2013年5月アーカイブ

3月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

3月です

まだ外は一面の雪野原で、見た目は真冬と変わりませんが、日ざしは日一日と強くなり、春の陽光が野山を駆け巡ります。
朝、雪面にしみが張り(アイスバーン状態になり)全世界、どこでも自由に走りまわることができます。
子供たちは道なんて関係ない、好きな所を歩いて学校に行きます。これをしみ渡りと言います。
 

1しみわたり.gif

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日 

 

 

14しみわたりx.jpgしみ渡り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日

 

 

2あっぱ.gif


アッパまき


しみ渡りは危険が伴うので、行ってはいけない場所がありました。
藤原の場合――、
道から大きく外れ野際サイドに迂回すると、池田川橋の上流あたりに篤農家の畑(田んぼかもしんない)があって、そこには大量のアッパ(糞)がまいてありました。
冬の間たっぷり貯め込み、じゅうぶんに醗酵(はっこう)させたアッパです。
これをまくことによって、そこだけ早く雪が消える。消えた後、下肥になる。といった一石二鳥の効果を狙ったものですね。
うかつにそのエリアに足を踏み入れると・・・そのあまりの臭さに、
頭はクラクラ、鼻はバカになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1しみk.gif

 

 

 

もっと危険なのは川。
雪におおわれて、表面上は平地ですが、下はマンホール状になっていて、地下水流がある。
雪は下部から解けだし、3月になるとマンホールは日ごとに大きくなり、水量も増します。
うっかりこの上に乗って落ちたら、出場所がない。
まあ、死ぬしかないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日

 

さんげつみっか(三月三日)

 

3getui.gif

2getu3hi.gif

 

 

 

 

浦佐・普光寺の祭りで通称「サンゲツミッカ」。

そもそもは、1月3日に毘沙門堂の御開帳があり、この日はたくさんの信者が集まり、そこでは施しがなされていた。

これが祭りの端で、後の時代に3月3日に移された、のだそうです。

施しとは、いってみればバラマキ。ちょうど家を新築した時のモチまきをイメージしてもらえばいいかな。弓張提灯や福モチといった縁起ものをばらまく。信者たちが、我先にとこれに群がる。

サンヨーサンヨーという声が飛び交う。漢字で書くと参与。

まく方が発するサンヨーは。(参与して)あげます、という意味。

拾う方が発するサンヨーは。(参与して)ちょうだい、というおねだり意味。

 

この掛け合いがだんだんエスカレートして堂内は、押し合いへし合いのキリモミ状態になる。

そうしているうちに人息と熱気でもうもうと湯気が立ち込め、汗だくになる。

熱いので着物を脱いで裸になる。またある者は外に飛び出し手水鉢(ちょうずばち)の中に飛び込む。

 

3月の雪国の夜である。手水鉢の水は凍てつくほどに冷たく、キンタマがちぢみあがる。

こりゃあたまらんと再度、堂内に戻り、押し合に加わり、さらにエスカレートしていく。

大昔はこのようにして行われていた。

それが時代とともにパターン化し、まず裸になり、水行して、押し合いに参加する――という今の形式になった、と聞いたことがあります(ほんとのとこは知らんけど)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また近くに国際大学ができてからは、けっこう外国人の参加者もあるらしい。

 

もうひとつ、この祭りの付きものに大ろうそくがあるのだが、その意味は知らない。

 

 

 

 

 

 

 

それから、関係ないんだけれど――、

サンヨ(バラマキ)とオネダリの構図は、昭和における田中角栄とこの地方を、ちょっとだけ連想してしまいます。

そういえば、浦佐駅の玄関口に角栄さんの肖像が立っています。

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


4日  

 

15ねこやなぎ.jpg

 

 

 

ねこやなぎ

雪どけは川のほとりから始まる。

表面を覆っていた雪がなくなり、川の姿が現れると、マンサクが咲き、ネコヤナギが春を告げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

16まんさく.gifまんさく

 

豊年満作の満作、それから万作、金縷梅などの字があてられます。でも語源は「まず咲く」で、これは東北地方で「まんずさく」が訛ったものと言われています。

面白いですね、ふつうは「まず咲く」が訛って「まんず咲く」になるんだけれど、東北では「まんず咲く」が標準語だから、これが訛ると「まずさく→まんさく」になるわけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日

 

5へくさ虫.jpg

 

 

けいちつ(啓蟄)

 


啓蟄とは虫が土から出てくる日ですが、魚沼地方まだ一面の雪野雪で、土そのものが顔を出していない。したがって、虫なぞ出ようがない。

「いや、おら家ではもう出てきた。ぞろぞろと」
「ほんとかよ。おらあ、昆虫好き人間だから、ぜひ見たいな。手に取って しみじみ匂いもかぎたい」
「いいとも、家へ来な。そしてたっぷり匂いをかぎな、しみじみと」

スキー宿では、乾燥室などの関係で、夜間もストーブをつけっぱなしにしておくので暖かい。
これを春の暖気と勘違いしたのか? 冬でもゾロゾロわいてくる。--ヘクサ虫が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

6日 

 

3火の用心.jpg

 

 

 

 

火の用心

これは子供の仕事。2人1組の輪番制。私のパートナーはとなりのカツオ。

でも小学1年の時だけだったような気がするので、昭和20年代までの習慣だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

7日

 

 

 

4花いちもんめ.gif

 

 

 

 

 

 

花いちもんめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

8日 

 

 

 

21寒梅.jpg

 

寒梅

 

 

 

魚沼は梅、桜、桃が一度に咲く。
でも、雪の中に咲いている梅を湯沢で見ました。
そういう種類なんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

9日 

 

 

17かもしか.jpg

 

かもしか

 

岩原スキー場の第3リフトを降りると、リフト番をしていたおじさんが、
「あそこにカモシカがいますよ」と、指差してくれました。
遠目ですが、山すその木の間を、ゆっくり移動していました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日

 

 

 

1卒業.jpg

 

 

卒業

 

 

 

3月はまた別れの月。
ずーっと一緒だった学友とも別れなければなりません。
図は、昭和30年代の卒業式。送辞(答辞かも)を読んでいるところ。
卒業式の歌は「ほたるの光」か「仰げば尊し」だったが、こんな歌も記憶にあります。

~♪年月めぐりて早ここに
  卒業証書受くる身と
  なりつる君らの嬉しさは
  そもそも何にかたとうべき

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日

 

 

雪さらし

12しおざわ.jpg

 

塩沢の風物詩、越後上布を雪にさらすシーン。

雪中に糸となし
雪中に織り
雪水にそそぎ
雪上に晒す

雪ありて縮あり
されば越後縮は雪と人と気力相半ばして、名産の名あり
魚沼郡の雪は縮の親といふべし

『北越雪譜』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日

 

12じゅうにこう.jpg

十二講

図は『城内郷土誌・貝瀬幸咲著』の表紙に載っていた昔の十二講風景。

新堀新田では今でも続いているようです。友通ページに詳しく載っています。

 

 

 

 

未だ雪の残る早朝、鎮守様に集まって、名前は忘れたがもち米をすり鉢で擂ったものを持ち寄って、お互いやり取りして食う。そんなもんでも子供としては楽しみだった(雄)。

 

懐かしいな。

子供の頃、オラしょ(家)の斜め裏がエンキョ(屋号・岡村性)で上原の鎮守様の横の家だった。
鎮守様からコウエン墓の森に向かう道の入口を挟んだ左側の家と言った方がわかり易いかな?

そのエンキョ(多分「隠居」の事とは思うが確かめた事は無い)のショが家の前の畑(オラショの真後ろ)で毎年行う行事がこれ、【十二講】だった。(最も、これが【十二講】である事を知ったのは還暦過ぎて【城内郷土誌】を見て以降だった)

雪面の畑の上に雪で祭壇を作り、祭主(エンキョの親父)が備えものとお祈りをした最後に、

 「テッジョウ(天上?)くり、ヤマ(山?)ックリ
    XXX XXX・・・何て言っているか覚えていない・・・
  スッテンドー~!」

って叫びながら天に向かって弓矢を射る姿が目に浮かぶ。 祭り事はそれで終わるのだが、

 「スッテンドー~!」と叫ぶ前の「XXX XXX・・・・」の言葉、覚えて居ないのだが、何だかかなり“H”な内容だった様な?気がする(Q)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

13日 

 

 

13一宮.jpg

 

一宮の市

 

ザルやミノといった生活用品、あるいはクワやカマといった農機具が、大々的に並ぶ市。
もともとは2月の初申の日に行われたそうですが、一宮神社の祭礼にあわせて、この日に変えたそうです。
魚沼では浦佐の「さんげつみっか」に次いで知れ渡っていて、この日は大沢駅から魚野川を渡って大里(中の島)にあるこの神社まで、ズラーっと人の列ができたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

14日

 

 

11かぐら?.jpg

 

 かんずり

 

妙高の風物詩 かんずりの雪さらし

秋に収穫したトウガラシをいったん塩に漬ける。
冬、これを雪の上にまいて、3~4日さらし、塩抜きをする。
このことによって尖った辛みが抜け、マイルドな味になる。

「よおし、酒のサカナにちょっと失敬しよう。なーに、数本ならわかりゃあしない」
などと、誰もいない時を見計らってポッポし(盗み)に行っても、まだ食べれない。
ここから先、かんずりになるまで3年かかるらしい。

雪さらしの後、柚子や塩を入れた糠(ぬか)床をつくり、再度漬けこむ。
かき混ぜ作業を繰り返しながら3年間寝かせる。しかるのちに初めて製品になる。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日 

 


うろ(穴)


川のマンホールがどんどん拡大していくころ、似たような現象が木の根元からもおこってきます。
根元の部分から雪が消え、その周囲が穴になります。これを「うろ」と言ったようです。
このころになると、雪はまるで音でも立てるように、ガサッ、ガサッと勢いよく消えていくのです。
 

 

3uro.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやっ 陽気に誘われてウサギが出てきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

16日 

 

 

19うさ.jpg

 

 

うさぎ

 

ウサギは、何かの気配を感じたようた。瞬転、身をひる返して走り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょう16日は「しろう様」といい、 蚕の豊作祈願。女衆が集まって、ごっつおを食べたり、甘酒を飲んだりした。

 

尾簿1.gif

 

17日

 

 

19まるかけ.jpg

 

まるかけ

 

 

ヒューン、ブーメランのようなものが頭上をかすめていきました。
ウサギはうろの中に飛び込みました。
そこで死んだふりをします。ワシやタカが相手だとこれで助かるのですが、今日は相手が悪かった。なんしろ悪がしこい人間。
それでつかまってしまいました。
東北地方ではこれを「まるかけ」と呼んでいるそうですが、魚沼にもあったとiいうことは、以前どこかで入れていただいた、Qサンのコメンで初めて知りました。


以下、Qサンのコメントの引用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19まるかけq.jpg

 

 


まだ小学生の頃だったが春まだ浅い良く晴れた寒い朝、しんばいこんばい(凍み渡り)をして田崎の先のサクリゴウ(三国川)の河川敷・雑木林でアカッキ(枝が赤い小木)の枝を探して居たら、突然頭上を「バサバサッ」と何かが通過した。
なんだ?!  と、周りを見回すと、ミノ・笠姿の爺さんが小走りに、とある雪のウロ(穴)に駆け寄って、なんと野ウサギを掴み出した。
聞けばイカゾウ(五十沢)の猟師だとの事。
ウサギやキジ・ヤマドリなどは地上に居る時、天敵の鷹や鷲の羽音を聞くと近くのウロに飛び込んで、しばらく動かなくなる習性があるそうで、米俵の蓋を投げると鷹や鷲の羽音に似せられるのだそうだ。
そう、さっきの「バサバサ」音はこの音だったのだ。
この爺さん、かなりベテランらしく出会った時捕まえたウサギはその朝3羽目だった。
投げ方を教えてもらったが、その後の人生で一度も成功した経験は無い。
やはり投げるタイミングや投げ方にノウハウが有りそうだ。
そんな猟が出来る場所も人材も、今は昔の話になってしまったな~。(2012 12 28Q)

 

 

 

 

 

 

 

 

※余談・狸寝入り
タヌキはたいそう臆病な動物で、強いショックを受けると気絶して仮死状態になる。
これが周囲から気配を消し、外敵から身を守ることになるのだそうです。だから狸寝入りは生きのびるるための秘策。
もしかしたらウサギにもそういう傾向があるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

18日 

 

 

なだれ.jpg

 

 

 

なだれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

19日

 

 

26みのむし.jpg

 

 

 

 みのむし(蓑虫)

 

形が蓑(みの)に似ていることからミノムシ。
ミノガの幼虫が周囲の木や葉の繊維を使って、繭(まゆ)のようなものを作り、その中でサナギになった(で、いいのかな? 違うかな?)。


この幼虫を飼育して、飼育箱の中に糸クズや毛糸を入れておくと、それを材料にミノを作るそうですよ。
 


みのむしの音をききにこよ 草の庵(芭蕉)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

20日 

 

 

やまびこ

27やまびこ.jpg

 

何にもない雪の原野。

まるでワンポイントアクセサリーのように、緑の繭(まゆ)が木にぶら下がっています。

風が吹くとカラカラと音を立てることからヤマビコと呼ばれています。

実はウスカビガのまゆ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

21日 

 

 

6けやき.jpg

 

 

けやき(欅)

 

南魚沼の三名木は雷(いかづち)の大けやき、薬照寺(大沢)の大かつら、法音寺(城内)の大いちょう。

これはそのうちの雷の大けやき(雷新田かもしんない)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日 

 

 

9はだか木.jpg

 

 

はだかぎ(裸木)

 

裸木は見た目、枯れ木と変わらない。でもまぎれもなく生きています。
例えばケヤキの大木の下に行くと、あたり一面、おそろしいほどの「気」が漂っているのがわかります。

北風に吹きつけられ、雪にさらされ、それでもなお「りんとして寒に立ち向かっている」そんな感じ。
これがあればこそ春、あの息をのむような見事な新緑に変わるのでしょう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春近し

 

3-22jyou.gif

昭和30年代の上原遠景
手前に宇田沢川。左手にゴウドウ(城内製糸)。右手に城内小中学校。
Qさんから頂いた当時の写真をイラスト化してみました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日

 

 

23じいじ.gif

 

 

 じじいごたち

 

春分の日(秋分の日も)は太陽が真東から昇り、真西に沈む。
その沈む方向を目指してどんどん行くと――、
今の地球は、一周して元の所へ戻ってしまうけど、昔の地球は、ある所で終わった。
そして、その彼方に岸が見え、極楽浄土(ごくらくじょうど)があった。
これが彼岸。

そこには私たちの祖霊(それい・亡くなったお爺さん・お婆さん、そのまたお爺さん・お婆さん・・・)がいなさる。

「じいじごたち」とは、里帰りする祖霊たちを迎えるため、彼岸の入りに子供たちが歌った歌。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日 

 

 

1kirize.gif

 

きりぜえ

切菜と書くのかな?
漬菜(野沢菜漬け)を細かく切って、納豆とまぶしたもの。
ご飯がいくらでも入る郷愁の味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日

 

20集団就職.gif

 

 

 

 

集団就職

 

昭和39年の東京オリンピックのころがピークだったろうか? 新潟や東北の子が東京へ就職した。


まだ15歳、やはり別れがつらいのだろう。汽車の窓越しにカッカ(母親)にくっついて泣いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 ふくじゅ草

2ふくじゅ草.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日

 

 

22いぬのふぐり.jpg

 

 

いぬのふぐり

 

ひどい名前やね。
フグリってキンタマ・・・いやキンタマ袋のことだろう。
何ちゅう・・・。
犬のキンタマブクロみたいなもん、しみじみ観察したことないからよく知らんけど。

早春をいろどるルリ色の可憐な花だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

24ひめおどりこ草.jpg

 

ひめおどりこ草

 

冬期間、湯沢で暮らしている私は、ちょうど単身赴任者のように、1ヶ月に1回里帰り(?)します。四日市へ戻る。
すると、日本列島は長いとつくづく感じます。
向こうはまだ雪の中ですが、こっちの日だまりには、イヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウが3点セットのように咲き、公園では(名前は英語なので分からないが)菜の花系統の園芸種が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

25ほとけのざ.jpg

 

ほとけのざ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

28日 

 

 

23公園の花.jpg

 

公園の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

29日 

 

 

29きんりょう.jpg

 

 

 

 

きんりょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日 

 

 

30あおな.jpg

 

 

 

 

大崎菜

雪の下で、すでに緑の葉を出している野菜、城内でいうところの青菜。
大崎菜とはこの青菜のこととばかり思っていましたが、どんでもない思い込み違いでした。

青菜はたぶんナバナ系統で、花芽も食べます。
大崎菜は、野沢菜系統だそうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

あおな

aona.gifむかしは冬の間、青物野菜のない雪国でこれが食卓にのるようになると、「ああ春だなあ」と気持ちがうきうきしたもんです。
たぶん、秋に種をまくのでしょう。雪の下で発芽し、雪の下から葉が出てきます。
いわば野菜版・春一番というところですね。
もっとも、一番葉は(ちょうどキャベツの外側の葉のようなもんで)食べられませんが、数日をまたずしてどんどん葉が増えてきます。

これを青菜と称し大崎菜のこと――とばかり思っていたのですが、どうやら私の思い込み違いで、
ナバナが正解のようです。
たしかホウレンソウも同じような作り方(秋まき)をした、と記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

31日 

 

浜千鳥.gif

 

 

浜千鳥

大正6年、若き日の鹿島鳴秋氏が、柏崎の友人のところへふらりと遊びにきて、浦浜から番神海岸を歩いた時、ポケットから手帳を取り出し書きつけたのが、この浜千鳥の詩だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

追加

 

 

 

 

 

ハイビスカス

1はいびすかす.jpg

雪国では雪の中、キタンバイとやらにたかられて、さぞ往生してなさっていることでござんしょう。
ここ沖縄では、もうハイビスカスが咲いていますよ。

いやー、もう・・・
あっしのほうは女にたかられて往生しておりやす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

9岩原.jpg

 

岩っ原

 

2月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

 

2月です。

「だんだんどうも、ごにょごにょごにょ・・・」
「だんだんどうも、ごにょごにょごにょ・・・」
雪国の人は礼儀正しい。いくら気の置けない仲でも、道で会うと必ずこう言って、3べんづつ頭を下げ合います。

 

0ゆきみち.jpg

「ごにょごにょごにょ」のところは語尾がだんだん小さくなって、何を言っているかわからない。
よく葬儀のとき「このたびはご愁傷様でした。ごにょごにょごにょ」と語尾をだんだん小さくしますよね。あんな感じ。
当の本人も何を言っているかわからない、のだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日

 

 

1雪だるま.jpg

雪だるま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日 

 

 

2こんばっかち.jpg

こんばっかち

 

口の悪いスキー仲間は、信州のパウダースノー(粉雪)に対して、上越の腐っれ雪などとぬかしてけつかる(おれも口が悪いけど)。
グーラ雪と言ったかな? 水分が多い。


そのため、握るとすぐ固まる。しるが出るほどぎゅーぎゅーに固めて、この球をぶつけっこする。割れた方が負け。
これをこんばっかちといいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2まめ.gif豆まき

 

立春の前日(2日または3日)は節分で、豆まきをする。旧暦時代は大みそかに行われました。

[福は内、鬼は外」と言って、家の中に巣くう鬼どもに豆をぶつけて追い出す行事です。、

追い出された鬼は、寒空に腰みの一つの裸でさまようことになります。

鬼とは、その家に禍(わざわい)をもたらす厄(やく)を象徴したもの。

貧乏、災害、病気、交通事故、受験失敗、失恋、リストラ・・・

我々の年代になるとボケ、老化、そして死、ということになりますね。

これを追い出しましょう。

 

ところが地方によっては、「福はうち、鬼はうち」と言いながら豆をまく風習もあるそうです。

外をさまよっている鬼を「なんぼか寒いべす」と、家に招き入れ、酒をふるまってもてなすわけです。

鬼はうれし涙を流しながら、酒をよばれます。

 

敵を根絶やしにするまで叩きのめすのではなく、あるところで妥協し、そっと逃げ道を作っておく。

そうすることによって、鬼はもうその家に厄害をもたらしません。

そうしないと、もっと悪い鬼に進化して、またとりつく。新型ウイルスと抗生物質の関係に似ていますね。

 

昔の村落共同体には、そんな知恵がありました。





 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日

 

 

3スキー.jpg スキー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

4日 

 

 

4そりa.jpg

そり

ミカンの空き箱に古くなったスキーを打ち付けてソリを作ってもらった。
モウソウタケを二つに割って、火であぶり、足にすることも。
この地方は、ミカン箱でなくてりんご箱だったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日 

 

 

5ずいのーa.jpg

ずいのー

雪でつくったすべり台。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

6日

 

 

6ふろの日.gif

ふろの日?


ヘヘーン、今日は2(ふ)月6(ろ)日だから、たぶん風呂の日だな。そうに決まっている。
と思ってネットで検索してみたら違っていた。11月26日が「いい風呂の日」だそうです。

ところで、
私が冬季間生活している湯沢のマンションは、何もいいとこないが、一つだけ、大浴場がいい。高半ホテルより大きいし、明るいよ。
定住者は東京方面からのリタイヤ組が多く、みなさん紳士で、風呂のマナーもちゃんとしています。

気持ちよく朝風呂につかっている時のことでした。隣に老紳士が入ってきた。
「新品ですので、ちょっとだけお湯につけてもいいですか?」
とタオルを見せる。もちろん新品ならOK。
こんなささいなことまでちゃんと断るなんて、やっぱ、東京人は礼儀をわきまえているし、気配りもできている。このへんが関西人(特に河内のおっさん)と違うところ。


何に使うのだろうと見ていると、テルテル坊主のような形にふくらまして、湯の中へ引きずり込んで、握りつぶす。
ブクブクとアワがたつ。
何と、いい年をして、子どもみたいな他愛のない遊びをしてました。

 

 

 

 

 

6ふろの日q.jpg

 

 

 



ところが、そのアワがゆら~と、こっちに浮いてきて、鼻先でパチンとはじけた。
くっさ!
ヤロー、へをこいて、それをタオルのブクブクでカムフラージュしやがった。

そ、それにしても・・・、
「あんた、夕べ、なに食った?」
「玉ねぎ。生のまま まるごと一個」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

7日

 

 

7こたつ.jpg

 こたつ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7こたつ他.jpg

 

 

あんか ひばち じゅうのう(十能)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

8日 

 

 

8すとーぶ.jpg

ストーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

9日 

 

 

するめ.gif

スルメ焼き

スルメはストーブで焼くに限ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日9日は、初午。小豆飯を稲荷様にあげて豊作祈願。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hamannbo.gif

 

 

はまんぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日 

 

 

10わかさぎ.jpg

 

 

わかさぎ(公魚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10わかさ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日 

 

 

11あわび.jpg

あわび(鮑)

 

あわびはちょうど殻が二枚貝の片方だけのように見えることから片貝。
その「片」に「片思い」の「片」をかけて「磯のあわびの片思い」なんて言います。

語源は『万葉集』の「伊勢の白水郎の朝な夕なかづくてふ鮑の独念(かたおもひ)にして」からきているそうです。
すると磯のあわびはの「磯」は、伊勢のあわびの「伊勢」からの転化かもしれませんね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日 

 

 

12わたり.jpg

 

わたりかに(渡り蟹)



伊勢湾にいくらでもいます。
一時、絶滅危惧が伝えられましたが、いまはまた増えているようです。

食べ方は至ってシンプル。
鍋に湯を張り、ぐつぐつ煮え立ったところで、放り込む(生きたやつなら最高)。
甲羅の色が赤く変わったらOK。
ちょうど二枚貝を開く感じでパカンと二つに割り、甲羅と身を離す。
まず、甲羅の隅を指でなぞらってカニみそを出して、食べる。
次に身を食べる。
最後は、脚を折って、ガシガシっと歯で噛んで、肉を口の中へしごき落とす。
噛みカスをぺっと吐き捨てる。
こぶりでもけっこう食べでがある。
味は濃厚だけれど、くどくなくていくらでも食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

13日 

 

 

13がんぎ道.jpg

 

がんぎみち(雁木道)

 

♪~雪のトンネルどこまで続く

と『十日町小唄』に歌われているトンネルとは、このがんぎ道のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

14日 

 

 

14とりおい.jpg

鳥追い

 

2月に入って、雪の洞を作り始める。
当日の夜はその中で過ごし、上でワラ火を焚いて「鳥追い」の歌を歌う(雄)。

 

鳥追い歌のいろいろ

城内はイラスト内にある「♪~鳥追いだ 鳥追いだ だいろうどんの・・・」
塩沢湯沢方面は

♪ おらがうらの早稲田の稲を
  何鳥がまくらった
  すずめ鳥がまくらった
  すずめ すわ鳥
  一番鳥も二番鳥も
  立ち上がれホーイホイ
  ホンヤラホンヤラホーイホイ

♪ あの鳥ゃどっから追ってきた
  信濃の国から追ってきた
  何もって追ってきた
  しば抜いて追ってきた
  一番鳥も二番鳥も
  立ち上がれホーイホイ
  ホンヤラホンヤラホーイホイ


山古志地方では

♪ 一の一の憎っくき鳥は どうとサギと小雀
  しっぽ切って 頭(かしら)切って 
  塩俵(しょおだわら)に詰め込んで
  佐渡島へボイヤレ ボイヤレ

 

 

 

 

今日はバレンタインデー  元々はキリスト教由来の、聖の日(根拠はハッキリしないようだが)。今日本では本命男性の気を引くチョコを探して、女性が眼の色を変える。お菓子屋さんの陰謀か?(雄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14三八豪雪.jpg

さんぱち(三八)豪雪


写真は昭和38年の六日町上町通りの風景。
道が屋根と同じくらい高くなっています。
横から地下道のようなところへ降りると、そこが がんぎ道。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日 

 

 

15どっぽ.jpg

どっぽ


雪の落とし穴。
作り方は簡単。道の真ん中に穴をほり、やわらかい雪をかぶせておく。
するとそこに足をとられて転倒する。
夏の「草のわな」と同じように、いささか危険な遊び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

16日 

 

 

16ふかぐつ.jpg

 

 

ふかぐつ(深靴)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

17日

 

 

 

 

17ゆきげた.jpg

 

 

ゆきげた(雪下駄)

 

われわれ世代は雪下駄に情緒を感じますね。

雪下駄ではないけれど、ゲタがほしくなって買おうと思ったことがあります。
ところがいまどこを探しても売ってないんだね。
むかしは城内にも上原の角のあたりにゲタ屋サンがあったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

18日

 

 

18かくまき.jpg

かくまき(角巻)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yokkaiti0031.gif


 

 

 

 

かくまきは雪国女性の防寒具。なかなか色っぽいですね。
湯沢駅に駒子(小説『雪国』)のかくまき姿の人形が立っているけど、これが当時の芸者さん姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

19日 

 

 

19まんと.jpg

 

トンビとマント


女性のかくまきに対して、男性はトンビとマント。こっちはぜんぜん色っぽくないですね。
トンビはケーブのついた外套旦(がいとう)で旦那衆が婚礼や葬式などに着用した。広げるとトンビのように見えたためそういわれたとか。


マントは子供たちも、通学のときなども着用しました。
わたしたちが中学生になるころから、防寒着はアノラックに変わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

20日 

 

 

20よーぎ.jpg

よーぎ(夜着)

 

どてらではありません。冬用の綿の入った布団。
首回りが暖かい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日 

 

 

21なわない.jpg

むしろ(筵)作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日 

 

 

22はた.jpg

はたおり(機織)


塩沢の国道通りにある資料館で、女性従業員の方が、機織りをちょっとだけ実演してくれました。
トントンという音がいいね。

 

越後上布はこの後、雪にさらします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

城内雪と炎の祭典

 

今年も城内雪と炎の祭典開催の運びとなりました。

去年より参加箇所も増え、年々賑やかになってきました。

少し心配なのが雪の量です、なるようにしかならないのですが、その対策も少し考えておかないとと思っています。

皆様のご協力もお願いします。

2月q.gif

(写真・昇)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日 

 

 

23なべ.jpg

なべ(鍋)


こんな夜は、あつあつの鍋に限ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日

 

 

24ホワイトアウト.jpg

ホワイトアウト

地吹雪のこと。道が見えなくなるので、車を運転するときは、この現象が一番怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日 

 

 

25ホ きたんばい.jpg

キタンバイ

あんまり描きたくない画材ですが、これはシラミ。
地表に置くと北へ向かって這い出すのでキタンバイ(北ン這イ)とも言うそうです。

私たちのころは、さすがにシラミはもういなかったが(ノミはいたけど)、DDT(殺虫剤)が登場するまではすごかったらしい。
何でも服の襟の縫い目にズラーッと並んでもぐりこんでいたそうです。

でも利用価値もありました。
ホワイトアウトで方向感覚を失ったとき、襟から2~3匹抜き取って、地面に置く。
すると北ん這い(北へ向かう)。
磁石代わりになって、冬山でも遭難することがなかったそうです?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日 

 

 

26かりがね.gif

 

 

かりがね(雁)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

 

27すいせん.jpg

すいせん(水仙)

荒野や目立たない裏庭などにひっそり咲く、白い小さな花です。

北風に震えている風情はいかにも寂しい。

ところが同じ水仙でも(もちろん種類の違いによるものですが)魚沼地方は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

28日

 

 

 あほう鳥

28あほうどり.jpg「オーイ、カモメよ。どこまで行くんだい。江戸川を上って柴又まで行くんかい」
「ばーか、おいらはカモメじゃなくてあほう鳥。つまりあんたと同類よ」

冬になるとアラスカの方からやってきて、日本近海の島で繁殖した。
何しろアホなもんで、人間の姿をみるとよたよたと寄ってくる。それで次々と乱獲され日本近海にはいなくなった。
でもまだ尖閣諸島にはやってくるそうです。
したがって、図のように江戸川を上ってくることはありません。
 

 

 

 

 

1月

| コメント(1) | トラックバック(0)

 

正月です


新年明けましておめでとうございます.

旧年中ははずかしきことの数々、ひたすら反省の日々を送っておりますので、どうぞ見捨てることなく、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

0謹賀新年.gif

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日 

 

1つる.jpg

 

 

 

つる(鶴)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

2日 

 

2書初め.jpg

 

 

書初め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

1たこあげ.jpg

 

 

たこあげ(凧揚げ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

3日 

 

 

3はねつきa.jpg

 

はねつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

4日  

 

4ささだんご.jpg

 

 

笹だんご

 


「帰省していたんだってね。それで土産はどうした? 六日町土産は」
「うん、笹だんごにハッカ棒に車ふ」
「おっ、いろいろだね。早くおくれ」

「いや、おれが買ったのはそのうちの車ふだけ」
「なんだ、ふかよ。まあいいや、すぐおくれ」
「面倒なので、土産物屋から直接おまえ宛に送った」
「おかしいな。宅急便なら1日で着くはず。まだ着いてねえよ」
「そういえば、在庫切れだとかで、着が遅れると言っていたな。ちょと待ちィ」
といいながら、宅急便の控えを取り出す。

「10日着になっている。えーと今日が4日だから、あと・・・6日待ちィ(六日町ィ)」
(われながらくだれねえダジャレ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

5日 

 

5やぶこうじ.gif

 

 

じゅうりょう(十両)

江戸時代より園芸植物の一つとして栽培された正月の縁起物。

別名藪柑子(やぶこうじ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

6日

 

 

 

5じゅうりょう.jpg

 

 

 

せんりょう(千両)

正月の縁起物で、別名草さんご。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

7日 

 

 

7まんりょう.jpg

 

 

まんりょう(万両)

正月の縁起物で、別名藪橘(やぶたちばな)。

 

 

正月の縁起物は、ほかに――

いちりょう=別名蟻通(ありどおし)。

ひゃくりょう=別名唐橘(からたちばな)。

ーーがあります。どれも常緑樹のため冬でも緑の葉がつき、赤い実がなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

8日 

 

8あおき.jpg

 

 

 

 

あおき(青木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

9日 

 

9なんてん.jpg

 

 

なんてん(南天 )

中国の南天燭(しょく)の略。

庭木として「難を転ずる」ので、縁起の良い木とされ、鬼門(裏庭・北庭)に植えると良いなどといわれます。

また福寿草とセットで植えると、「災い転じて福となす」そうですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日 

 

10さざんか.jpg

 

 

 

 さざんか(山茶花)

晩秋から冬にかけての寒い時期に、みごとな花を咲かせる。

冬のツバキとどう違うの? 寒椿は園芸用作られたもので、ツバキとサザンカを種間交雑したもの。

ところで――山茶花と書いてなんでサザンカと読むんだろ、当て字かな? と思っていたら、これは音位転換だとか。

つまり山(サン)茶(チャ=サ)花(カ)でサンサカが正解。このンとサが音位転換してササンカ。

新(あらた)しい→あたらしい。秋葉原(あきばはら)→あきばはら。なども、音位転換したんだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

十日恵比寿(えびす)

ebedose.gif

 

恵比寿様は、城内ではオーべス様、一般的にはエベっさんと呼ばれ、今でも七福神の中ではもっとも人気のある神様。

この神様を祀ってある神社は、(他の神様を祀ってある神社に比べ)立派な建物が多いようです。

それは――、

恵比寿様が商売繁盛の神様のため、参詣人は商売人が多く、

商売人は金持ちだから賽銭や寄進も多く、

したがって建物も大きくなった。

――のだと思います。

 

今日は「十日恵比寿」といい、その恵比寿の正月です。

「十日恵比寿」で有名なのは兵庫・西宮神社の福男。

冬まだ暗い朝6時、大太鼓がドーンとなり、神社の表大門が開くと、同時に参拝者がワッとなだれ込み、本殿まで走りぬく。

1等から3等までがその年の福男に認証されるという、あれですね。

この日テレビをつけると、たいていどこかの局で中継していますよ。

 

 

 

 

 

 

ebessa.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

11日 

 

11おなが.jpg

 

 

おなが

平地から低山地の比較的明るい森林や竹林を好み、これに近接する市街地などでも見られる。
全長は 40cm 弱で、キジバトより一回り大きい。ただその約半分は尾羽。


1970年代までは本州全土で観察されたが、80年代以降、西日本から姿を消した。わずか10年足らずでなぜ西日本からいなくなったのかわからないが、東日本では増加の傾向にある。
――そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

12日 

 

 

いと.jpg糸車



塩沢名物・越後上布の工程は、雪消え時の野焼きに始まる。
荒野に芽を出した苧(お)をいったん焼き払う。2番目芽のほうが成長したとき長さが揃うためらしい。

※苧(お)とはカラムシの一種。青苧(アオソ)、赤苧(アカソ)がある。

春先、巻機山麓のあちこちに野焼きの煙が立つ。
初夏のころ、中之島から上田にかけて一面の苧畑が広がる。

盆過ぎに刈入れ、乾燥させる。

水に浸す。叩く。繊維を取り出す。煮る。絞る。糸にする。紡(つむ)ぐ。撚(よ)る・・・このように何十もの工程を経て、ようやく織物用の糸ができる。


いま、その糸を巻いているところ。
これから、いよいよ機織りにかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

13日 

 

 

 

13おしどり.jpg

 

 

 

 

 

おしどり

 

カモの親戚で、冬、池や湖にやって来ては、つがいで仲良く泳いでいます。
そのことから仲のいい夫婦をおしどり夫婦といいます。

でもこの鳥、けっこう飽きっぽくて夫婦関係は長続きしない。毎年パートナーを変えているらしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

14日 

 

14かまくら.jpg

 

かまくら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日 

 

 

どんと焼き

15どんと.gif

南魚沼出身者の「子供のころの冬の思い出」といえば、必ず出てくるのがこれ。
塩沢、湯沢、中の島、六日町・・・、でも城内ではやらなかったと思うが。
一度だけ六日町の現郵便局の裏手のあたりにある神社(だと思ったが)で行われたのを見た記憶がある。


別名、塞(さい)の祭りといわれ、道祖神(どうそしん)のお祭り。

ただ、もしかしたら魚沼地方では1月遅れの2月15日にやったんだっけ?

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

16日 

 

16冬柿.jpg

 

 

冬柿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日16日は「藪入り」といって、大店の小僧(奉公している少年たち)が実家へ帰る日だった。

また魚沼では、ほつけ(仏)様正月といって、女衆が前年亡くなった新仏のある家を回ったもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

17日 

 

17うそ.jpg

 

うそ

この鳥は夏は北の方の山中で生活し、冬、里へ下りてきます。

口笛を古語で「うそ」というそうですが、この鳥をそう呼ぶのは、その細く悲しげな調子を帯びた鳴き声を口笛になぞらえたのでしょう。
江戸時代には弾琴鳥とも呼ばれていたそうです。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

18日 

 

 

 

白鳥

8白鳥.jpg

白鳥といえば、水原の瓢湖(ひょうこ)。
昭和29年に、白鳥おじさんが野生の白鳥の餌付けに成功し、全国的に有名になった、とテレビで見た記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

19日

 

 

z2011-(73)縄.gif

縄ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 


20日

 

20きれんじゃく.jpg

 

 

きれんじゃく(黄連雀)

冬鳥で、寒さに強く雪が降っても大丈夫。
でも雪が降ると木の実がなくなるので、それを求めて南下していくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日 

 

21天牢雪獄.jpg

 

天牢雪獄

天の牢屋に入れられその中は雪地獄。
ここ4年ばかり、冬季間、湯沢生活をしていますが、まさに湯沢はそんなところです。
12月中旬から1月中は太陽の顔を出す日が極度に少ない。まさに太陽のない町――そんな印象です。

最初のころは天を呪いましたが、もう慣れました。
慣れると、スキーヤーにとってこれほどおいしい所はありません。
だって毎日、新雪が楽しめるわけですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日

 

22むぎふみ.jpg

 

 

麦踏

 

湯沢がが天牢雪獄のころ、山一つ越えた群馬県では緑の大地が開けています。
天気図を見ても西高東低のため、晴マークが並んでいます。


白一色から緑の大地へ、上越線に乗って一番に感じるのは、この違い。
緑は麦の色です。
でも最近は麦作農家がなくなったためか、車窓から見えるのは家並みや工場の看板ばかりで、緑はほとんどありません。東海道線と同じ眺めやね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日 

 

23ゆきおろし.jpg

 

雪おろし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーダンプ.gif

 

 

 

 

 

スノーダンプ

 

雪のダンプなんていうから、どんな大がかりなものかと思ったら

一輪車の車輪を外したようなもの。

これを雪面にさして、すくう。なるほど、シャベルやコシキより効率がよさそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

24日 

 

道踏み.gif

 

道踏み

 

大雪の日が続くと、道が雪に埋もれて、集落は孤立。
このため、暗いうちに起きて、道づくり。
カンジキで一足一足、雪を踏み固めていく。
たいへんな重労働です。
藤原(部落)の場合、メインの上原のほか、じけ(法音寺)、みょっち(妙音寺)とも、このやりかたで結んだはず。分担制、当番制で。
そうして道が出来てから、子供たちは一列に並んで登校したもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっちき.gif

 

かっちき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

除雪車.gif

 

 

除雪車

今じゃ、集落内には除雪パイプが通り、街道では大型除雪車(ショベルカー)が出動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日 

 

25除雪パイプ.jpg

 

 

除雪パイプ

道路の真ん中に点々と穴をあけ、そこに水道を通しておく。
これで道踏みの必要がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日 

 

26かなっくり.jpg

 

かんなっくり

つららのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

27わらたたき.jpg

 

 

 

わらたたき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

28日

 

28わらじ.jpg

 

 

 

わらっち(草鞋)作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

29日

 

29いろり.gif

 

 

 いろり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29いろりw.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日

 

30かまど.jpg

 

 

 かまど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

31日 



31毛糸の玉.jpg

 

 

 

 

毛糸玉

古くなったセーターを解きほぐし、次の編み物に使うため、玉にする。
その手伝いをさせられたものです。
「まーだかよ。手がだるくなった」
「ごめんよ。もう少し辛抱しておくれ」
「うん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

追加

 

 

 

 

 

 

あやとり

18輪あやとり.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

もず(百舌鳥)

 

もず.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

 

32すずめ.jpg

 

 

すずめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

1月のベランダ

シクラメン

sikuramenn1z.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

パンジー

pannji-.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

ビオラ

biora.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

シネラリア

saineria.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

プリムラ

purimura.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

寄せ植え

yoseue.gif

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

12月です

夕べの嵐で、木の葉がみんな散ってしまいました。
いや、まだ、たった1枚だけ残っています。

そういえば、O・ヘンリーに『最後の一葉』という短編がありましたね。
 

 

1taito.gif

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日 

 

2さるすべり.jpg

 

 

 

さるすべり(百日紅)

炎天に燃えるように咲く真夏の花
今見ると、また趣が違います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日 

 

2まゆみ.jpg

 

 

まゆみ((檀、真弓)

 

皮が裂け、真っ赤な実(種)が顔を出しました。メジロがやってきました。

この木は材質が強くよくしなるので、古来より弓の材料に使われたそうです。
梓(あずさ)も弓材として知られていますね――梓弓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日 

 

3はなみずき.jpg

 

 

 

はなみずき(花水木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

4日 

 

4うるし.jpg

 

 

うるし(漆)

 

すぐ、うるしかぶれが連想され、あんまりオトモダチになりたくない木ですね。

でも昔はたいへん重宝な植物でした。

まず誰もが知っている漆塗り用の塗料。これは幹に傷をつけ、樹液を垂らして採った。

実は木蝋(もくろう)といって、ロウソクの原料。

さらに春先の新芽は、汁の実や天ぷらにすると絶品だそうですよ。でも口がかぶれるような気がして、ふつうの人は食べません。

それから紅葉の赤がまた、すごく鮮やかですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日 

 

5とべら.jpg

 

とべら(扉)

城内にいたころは知らない植物なので、まぎれもない外来植物だと思っていたら、とびら(扉)と表記し、昔からあったようだ。
海岸の森林の最前線に群生するそうだから、潮風に強いのかな。

都市圏では垣根用の植込みなんかに、よく見られます。
この時期、割れた実が綿状になって、遠目には白い花が咲いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えびす.jpg今日は6日はオオベス様(恵比寿様)の年とり

夕飯に「ごっつお」を作って豊作の感謝と身上(しんしょう)がよくなることを祈る。

なお、オオベス様の正月は1月10日になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

6日 

6みそ.jpg

 

 

みそづくり(味噌作り)

 

 

 

味噌作り、これも懐かしい光景だな。

味噌作りの自家製をやらなくなった時期は囲炉裏がなくなった頃からだ。
大きな理由は市販の味噌が簡単に手に入る様になったからだが、もう一つの原因は生活様式の変化で味噌玉の乾燥がうまく行かなくなった事。

昔、おらしょも味噌玉を家の2階で乾燥させていたが、囲炉裏を無くしてガスに切り替えて2年目から味噌作りを止めた。
かっかが言うには、前年は味噌玉の1/4が腐ってしまい、残った味噌玉で作った味噌も出来がわるかったと言う。(「20年以上そっけん事はねかったもの
を」って! 言ってた)
味噌玉が美味しく熟成させる囲炉裏のある日常と、柔らかく燻蒸できる高い天井が消えると、味噌作りと言う文化も消えた。
(2012 10 27Q)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6みそつ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

7日 

 

 

7だいこだ.jpg

 

 

 

だいこだて(大根立)

冬季間、大根を保管する天然冷蔵庫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

8日 

 

8針供養.jpg

 

 

 

はりくよう(針供養)

 

色さめし 針山並ぶ 供養かな(虚子)

針仕事は、主婦の毎日の勤めだった。
8日を「事納め」といい、この日ばかりは仕事を休み、針箱の掃除をし、豆腐やコンニャクに古針を刺して、針への感謝と裁縫上達を祈ります(図は淡島神社)。
 

 

 


 

 

 

 

 

 

大黒様の年取り・こがね飯(白米に粟を少し混ぜた飯)をたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

9日

 

9かざぐるま.jpg

 

 風車

オバケの親子にこんな会話があります。
母オバケ「だめじゃないの。昼間から出たら」
子オバケ「だって夜は怖いもん」

これは風車を作ってあげたジー様と作ってもらった孫の会話です。
「おっ、ちょうどいい。外でやってこい」
「やだ、だって風があるもん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日

 

10ひこーき.jpg11ヒコーキ.gif

 

ヒコーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10むくどり.jpg

 

 

 

むくどり(椋鳥)

大きさはスズメとカラスの中間ぐらい。
もともと群れで行動しますが、この時期になると、その群れ同士が合流し、大集団をなします。

そのためか? 江戸っ子は、冬、集団で出稼ぎにやって来る越後や東北人を「椋鳥」と呼んだそうです。


椋鳥と人に呼ばるる寒さか(一茶)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日 

 

11すずかけ.jpg

 

プラタナス(鈴懸)

 

街路や校庭でよく見かける落葉高木。

広い葉を付けます。これを見て西洋人はプラタナスと名付けました。プラタナスとはギリシャ語のplatys(広いという意味)だそうです。

その葉が散ると、ズラリ鈴をぶら下げたような格好で実が姿を現します。日本人はこれを見て鈴懸と名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11せんだんそう.jpg

 

せんだん草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日 

 

13大雪注意報.jpg

 

大雪注意報 カマキリの卵塊

 

昭和38年(サンパチ豪雪の年)から30年近く、カマキリの卵塊を観測して天気予報をしてきた人がいたそうです。
長岡市の酒井与喜夫さん。
38年の大雪で、長岡市中、テレビのアンテナが全滅。部品も手に入らない。
当時、家電販売をしていた酒井さんは、この大雪が予測出来たらなあ、と歯ぎしりした。
翌年は、部品などをそれなりに準備していたのかな? でも暖冬異変で雪が降らない。またも大空振り。

そこで「気象庁より、カマキリさんのほうがよっぽどあてになる」ということから、自分で予報を始めた。
この卵塊が高い所にある年は大雪、低い年は小雪。その理由も説得力があって面白いんですが、書き出すときりがないので、このへんにします。
この話は『雪国大全』(佐藤国雄・箸)より引用。

そういえば、湯沢の天気予報も当たったためしがないなあ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

13日 

 

12しもばしら.jpg

 

しもばしら(霜柱)

霜柱を踏んだ時のザクッとした足裏感覚が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

14日 

 

14はつゆき.jpg

 

 

初雪

初雪や二の字二の字のゲタの跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日 

 

15ふぐ.jpg

 

ふぐ(河豚)

 

賢島の料理屋で、近くの漁業組合の連中が一杯飲み会を開きました。
そこに参加した漁師の丸吉さん。
「なんやテッサか。こんなもの、ワシャ、毎日とっている」
「ドアホ、お前の揚げた安物フグとはわけが違う。本場の下関から取り寄せたもんだ。眼ん玉が飛び出るほど高かったけどな」
「そりゃあな・・・いいか、よく聞けよ。ワシんとこが下関へ出荷して、それを下関の人が下関名物の銘をつけて出しているんやんか」
「ほんまかよ」
「その証拠に、まだ さばいていないやつがあったら、尻尾のところを見てみろ」
「あら、〇吉の刻印が押してある」

まさかフグの尻尾に刻印はしないだろうが、下関名産だから下関の海で揚ったものとは限らないそうです(聞いた話だけど)。
近場の海のもので上等。

 

 

 

 

 

 

 

 

15ふぐ1.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

16日16かき漁.jpg

 

かき(牡蠣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16かきせる.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

17日 

 

17ひよどり.gif

 

 

 

ひよどり とひよどりじょうご(上戸)

 

ひよどりは里山の鳥ですが、都市圏でも見られます。
ヒーヨ!  ヒーヨ! と鳴くからそうつけられたとか(そんな声、聞いたことはないけれど)。

ヒヨドリジョウゴは、蔓(つる)性の植物。その実がひよどりの大好物だからそうつけられたとか。
でも、ひよどりに言わせれば
「特別好きってことァないが、この季節ほかに食べ物がないからね。ただ真っ赤な実がよく目立つので探しやすいからね」
ということらしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

18日 

 

18かもめ.jpg

 

 

かもめ(鴎)

日本中どこの海辺にもいる大衆鳥――大衆鳥なんて言葉ないか――まあそれほど馴染みの濃い鳥という意味。

幼鳥の斑紋が籠の目(かごめ)のように見えることからカモメ。

漢字の鴎という文字は、その鳴き声を表しているそうだが、どんな鳴き声? 海猫とも書くから猫の鳴き声かな?

 

また、波止場、連絡船、別れ・・・なんかとセットで、歌の世界によく登場しますね。その中でわたしの好きなのは、

~♪ 沖の鴎に潮時聞けばよ わたしゃ発つ鳥さ 波に聞け ダンチョネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

19日 

 

19おでん.gif

 

 

おでん

もとは関西の田楽(でんがく)。
それが関東に移り、丁寧語の「お」がついてお田(でん)。
関西では味噌で食べたが、関東では芥子で食べた。
――そうです。

そういえば、私がこちら(三重県)に来たころ、このあたりではまだ「おでん」と言わず「関東煮」と言っていた。
今はもう統一されている。

それから、あのころ「おでん」と言えば、屋台の赤ちょうちんが思い浮かんだが
いま「おでん」と言えば、コンビニが思い浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

20日 

 

20にはちそば.jpg

 

 

二八そば

つなぎの小麦粉2、そば粉8で作る。だから二八そば。
あるいは江戸時代、一杯の値段が16文だった。2X8=16(にはち じゅうろく)で二八そば。
――と、よく言われますね。
でも、どっちが正解か、そんなもん 江戸時代からわからなかったそうですよ。

それにしても16文は高い。
当時の夜鷹(安女郎)の値段が24文。
客一人とっても、帰りにそば一杯食べれば、手元に8文しか残らない。
あまりといえば、夜鷹さんが、あまりにかわいそう。

二八そばは、その夜鷹がよく食べたことから夜鷹そば、また夜泣きそばとも言われていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日 

 

21チャルメラ.jpg

 

チャルメラ

夜泣きそばといえば――。
屋台のラーメンのことをそう呼んでいた。

二十歳前、鶴見(神奈川県)の町工場にいたことがあるが、小雪の舞いそうな寒い夜、チャルメラの音が聞こえてくる。
そっと寮を抜け出して、食べに行く。
薄いチャーシューにナルトにメンマに、あと刻み葱をほんの少々・・・だったかな?
汁まですすった。

あれから約46年、以降、あんな うみゃー(美味い)もん、食ったことがねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日 

 

よーれっこ.jpg

よーれっこ

10日から20日くらいの間に、村の男女別・年代別の「よーれっこ}が行われた。
「よーれ」とは城内では「ゆうれ」と言ったと記憶しているが、共有という意味。親が兄弟に一つのボールを買って与え、「ゆうれ」で使え、こう言う。
そこから、「よーれっこ」とは場所と食材と労働力を出し合い、みんなで「ごっつぉ(ご馳走)」を作って楽しむ忘年会のようなもの。

その日は、午前10時には集合。はねるのは夜の11時ごろ。
とりわけ姉さ衆(若奥さんたち)の「よーれっこ」は、同じ境遇同士が寄合い、うるさい姑・小姑から解放されて、ひときわ楽しくにぎやかだったことだろう。
城内では、「よーれっこ」とは呼ばず、ずばり「出し合い」といったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子供たちだけの「出し合い」もあった。
誰かが、親から「バサっ鳥(老いて卵を産まなくなった鶏」を1羽ひねってもらって持ってくる。
それで「だいすかれー(カレーラス)」を作る。

とうじ肉入りのだいすかれーなんて、めったに口にすることはできない。だから大変なごっつぉ。
ところがバサっ鳥のほとんどは骨と皮だから、口にできるのは(いわゆる鳥肌といわれる毛をむしった後のブツブツ状の)皮ばかり。ぶつぶつの上にむしり残しの毛が付いている。それにゴムのようでなかなか噛みきれない。

それでも楽しい一夜だった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22忘年会.jpg

 

 


忘年会

今の忘年会は、2~3時間の宴席をもうけ、2次会はカラオケと相場が決まっているようですね。
カラオケのなかったころは、みんなで手拍子をとりながら歌った。「♪~ ひとつと出たほいのよさほいほい」
かくし芸も面白かった。
会社では超真面目係長が、空になった一升瓶を手に、ヨカチンチンを踊りだす。これがまた、ものすごくうまい。
あの真面目人間がいったい、どこで練習をしたんだろう?

かくし芸の極めつけは、カッパらしいですよ。
一匹が、もう一匹のけつの穴に火吹き竹を突っ込み、プッと吹く。すると頭の皿がポンと宙に浮く。プッ、ポン、プッ、ポン・・・。
芸を極めたカッパは、チャルメラの要領で吹く。ピホ、ピホ、プピー、それに合わせて皿が上下します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日

 

23はましぎ.jpg

 

 

 はましぎ(浜鴫)

 

 

 

 

 

今日は天皇誕生日。
お株をすっかりスカイツリーに奪われてしまいましたが、東京タワーが完成したのも昭和33年(1958)の今日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日

 

24えちごの銘酒.jpg

 

越後の銘酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はクリスマス・イヴ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日 

 

25みかきニシン.jpg

8にしんだいこ.gif

 

みかきにしん(身欠鰊)

雪の山国の「とと(魚)」といえば、身欠ニシンと棒ダラくらいだった。
今はスーパーへ行けば全国どこでも一緒。ノルウェー産からチリ産の「とと」まで置いてある。
置いてあるけれど、雪国(湯沢)のスーパーはかなり高いね(鮮度が良ければ納得するんだけど・・・)。

にしん来たかと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     にしんだいこ

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日 

26きんかん.gif

 

きんかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

27やつで.gif

 

 

 

やつで(八つ手)

 

裏庭などに植えられている常緑低木。

葉の形が八つの手の手に見えるのでヤツデ――と言われれば、なるほどと錯覚しちゃうけど、よく考えると八つの手じゃないね。八本指の(一つの)手だよ。

この葉にはヤツデサポニンという物質が含まれ、昔はウジ(ハエの幼虫)用の殺虫剤に使われていた。そのため便所(汲み取り時代)の裏あたりに多く植えられていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

28日 

 

28こうのとり.jpg

 

こうのとり

こうのとりは田園循環の頂点の鳥、らしいですよ。
よく知らないけど稲、、虫、ドジョウ、タニシ、メダカ、イナゴ、カエル、ヘビ・・・と田園に生きる生物はたくさんいます。それで、稲を虫が食べる。その虫をカエルが食べる。カエルを蛇が食べる。蛇をコウノトリが食べる。
といった具合で、コウノトリのいる田園はその環境が健全に保たれている証拠、ということです。

でもコウノトリは現在、世界的絶滅危惧種だとかで、日本に飛来するのは冬場、渡りの途中に立ち寄るごく少数だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月用の餅つきは今日28日、または30日で、29日にはつかなかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

29日

 

29おちゃ.jpg

 

 

茶の花

 

茶は真冬に白い清楚な花を咲かせます。

茶摘み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水トンネルが貫通したのが昭和4年(1929)の今日。

すす払い、年末の大掃除。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日 

 

12ganntan.gif

 

岩原山頂 冬景色

 

岩原スキー場の山頂リフトを降りて

直進すると――垂直な崖になっていて転落します。もっとも転落防止の策がありますが・・・。

崖の向こうには、石打から浦佐まで、ひょうたん形の魚沼盆地が一望できます。

 

右折すると、図の標識が立っていて、その向こうに八海山が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30sime.gif 

しめなわ作り

 

鎮守様に村人があつまり、正月用のしめなわをつくっています。

(※写真は智通サンから。次の鳥居の写真も同(少し加工しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30しめ縄.gif

 

 

 

 

 鳥居にしめなわが飾られ 正月準備ができました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

31日

 

年とり魚

aramaki31.gif大みそかは年に一度のごっつぉを作る。
欠かせないのが塩引きさけ。
1匹なり買い、尻尾を神棚に吊るし、いちのひれをオーベス(恵比寿)様にあげる。
続いて、上から じさ、ばさ、とと、かっか、あんにゃ、おじ、あんね、おば(祖父、祖母、父、母、長男、次男以下、長女、次女以下)の順で、膳にもる。
男衆のお膳には酒がつき、この日ばかりは腹くちゃく(満腹に)なるまで、何度でもおかわりOK。
子供のお膳には歳暮銭(お年玉)がつく。
※『日本の食生活全集15』中魚沼郡川口町の年とりから引用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

除夜

 

 

31除夜.jpg

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加

尾簿1.gif

 

12おしくら.jpg

おしくらまんじゅう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

いしうす(石臼)

 

12石うす.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

11月です。
哀れ秋風よ、男ありて、夕餉(ゆうげ)にサンマを焼いています。
 

01さんま1.jpg

01さんま2.jpg

 

 

01さんまz.jpg

 

 




 

 

 

 

 

 

 

あはれ 秋風よ 情(こころ)あらば伝えてよ
男ありて ネコにさんまを盗られて きょうの夕餉は こーこ三切れ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日

 

1aすずき.jpg

 

 

すずき

木曽川河口のスズキ釣りも今月いっぱい。

スズキは出世魚。このあたりではセイゴ(30センチまで)マダカ(60センチまで)スズキ(60以上)と呼びます。
テレビで見ると、大都会の運河のよう所でも釣れるようです。いわゆるシーバス。

以前は、スズキの刺身ってあまり好きじゃなかった。タイなどに比べて、歯触りがベチョッとした感じでね。
ところが自分の釣ったススキを、その晩さばいいて食べたら、モチッとした歯触りで、どえれー、うみゃー(美味しい)。

でも、釣りの師匠・お隣の市川さんに言わせると、
この魚は2~3日、放置しておいてから食べろ。すると歯触りがベチョッとして、どえれー、うみゃー。
ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1うすかびが.jpg

 

うすかびが

 

なに? このしょもない蛾は・・・。季節感もないし、きれいでもないし。
と思われるかもしれなせんね。
その通り、私もあまり描きたくない画材。

ところが、こいつが冬になると、雪の荒野を彩るワンポイントアクセサリーに変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日

 

2みかん.jpg

 

みかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日

 

3ぎんなん.gif

 

ぎんなん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きようは文化の日。
昭和のころ、城内小中学で催された文化祭や運動会には、大人たちも仕事を休んで観覧にきたもんですが、
今はどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

4日

 

4まひわ.gif

 

まひわ

このまひわとか、じょうびたきは北からやってきて、冬を日本で過ごし、春になると再び北の国へ帰って行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日

 

5じょうびたき.jpg

 

 

じょうびたき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

6日

 

6かけす.jpg

 

鳥のなわばり

 

出る鳥、入る鳥、この季節、鳥たちの生活圏が入れ替わります。
いっぽう同じエリア(なわばり)に定住する鳥もいます。モズなど。

そのモズは速贄(はやにえ)といって、夏の間、汗水流して餌をとり、それをなわばり内の木の枝に刺しておきます。
さあ、ゆっくりゴチソウを食べようと思って、その枝のところへ行ってみると、ほかの鳥がやってきて、ぺろっと食べてしまいます。

そんなわけで、この鳥は侵入者とケンカしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

7日 

 

7せんぶり.gif

 

せんぶり

胃腸の万能薬と言われています。たいそう苦く、千回振りだしてもまだ苦いことから千ブリ。
「良薬口に苦し」だから苦けりゃ効く。でもそう思っているのは思い込みで、この植物が胃の疾患に効果があるというわけでもないそうです。

でも、(薬なんて)思い込みが大きいよね。
飲んで、よーし、これで心配ないと思えばストレスが消えて胃も直る。
飲まずに、心配だなあ、心配だなあ思えばストレスが高じてもっと胃を悪化させる。
――そう思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たで

7たで.gif

 

道端や田んぼのあぜ道で、秋になると、米粒のような真っ赤な、実とも花ともつかぬものを付ける。

別名、赤マンマ。

米粒のようだから赤マンマというのか、赤いまま(まんま)だから、そう呼ぶのかよくわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

8日

 

8つけなs.gif

 

 

漬け菜 

11月8日をかぶな正月といいました。
かぶ菜はこの日以降に収穫する。その区切りの日が8日だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8つけなあらい.jpg

 

 

 

 

漬け菜洗い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

9日

 

9せんばこき.jpg

 

せんばこぎ (千歯こき)

その昔は稲穂もこのように脱穀した。
足踏脱穀機が出て用済みになってからも、豆や小豆用に残しておく家があったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆の手細工

9せ豆.jpg

 

 

 

 

 


へえー、上手に作ったね。この馬。
馬じゃなくて鹿。
あら、鹿かよ。馬と見分けがつかなかった。

そういう人を馬鹿という。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干し柿 

9ほしがき.jpg

 

 

辛ろうござんす他国の空で ひとり干し柿を見る夕は。

 

干し柿といえば、長野県の市田柿と福島県のあんぽ柿。

あと甲州が有名だけど、図は甲州路(映画「男はつらいよ」のワンシーン)。

ところで、あんぽ柿は大正期に(福島県伊達郡)五十沢村で開発されたのだとか。

五十沢村は、同じ地名が城内の隣にもありますが、こちらは「いかぞう」と読み、あっちは「いささわ」と読むようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日

 

10だいこ洗い.gif

 

だいこ(大根)正月

8日のかぶ菜正月に対して、この日がだいこ正月。同じように、大根の収穫を始める日。
いまは、関係ありませんけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋やさい

10秋やさい.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日 

 

11ごぜんたちばな.gif

 

 

ごぜんたちばな(御前橘)

 

名前は白山の最高峰「御前峰」に由来。絶滅危惧種だそうでう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11たちばなもどき.gif

たちばなもどき(橘擬き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日

 

12からたち.jpg

 

からたちの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

13日

 

13もみ (2).gif

 

もみじ(紅葉)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

14日

 

14はまなす.jpg

 

はまなす(浜茄子)の実

大きなバラの実みたいですね。初めて(湯沢)で見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日

 

15の茨.gif

 

のいばら(野茨)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は七五三

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

16日

 

16まきわり.jpg

まきわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16まコロ.jpg

 

ころにゅう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

17日 

 

18かも ま.gif

 

まがも(真鴨)

 

今年も北国からカモがやって来ました。ネギを背負って・・・。

でも、もともとカモが背負っていたのは、ネギでなくてセリだったようです。

なるほど、カモ鍋にセリかぁ。意外と合うかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

18日

 

18かも よし.jpg

 

よしがも(葦鴨)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

19日 

 

19ししおどし.jpg

ししおどし(鹿脅し)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19ししおどしあ.jpg

 

 

「ああ、おっかなかった。カーンという音が」
「何があったんだ?」
「いやー、あの家に忍び込もうと思ったら、シシ脅しが仕掛けてあった。あの甲高い音を聞くとおれたちシシはもうダメなんだ」
「バーカ。あれは本来はシカ脅しといって、おれ達シカの侵入を防ぐためにつくられたもの。お前ら、イノシシには何の関係もないよ」
「なーんだ、そうだったんか。アホくさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

20日

 

20ままこのしりぬぐい.gif

 

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)

 

イヌタデの仲間で、葉の裏や茎にびっしりトゲがついている。

昔、継子(ままこ)はウンコをした後、紙が与えられず、これで尻を拭け、と言われたという。

また、韓国ではこの草を「嫁の尻ふき草」といった。

ということは、幼児虐待は昔からあったし、嫁いじめは韓国にもある、ということになりますすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日

 

21調整.jpg

 

調整

モミをはがして米にする大型機械。
正確には覚えていないが、発動機付で、シャフト(だと思うが)の先に、ひものようなベルトを巻き、思い切り引っ張る。
するとストン・ストン・ド・ド・・・ドドドといった感じでエンジンがかかる。

吹き飛ばされたモミ殻から、禾(稲穂の先にあるごく小さなとげ)が家中に舞い、首筋から背中に入ってシバシバする。
――そんな思い出があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日

 

22米俵.jpg

 

米俵

調整が終わってうず高く積まれた米俵。
このあと、供出したり、自家用に保管したりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22こめつき.gif

 

 

 

米つきバッタ?


米つきバッタとはショウリョウバッタのことだそうですが、するとこいつは何バッタ?
よく米櫃(びつ)の中にもぐりこんでいて、裏返すと、しばらく足をバタバタやっていて、それからピョンと跳ねて起き上がる。
オキアガリバッタというのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日

 

23鵜.gif

 

う(鵜)

 

磯の鵜の鳥ゃ日暮れにゃ帰る
波浮の港にゃ夕焼け小焼け
明日の日和はヤレホンニサなぎるやら
(野口雨情)
 



鵜はこの近辺(四日市)の川でも、けっこう見かけます。川鵜のほうだけど。
ところで長良川の鵜飼いに使う鵜はこっち(図)ほうで、海鵜だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日

 

24わらにゅう.jpg

わらにゅう

この風景は魚沼では見られないようです。ワラは束ねて厩(うまや)の二階に保管していたような記憶があります。
でも、全国的には、こんな感じで田圃に積んでおくケースが多かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日

 

 

 

25きく.jpg

晩菊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日

 

26くろだい.jpg

 

 

くろだい(黒鯛)

釣り人はチヌと言います。南海の磯ではこれからが(釣り)本番かな?

木曽川河口にも上がってきます。梅雨時から真夏にかけてが一番かかるみたい。もう(黒鯛釣りは)終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日

 

27テニス.jpg

 

テニスコートの恋

昭和33年(1958)の今日、皇太子様(今上天皇)と正田美智子さんの婚約が発表されました。
皇太子が軽井沢に避暑に行って、そこでテニスを通じて知り合われたとか。
妃殿下の愛称が「ミッチ」だったことからミッチーブームが起こり、城内中学でも山本校長が先頭に立って(?)テニス部ができた。

また巷では「翌年の4月10日のご成婚までには買おう」ということで、白黒テレビが爆発的に売れた。
昭和の中でも一番輝きのある明るいニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


28日

 

28じゅず.jpg

 

じゅず(数珠)

水辺に生息するイネ科の植物。

秋、固く黒い実を付ける。

実の中心に穴が空いていて、簡単に糸が通る。だから簡単に数珠(仏事に使う)ができる。

とはいえ、まさかそれで法事に行く人はいないだろうが、同じようなやり方で、ネックレスや腕輪を作ることもできる。

また実を小袋に詰めてお手玉にしたり、そのままおはじきにしたりと、昔の女の子にとっては、いろいろな遊び道具に変えることができる、重宝な植物でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

29日 

 

29すぎは.gif

 

 

杉っ葉拾い

マッチから直接マキだと、火はなかなかつきにくい。
で、いったんこの杉っ葉につける。火を伝導する中間材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日

 

30からす.jpg

 

カラス

 

枯れ枝にからす止まりけり秋の暮(芭蕉)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

追加

 

まさき.gif

まさき(柾)

 

ニシキギ科の常緑低木。

海辺に多い。刈込みに強く、密生することから、生け垣や庭木として植えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

11うまのり.gif

 

馬のり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

いちかけにかけで

 

11cc.gif

 

♪一かけ二かけで三をかけ
 四かけ五かけで橋をかけ


 橋のらんかん手を腰に はるかむこうを眺むれば
 十七、八の姉さんが 花に線香手に持って
 もしもし姉さんどこ行くの


 私は九州鹿児島の西郷隆盛娘です
 明治十年三月三日 切腹なされた父親の
 お墓まいりにまいります


 お墓の前で手を合わせ 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と拝んだら
 拝んだあとからゆうれいがふわりふわりと
 ジャンケンポン

 

 

 

10月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

10月です

 

地蔵さんのふりをして じっと目をつぶって こころもそうしていたら
赤とんぼが あたまにとまりました きっと まちごうたんやね

1あかとんぼ.jpg

作文集『昭和の子供』より引用しました。
「こころもそうしていたら」というフレーズがいいね。わたしも地蔵さんになりきってという意味でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日 

 

1あかとんぼq.jpg

 

赤とんぼ

アキアカネが標準名かな? 魚沼では十五夜ドンボといった。

 

 

 

 

きょう1日は更衣(ころもがえ)。
半袖から長袖へ。鳥や獣は夏毛から冬毛へ。自販機の缶コーヒーが「つめた~い」から「あたたかい」へ。でも温暖化の影響か、みんなもっと先のようです。
田んぼにひつぢが揃うころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日 

 

2ひつじ.jpg

 

ひつぢ田 

ノギヘン(禾)にウオノメ(魯)と書いて、ひつぢ(穭)と読む。稲孫という当て字もあるようです。
稲株に出る新芽のこと。ほどなくひからびた穂がつく。
ほとんど実はないが、これを目当てに北の方から雁が渡ってくる、と言われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日 

 

 

3がん.gif
 

かり(雁)

 

雁は日本で越冬する渡り鳥。

♪~渡る雁がね乱れて啼いて~ これはたしか「名月赤城山」の一節。雁はこのように歌の文句や絵の世界にはけっこう登場していますよね。
でも実際は、雁なんて見たことがない。
そのはず、いまや日本ではほんの数か所にしか飛来してこなくなっているんだそうです。
むかしは日本中どこでもやって来たんだろうけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

外3わるなすび.gif

 

 

 

ワルナスビ(悪茄子)


道端の雑草。
トゲがあり、いかにも悪タレのような顔をしているが、花だけみるとけっこういい形をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

4日 

 

4いに.jpg

 

徒歩の日

宮崎市の「徒歩を楽しむ会」では、今日を「徒歩の日」に制定しているそうです。
たぶん、10(トォ)・4(フォー)という変な語呂合わせだろうけど、歩くことは一番簡単な健康法、いいことです。


人間だけじゃなく犬の運動不足も解消しなくちゃ。
ざーますわね。どんどん散歩に連れ出しましょう。

というわけで、犬を台車に載せて散歩しているおばさんが、私の近所にもいますよ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日 

 

 

5おちあゆ.jpg

 

 

落ちアユ

 

アユは河口で生まれ、そこから一たん海に出て稚魚となり、梅雨のころになると川の上流へ向かって上ります。シーズン到来、魚野川のあちらこちらに釣り人が姿を現します。

それから夏の間は、上流でたっぷりコケを食べて過ごします。秋口、丸々太ったアユは、お腹に卵を抱えます。このころのアユにスイカのような匂いがするのは、コケの匂いだそうです。

そして、秋風が吹くころ、産卵するため再び海を目指して川を下る。これが落ちアユ。

アユって、それほどうまいとも思わないけれど、この落ちアユはうまいよね、確かに。

  

落鮎(おちあゆ)の身をまかせたる流れかな (正岡子規)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5おちあゆq.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


6日 

 

6るこうそう.gif

 

るこうそう(縷紅草)

原産地の熱帯アメリカでは野生の草らしいのですが、日本では園芸種。冬になると枯れるので、春蒔きの一年草として扱われるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

6るこう丸葉.gif

 

 

マルバルコウ

なんか膏薬(こうやく)みたいな名前ですが、丸葉縷紅と書き、葉の丸い「るこう草」という意味らしい。
刈り入れの終わった田んぼの水たまりにひっそりと咲いていました。
るこう草が野生化し丸葉に進化したもの? ――かどうかは知らない。

このように動植物の名前って、ふつうカナ表記するから、意味を取り違えるよね。
マテバシイなんて何のことか分からなかったし、
ウスバ・カゲロウ(薄翅蜉蝣)なんて、ウスバカ・ゲロウ(薄馬鹿下郎)と読んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

 

外6コスモス.jpg

 

コスモス(秋桜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

7日 

 

7むかご.jpg

 

むかご

 

ムカゴとは、植物の茎にできたイボのような肉質(栄養繁殖器官と言うらしい)のこと。

ユリや山芋によく見かけます。

ユリの場合は葉の変形、山芋の場合は茎の変形。

これが地上に落ちて新しい芽をふく。

フライパンで煎って食べることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

8日 

 

8こむらさき.jpg

 

 

こむらさき

 

クマツヅラ科の落葉低木で、秋、小さな紫色の実をつける。

ただし、目にするのは庭木か公園樹に限られ、自生している姿にはいまだお目にかかったことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

9日 

 

9とんび.jpg

 

 

とんび

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

10日 

 

10もみじば楓.jpg

 

もみじばかえで(もみじ葉楓)

近くの公園でもみじ葉かえでが色づいていました。その下でへんなおっさんとおばさんが運動をしています。
 

 

もともとは、きょう10日が体育の日だっただけど、今は第2月曜日に変っているんだね。すると今年は13日かな。
各地で運動会が行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日 

 

11どんぐり.gif

 

どんぐり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日 

 

12ばしょう.jpg

 

 

ばしょう(芭蕉)

旅に病んで夢は枯野をかけめぐる。


元禄7年10月12日、松尾バナナが亡くなったことから、今日は芭蕉忌。
え? 
いや これで正解ですよね。だって芭蕉=バナナでしょう。

それにしても江戸時代にバナナなんて俳号(ペンネーム)をつけていたくらいだから、彼はたいそう新しいもん好きで、目立ちたりがり屋だったんでしょうね。
それにかなり食いしん坊だったようです。一説によると、弟子のけんかの仲介のために大阪に渡り、そこでうまいもんを食いすぎて下痢になって寝込み、そのまま死んでしまったとか。

芭蕉といえば古今の文学界では最高峰のお方。
わび、さび・・・漂泊の聖人というイメージもあります。
名誉を求めず生涯清貧を通した。
そんなとてつもなく立派なお方が、バナナで目立ちたりがり屋で食いしん坊で――という人間的な一面も持っていた。ちょっとうれしくなりますね。

また芭蕉の句は、とてつもなく優れた句でありながら、解りやすい。中学生でもわかる。
アメリカ人でもわかるそうです(いま新聞などに載っている俳句は、ふつうの日本人にはわからないよね)。
このわかりやすさと、芭蕉の人間的な一面はどこか関係があるのだろうか? 直接はないけれど、どこか関係がある(ような気がします)。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

外12がまずみ.gif

 

 

がまずみ

 

スイカズラ科の落葉低木。

秋、光沢のある暗赤色の実をつける。食べられるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

 

外12ざくろ.jpg

 

 

ざくろ(石榴)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

13日 

 

13もちq.jpg

 

 

モチノキ

秋口つけた実が、だんだん赤くなり、初冬には黒くなる。これで鳥モチを作る。
――とばかり思っていたら、全然違うんだね。
鳥モチは皮をはがして、樹液から作るんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

秋まつり


10月13日に行われる 城内豊年ふるさと祭り。

今年は城内じゅう よってたかってのお祭りに成りました。

芸能大会有り、大花火大会有り、当日お金使って ビンゴ大会参加して 景品ゲットしてください。

去年までお盆に花火上げていたのですが、今年から秋に持ってきました。

新潟県で行われる花火大会で 一番遅い方です。

今年は刈取後の田んぼに 水を張り 花火を写そうとう試行です。

余り例が無いと思います。

拡散出来ればいいのですが。

今年 大判のパンフレット 沢山用意、、、さてさてどれくらいの人が見に来てくれるか。楽しみです。

1013ho (2).gif

1013houne.gif

(写真・昇)

 

城内豊年ふるさと祭り無事終了。

昨日22日 慰労会有りました。

来年が少し楽しみになってきました(昇)。

 

 

 


1013ho (1).gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

14日 

 

14だっこく.gif

 

だっこく(脱穀)

稲穂をしごき落とす作業。
今どきこんな作業をしている家はありませんね。コンバインで刈取りと同時に済ます。

むかしは、おおよその目安として――
稲刈りを9月中に終わらす。刈り取った順番にハッテに架けて干す。そして10月中旬までにこの脱穀を済ます。
――だったような気がします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

15日 

 

15ななかまど.jpg

ナナカマド

実の朱色がよく目立つため、紅葉とは別に、秋を彩る植物としてよく知られています。小鳥たちのえさにも。

ナナは七。カマドは竃(釜戸)。
この木をくべると火力も強く、七回使っても燃えきらないため、そうつけられた?
備長炭の材料としては極上品だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかねななかまど.jpg

 

 

 

    

  タカネナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

16日 



16もどり鰹.jpg

戻りがつお

目に青葉 山ほととぎすに初かつお(山口素堂)。でも初がつおは高いばかりで、ちょっと生臭いようなところもあり、それでほど好きでない。これは登りかつお。
こいつが三陸沖でまるまる太り、秋の到来とともに遠州灘から熊野灘、四国へと南下してくる。こっちが戻りかつお。


これはうまい。
油がのっているのにクドさがない。
「芥子(からし)がなくて目に涙」「かつおは芥子に限ります」と昔から言われたように、たっぷりの芥子で食べるとさっぱりしていて、いくらでも入る。
もみじおろしもでもいいですよね。
それに値段が安い。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

17日 

 

13考える人.gif

 

 

哲学の秋 焼きイモの秋

きょうは、広場で焼きイモです。
そろそろ焼けたかな? 香ばしい匂いが漂いだしました。

あれ、あのオッサン、鼻の頭がピクンと動いたよ。
ばか、あれは考える人。つまり哲学する人。そんなもん動くわけねえだろう。
そうかなあ。そんな気がしたけどなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

18日 

 

18あまんだれ.jpg

 

 

あまんだれ

秀サンのサイトをみて――
あれっ、あまんだれとなめこは違うの?
城内の方言であまんだれ、標準語でなめことばかり思っていた。写真一枚送ってよ。



写真送ります。
あまんだれは標準語で「ならたけ」というそうです。が、いまいちぴんとこないですね。なめことすごく似ています。傘の下、茎の途中にあるひだも一緒。ぬるぬるも一緒。

違うのは、あまんだれがすぐ黒くなって悪くなること。
悪くならなくても、煮たり、瓶詰め保存したりしても黒くなる。
あと、なめこより色が少し薄めだと思います。

決定的に違うのは味です。けっこう強烈に味がします。
きのこラーメンの中にも入っていましたが、あまんだれは食べるとすぐわかります。

――ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なめことあまんだれ(雄)

なめことあまんだれは違うよ。
あまんだれは傘の肉が薄く、軸も細い。なめこのようにむっくりしていない。だからへたりやすいんだろうな。色も少し黒っぽい、と俺は思っていたが。
秀一が言うように味も違う。なめこは単純だがあまんだれは味に深みが有る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

19日 

 

19しじゅうから.jpg

 

 

しじゅうから(四十雀)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

20日 

 

20ゆずり.jpg

 

ゆずり葉

公園のユズリハの葉がはっきりと二層に分かれています。上の層は今年の若葉。下の層は去年の古葉。
この両者、最初はどっちがどっちか見分けがつきませんが、だんだん古い葉が若い葉に「いい場所」を譲ります。
そして人知れず散ります。

譲るという言葉は、「道を譲る」「身代を譲る」「席を譲る」などといった使い方をしますね。
戦後のベビーブームの中で生まれ、幼少時、兄弟とのおやつの奪い合いに始まり、受験戦争、モーレツ社員、出世競争などの中で育ってきた私たち世代は、譲ることをよしとせず、人に先んじることだけをよしとして来はしなかったか?

もう「まだまだ若いもんに負けない」などと先頭に立ちたがらず、いったん下層にさがり、そこで下支えをしながら少しずつノウハウを伝授し、若いもんが一人前になったら席を譲って静かに去る。
人生、かくありたいものです。
決して石原さん(維新の会・党首)に対する皮肉ではなく、自分自身への自戒として。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日

 

21なつめs.jpg10なつめ.jpg

 

なつめ(棗)

 

実家の土蔵の入り口付近に一本植えられていて、毎年秋になると実をつけた。

子供のころ、よくもいで食べたもんです。甘味もあってミニリンゴといった趣ですが、皮が厚く、種が大きくて、それほどおいしいものでもなかった。

そんなわけで、秋に実をつけることだけはしっかり覚えているのだが・・・「芽吹きはいつ?」と聞かれても、「え? 春だろう」という感じで、明確に覚えていない。

夏だそうです。夏、芽を出すから夏芽(ナツメ)。

棗(ナツメ)とも書きますね。そういえば枝に棘(トゲ)があったっけ? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

22日 

 

22のぎく.jpg

 

野ぎく

こどものころ――
田んぼ道にいっぱい咲き乱れていました。
十五夜ドンボが、空いっぱい舞っていた。

トンボのお尻の部分を少しだけ爪で切り落とし、花の一輪を摘み取って、そこにさす。
すると、花とトンボがいっしょに宙を舞う。
――けっこう、ザンコクな遊びをしたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22のぎくw.jpg

 

 

 

のこん(野紺)菊 よめな(嫁菜)


野菊には野紺菊系と嫁菜系があるそうです。最近はジオンもその仲間に入れている人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日 

23きくいも.gif

 

きくいも

 

アメリカイモ、ブタイモとも言われるところからわかるように、豚の飼料用にアメリカから伝来した(江戸時代末期)。

今、民家の軒下などで見られるものは、これが半野生化したものでしょう。

秋口、ひまわりに似た花を咲かせます。

いかにも不味そうですが、これの味噌漬けを食べたような記憶がある。パリッとした歯ざわりが小気味よかった――ように覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日 

 

24はしばみ.gif

 

 

はしばみ(榛)

実はナッツのような食感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日 

 

25せいたか.jpg

 

せいだかあわだち草(背高泡立草)

北米原産の帰化植物で、戦後の植物史上この草ほど急速に繁殖した例はないそうです。
一時期、空き地、線路脇、土手、田の畔に至るまで侵略して、このままでは日本古来の草花が凌駕されてしまう、いわゆる侵略的外来種、といわれました。
花はみごとといえば、みごとな黄。

考えてみると、この草の繁殖は日本の高度成長(またそれに伴う大気の汚れ)と符丁が合います。
そして高度成長の終焉とともにだんだん冴えなくなり、いまじゃ土手などでもススキやクズに押され、じじむさく咲いています。
え? おれたち団塊の世代にどこか似ているって・・・、そうかもしんないなあ。、、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日 

 

26かき.gif

 

かき(柿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

27ぬすっとはぎ.jpg

 

 

ぬすっとはぎ(盗人萩)

種子がズボンにつくとたいへん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

28日 

 

 

28みぞそば.gif

 

 

 

みぞそば(溝蕎麦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

29日 

 

29わた.jpg

 

 

 

わたの花

木綿(もめん)。
このわたを採って、つむいで織る。これが綿織物。
今はまったく見る機会がありませんが、織物がさかんだった魚沼地方ではけっこう栽培されていたようです。山の畑などで。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日 

 

30ごーや.jpg

 

ごーや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

31日 

 

31きくいただき.jpg

 

 

キクイイタダキ(菊戴)

 

 


全長約10センチ。国内ではもっとも小さな鳥だそうです。
夏は山で生活しましが、冬が近づき、庭先に下りてきました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

追加

 

 

 

 

外1okura.jpg

 

 

秋の七草

山上憶良(おくら)の歌がその由来とされています。


秋の野に 咲きたる花を
  指折り(およびをり) かき数ふれば
  七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花
   姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌(あさがお)の花


このうちの朝顔は、桔梗(ききょう)のことだと一般的には言われています。
なんで? 朝顔は朝顔だろう。

バァーカ、朝顔は夏の花じゃないか。だからあれは桔梗のこと、そうに決まっている。                                 
と言われるかもしれませんが、秋でも林の中の小道なんかに、地味でこぶりな青い朝顔が咲いていますよ。

バァーカ、そんなん朝顔じゃない。朝顔って、青もあるけど赤や白や紫や筒白や、もっとハデハデで大輪な花。
と言われるかもしれませんが、ハデハデ朝顔のほうこそ、後の世のバイオ技術が生み出したもので、憶良さんの時代にはなかった。
――とまあ、私は思うんだけどなあ・・・どっちでもいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

10竹馬.gif

 

竹馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

9月です。

9タイトル.jpgえ? 夏の間 遊びすぎてふところがスッカラカンだって。
なーに、そんなもん ケセラセラ(なるようになるさ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

1日 

 

9いなほ.jpg

 

稲穂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

2日 

 

9いなご.jpg

 

いなご

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうは立春から数えて210日め。台風の厄日とされていますね。

それから関東大震災があったのが、大正12年のきょう。死者10~15万人。90年前のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

3日

 

9サルビア.jpg

 

 

サルビア

和名はヒゴロモソウ(緋衣草)だそうですが、知らなかった。
多年草ですが、多少寒さに弱く、北日本では冬越しできない。
そのくせ多少暑さにも弱く、中部山岳地帯などの夏の間冷涼なところの方が見事な花を咲かせる。
 

 

 

 

 

 

巨人の王が後楽園で通算756本目のホームランを打ち、ハンク・アーロンの持つ世界記録を更新したのが、昭和52年の9月3日だそうです。
その楽園球場が東京ドームに変わったのが、その10年後の昭和63年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

4日 

 

9つゆくさ.jpg

 

 

つゆくさ(露草)

水かれし 蓮(はちす)の鉢に つゆ草の
花は咲き出でぬ 秋は来ぬらし(会津八一)



ここ2~3日の雨で露草が咲きました。古来、秋を告げる花として、多くの詩歌に歌われてきたようです。

琵琶湖の近く大津市では、この草(の一種)を栽培し、青花紙を生産している。友禅染めの業者がこれを買い取って、下絵の材料にする。
という話を、ずっと昔聞いたことがあるけど、今でも生産しているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

5日 

 

9いぬむぎ.jpg

 

いぬむぎ

 

乾いた路傍などに見られるイネ科の雑草

 

※ところで

この草の生えているような場所に、スス(城内でそう呼んでいた)という雑草があったのですが・・・。

やはりイネ科だと思うが、黒いススのようなものを付けた茎がスーッと伸びて、引っ張るとそれが抜ける。子供のころ、よく口にくわえたもんです。

ぜひこの『歳時記』に付け加えたいので、帰省した折など注意しているのですが、いっこうに見かけまぜん。

情報のある方は教えていただければありがたいのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

6日 

 

9おしろい花.jpg

 

おしろい花(白粉花)

 

南米原産で 江戸時代始め渡来し、古くから観賞用に栽培されていたようです。
たくさん枝分かれし、灌木状に茂ります。

日の光に弱いらしく、昼間は花がしぼんで冴えませんが、夕暮れになると見事に開きます。
そのことから歓楽街を、ちょっと連想しますね。江戸時代ならさしずめ吉原。
「白粉の花」は俳句の季語にもなっています。

 

色は、白のほかに赤、紫などがある。図は赤。でも、赤い白粉花っても変だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

7日 

 

9くず.jpg

 

くず(葛)

 

万葉の昔から詩歌に歌われた日本人なじみの草。

根からクズ粉がとれる。

名前は、かつて大和国・国栖(くず)がクズ粉の産地であったことに由来しているそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※日米侵略戦争・クズとセイダカアワダリソウ

20世紀前半、アメリカでクズがもてはやされた時期ありました。ポーチの飾りや緑化・土壌流失防止用などに最適だというわけです。

ところが、そのあまりの繁殖力と拡散の早さに収拾がつかなくなり、このままでは広いアメリがクズに埋まってしまう、ということで方向転換。

一転、これを侵略的外来種に指定し、米国では駆除に務めるようになりました。

一方、そのころ高度成長期にあった日本には、光化学スモックの量に比例するかのごとく、アメリカ原産のセイダカアワダチソウが各地を侵略し、土手や線路わきのみならず、工事現場の空き地にまで入り込んで来だ。

このままではスミレやリンドウといった日本古来の植物がなくなる。

そんなことで、この二つの植物を巡って、アメリカと日本が嫌い合いを始めた――なんて時代がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

8日 

 

9バッタ.gif

 

 

殿様バッタ

 

大名バッタとも。その威風の立派なことからきているのでしょう。

主食がイネ科の植物(実は雑食らしいのですが)であるため、日当りのいい草原に生息する。

しかし、今の日本にはなかなかそういう草原はなくなり、せいぜい河川敷の草むらが彼らの生息地になっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

9日 

 

9ひめざくろ.jpg

 

姫ざくろ

 

 

 

きょうは9が二つ重なって9月9日。重陽(ちょうよう)の節句で、万葉の昔から菊酒を飲み、栗ごはんを食べた日だそうです。
長崎では、有名な「おくんち(九日)」。

でも、ともに旧暦時代の行事なので、菊も栗もまだのようです。
長崎で「おくんち」が行われるのも、そのまま1カ月後ろへスライドさせて、たしか10月9日でしたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

 

10日 

 

9ほうづき.jpg

 

ほうずき(鬼灯)

昔、女の子がよく、ほうづきの種だけ舌の先で器用に抜き、ブビー ブビ と鳴る、いささか下品な音のする笛をつくって遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

11日 

 

9花とらのお.jpg

 

花とらのお(虎の尾)

北米東部原産の宿根草で、もともとは園芸植物。
地下茎でよく増え、半野生化したものが、民家の敷地内に咲いていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成13年のきょう、まるで特撮映画のワンシーンのように、アメリカの世界貿易センタービルが崩壊・炎上する画像が、世界をかけめぐりました。
9・11(平成13年)の同時多発テロ事件。

 

9.11 同時多発テロの日
たまたまTVを見ていて、翌朝まで実況にくぎ付け(雄)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

12日 

 

 

 

9みょうが.jpg

みょうが(茗荷)

みょうがの花は1日の命だそうです。
朝のうちに花ごと採って梅酢漬けにするとなかなかのもんらしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9rr-(13).gif

 

 

 

 

 

       みょうがの酢漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

13日 

 

9とうていらん.jpg

 

 

とうていらん(洞庭蘭)

中国の洞庭湖の水の色から付けた名だとか。

若き日の皇后さまが山陰訪問された時、「きれいな花ですね」とおっしゃったことから、
この花の自生している隠岐の島では「美智子様の花」と呼んでいるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


14日 

 

9いちじく.jpg

 

いちじく

 

アラビア原産。メソポタミヤでは6000年以上前から栽培されおり、不老長寿の果物と言われるそうです。

日本には江戸初期、ペルシャから中国を経て薬用として長崎に伝来。

挿し木で簡単に増やせるので、庭木として流行し、果実も薬用というよりおいしい果物として味わうようになって――現代に至っている、ということです。

 

なお、エデンの園で禁断の果実を食べたアダムとイヴは、自分たちが裸であることに気づいて、いちじくの葉でミノを作り前に当てた――と『旧約聖書』の創世記・3章7節に載っているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

15日 

 

9かりん.gif

 

かりん(花梨)

 

 

かりんの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

16日 

 

9たますだれ.jpg

 

たますだれ (玉簾)

ペルー原産の球根草で、秋口、土から直接 一本の花茎がすーっと伸び、花をつけます。
民家の軒下などで見かけるます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


17日 

 

9むくろじ.jpg

 

 

むくろじ(無患子)

実の皮をむいでこすり合わせると、せっけんみたいに泡だってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

18日 

 

9じなし.jpg

 

じなし(地梨)

 

魚沼地方で、私たちが子供のころ何処にでもあり、今、全く見かけなくなった樹木に、稲架(はさ)の木と、地梨があります。

稲架の方は、刈入れ後の稲穂をかけるハッテ用。

地梨の方は、屋敷林としてケヤキなどとも植えられているケースが多かった。かなりの高木になり、秋には実をつける。

台風の後などは、その実が地表に落ちている。よく拾いに行ったもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

19日 

 

9へちま.jpg

 

へちま(糸瓜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一日の旅おもしろや萩の原

きょう19日は俳人・正岡子規の命日で、糸瓜忌というそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


20日 

 

9彼岸.jpg

 

 

ひがんばな(彼岸花)

ベランダの珍客
ここは10階建マンションの10階。東京には及ぶべくもないが四日市では高い方。普段使っていない部屋のベランダにプランターが放置してある。昔はけっこう花苗などを植えていたが、ここ4年ばかり留守にすることが多く、水やりもままならない。それで空のまま放置してある。

去年(H24)の今ごろだったろうか? その部屋に入ったらカーテン越しにポオッーと赤らんでいる。
「何だろう?・・・」
開いてみると、プランターの中で何と、植えるはずもない彼岸花が3本 ツツーと伸びて、つぼみの先が赤らんでいる。
次の日はもう満開。
数日を待たず花は終わり、ほどなく(茎が枯れたのか腐ったのか)影も形もなくなった。
あっという間の珍客でした。
でもあれって、球根で増えるものなんだろう? それとも種子が風に乗って、こんな所まで舞い上がってきたんだろうか?

今年(H25年)はちょっと気になって、たまにプランターを覗いてみるのだが、まだ芽さえ出ていないようです

 

別名・曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

21日 

 

9あけぶ.jpg

 

 

あけび(木通)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif



22日 

 

9みやまつ.jpg

みやまつ

 

山ブドウの一種だと思うのだが、城内で山ブドウと呼んでいるものに比べると、小粒で甘い。

里山のような低山に生え、実る時期も場所もアケビと共通していた。

だから私の場合、アケブ(アケビ)と言えばミヤマツがすぐ連想される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

23日 

 

9はぎ.gif

 

 

 

はぎ (萩)

今日は「秋分の日」で秋の彼岸。お天道様が真西に沈みます。昔はオハギを食べて祝ったようです。

ところで、オハギとボタモチはどう違うの?
ものは同じ。牡丹の咲くころ(春)つくればボタンモチ。萩の咲くころ(秋)つくればオハギ。
また、これを半殺しと呼ぶところもある。ご飯粒を半分つぶすからハンゴロシ。みんなつぶせばミナゴロシでモチになる。
いろいろな呼び方があるもんだ。

 

 

9ぼたもり.jpg

その呼び方だが、
ソバやうどんを「手打ち」とメニューしている店も多い。押し出し機などの機械で作ったものと区別するためだろう。

長野県の、ある民宿に泊まった客。
夜、自分の部屋に引き上げて寝ようとしているとき、居間の方から宿夫婦の会話が聞こえてきた。
「おい、明日のもてなしだけど、半殺しにするか、それとも皆殺しか?」
「いっそ手打ち(手討ち)のほうが、さっぱりするんじゃない?」

じ、じょうだんじゃない。客は、夜のうちにこっそり逃げ出した。
(このネタは落語の枕によく使われています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

24日 

 

9山ハッカ.jpg

 

やまはっか(山薄荷)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

25日 

 

9くり.jpg

 

くり(栗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外9くりa7あ.jpg

 

 

 

 

くり拾い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

26日 

 

9こくわ.gif

 

こくわ

さるなしと呼ぶところも。
キューイの仲間だそうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

27日 

 

9さつまいも.jpg

 

 

さつまいも


サツマイモに「川流れのキンタマ」などという、とんでもない品種がありました。
普通のに比べて表皮が白っぽい。かたも大きくたくさん採れるので家畜のエサ用に栽培した。

ふかして食べると、甘みはうすいが、ほくほくして、まずくはない。
まあしかし、名前を聞いただけで食う気は起らないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

28日 

 

9さといも.gif

 

 

さといも(里芋)

 

 

やつがしら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

29日 

 

9とうかえで.jpg

 

とうかえで(唐楓)

ヒコーキのような実がなります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif

30日 

りんご(林檎)

 

9りんご.jpg


                              まだあげ初めし前髪の
                              林檎のもとに見えしとき
                              前にさしたる花櫛(はなぐし)の
                              花ある君と思ひけり
                                        (初恋・島崎藤村)
 

りんごの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾簿1.gif


追加

外)いね (2).gif

 

稲刈り

 

 

 

 

昭和30年代までの稲刈り風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9稲刈り.jpg

 

 

昭和40~50年代の稲刈り風景。

いまは大型コンバインであっという間に終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外9vvfあ.gif

 

耕運機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外)いね (1).jpg

 

はって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9tasukeoi.gif

助け鬼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9いちょう.gif

 

 

 

 

いちょう(銀杏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

higann.gif

その数日後、窓の外を見たら芽が出ていて、芽が出たと思ったら、あっという間に伸びて、今年(H25年)も咲きました。
写真では分かりずらいのですが、去年の3本から5本に増えています。

今年はもしやと思い、ほんのたまにですがプランターに水をまけていたので、下にカタバミが茂ってします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。