ・・・ 信濃川西岸・河岸段丘上付近(越後三山の右上)

   ♦ 十日町・信濃川河畔「北鐙坂」よりの越後三山
十日町 (1)・北鐙坂より (1280×816).jpg

 

・ 【星峠】 ・・・・・・・・・・・・・・・ 松代から更に左、棚田で有名な撮影スポット、棚田
                       を見下ろす位置から遠くに、越後三山としてひとつ
                       の山の様に見える (その越後三山の右上)
                       (太陽の昇る方向、下=棚田は雲海かも)

   ♦ 星峠 ・・・ 「棚田」と「越後三山」
        テレビ朝日放映、「奇跡の地球物語」(棚田米コシヒカリ美味の秘密)より
十日町 (2)・星峠「棚田」 (1280×816).jpg

十日町 (3)・星峠より越後三山 (1280×816).jpg

    ちょっとひと言

  星峠を始め、魚沼スカイライン等は道が狭い為、暗い夜道は特にご注意の事。
  特に、 星峠では農道に入り込むと、軽トラックしか走れない道に 迷い込む可能性がある為 と、
  明け方狙いのアマチュア写真家が多く入り込むので、事故に巻き込まれない様注意しましょう。

  朝晩は特に冷える時期です、防寒には十分配慮される事をお薦めします。
  (カメラの予備電池や手袋・ホッカイロなんか、案外役立つでしょう)

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

アイテム

  • 大源太山.JPG
  • 2013.11.17  044  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  038  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  036A  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  035  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  022A  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  026A  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  010  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  011  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  012  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  002  (大源太).jpg
  • 2013.11.17  029  (大源太).JPG
  • 石打スキー場より (1280×816).JPG
  • 十日町 (3)・星峠より越後三山 (1280×816).jpg
  • 十日町 (2)・星峠「棚田」 (1280×816).jpg
  • 十日町 (1)・北鐙坂より (1280×816).jpg
  • 魚沼SKL・枡形山付近より (1280×816).jpg
  • 五日町スキー場より.jpg
  • 松之山・美人林 広域.jpg