2012年10月アーカイブ

富士塚

| コメント(7) | トラックバック(0)

富士講と富士塚

 10月19日朝、富士山を見ると白くなっていた。18日は雨だったので見えなかったが、たぶん18日から19日にかけて初めて雪が積もったのだろう。私の部屋からは富士山が見えるので、毎朝富士山を拝んでいる、ということはないが、山岳信仰は昔からあるようで……。我らが故郷の八海山も信仰の対象として有名で、八海講というのも組織されている。
 富士山信仰者の集団である富士講は最も有名だし人も多い。今でも、信仰としての登山ではないが、富士登山は大流行で、特に御来光の見られる時間帯の頂上付近は超混雑している。台東区下谷の小野照崎神社にある台東区教育委員会の掲示板によると、富士山信仰は室町時代末期頃に起こり、江戸時代中期にはかなり流行った。富士山に似せて作った富士塚も数多く作られ、江戸近郊で50以上はあったという。
 富士講ではみんなで富士山の麓辺りにある御師(おし=指導者)の家に泊まって富士山を目指した。が、実際登るとなるとお金もかかるし時間もかかるし、それに当時は交通事情も悪いしで、皆が登れるわけではなかった。で、それが出来ない人のためにも、模造の富士山を作ってこれに登る。そうすれば本物の富士山に登ったのと同じ御利益があるというわけだ。

 先日、近所の富士塚のある(あった)神社に行ってみた。(写真やっぱり傾いてますね(^^;))

浅草富士浅間神社(台東区浅草5丁目)

 浅草寺の北というか裏手といって真っ先に思い浮かぶのが吉原だが、その手前、浅草寺裏から300メートルほど北に行ったところに浅間神社(元禄年間1688~1703の創建とのこと)がある。ここに富士塚があったという。現在、富士塚はないが、手水鉢に富士山の溶岩が使われており、その名残を見せている。またこの辺は、台東区立富士小学校や富士公園があり、富士と因縁深い感じ。
 祭神は浅間神社の代表的パターンの一つ木花咲耶比売命(このはなさくやひめのみこと)。

 ●浅間神社の手水場

浅草富士30%.jpgのサムネイル画像

 ●浅草の浅間神社社殿     ●おまけ-吉原大門(よしわらおおもん)に立つ何代目かの見返り柳

浅草富士浅間神社30%.jpgのサムネイル画像吉原見返り柳 30%.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

石浜神社(荒川区南千住3丁目)

 浅草寺から隅田川沿いに上流(北東)へ向かい、白鬚橋を右に見ながら数十メートル行くと石浜神社があり、この境内に富士塚がある。宝暦8年(1758)の建立という。
 またこの境内には、真崎(先)稲荷があり、池波正太郎の小説「剣客商売」の主人公、秋山大治郎の道場兼住居はこの近くにあったという設定。真崎稲荷は小説中に頻繁に登場するので知っている人も多い。しかし、実際石浜神社に行ってみると、大々的に真崎稲荷神社を宣伝しているわけではないので注意して見ないと見落としてしまいそう。大正15年(1926)、石浜神社に併合されたとのこと。
 祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受姫神(とようけひめのかみ)。なお、豊受姫神は真崎稲荷の祭神。

 ●石浜神社境内にある富士塚

石浜神社富士塚30%.jpgのサムネイル画像

 ●石浜神社本殿     ●石浜神社の一部と隣にある東京ガスのタンク

石浜神社30%.jpgのサムネイル画像DSCF2388 30%.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

小野照崎神社(台東区下谷2丁目)

 小野照崎神社(寛永2年1625年創建?)は、浅草寺から行くと、石浜神社と反対側、西北方向にある。 ここの富士塚は、下谷坂本の富士塚として有名で、昭和54年、国の重要有形民族文化財に指定されている。高さ約5m、直径約16m。坂本というのは昔の村の名前。
 平成24年10月現在、重要有形文化財の数は212。東京都ではこのほか、江古田の富士塚と豊島長崎の富士塚がやはり昭和54年に重要有形文化財に指定されている。
 小野照の祭神は、小野篁命(おののたかむら)と菅原道真命(すがわらみちざね)である。

 ●小野照崎神社内にある藤塚

20121020小野照62%.jpgのサムネイル画像


上原の富士塚(城内)

 城内にも富士塚があるということは知らなかった。上原の故廣井正さんの文章を引用すると、「上原の西方、下原と新堀の境に接して、大字上原新田字富士塚がある」。場所はたぶん今の上原保育園の前をとおる道を下原方面に下ったところだと思う。だだっぴろい田んぼの真ん中にぽつんとある林の中が多分そこだろう。ここには2つの塚と稲荷様が祀られているが、創立等については不明だという。伝説によれば、源頼朝が富士の裾野で巻き狩りをしていたときに逃げ延びた狐が住み着いたとのことだが、この話は私もどっかで見たことがある。天和の検地帳には「藤塚」と記されているという。富士山信仰なのだろうか? 八海山の下にありながら?

学校林

| コメント(0) | トラックバック(0)

かっぱらい

 現在、「新編城内郷土誌」の制作を手伝っている。そこで久しぶりに出会ったのが「学校林」という言葉。季節は忘れたが(秋だったか?)、中学校全員総出で広堀の上(かみ)の方まで歩いて行って、1日がかりで「かっぱらい」をしたことを思い出す。この場合の「かっぱらい」は城内人なら説明不要だろうが、下草刈りのことだ。我々の時代はみんな鎌を持って行って、小木や草を適当に刈った。弁当持参、適当にサボれるとあって結構楽しく、ほとんど遠足状態であった気がする。昭和50年頃の話。

学校林とは

 郷土誌関係で預かった原稿や資料を参考に記すと、学校林が出来たのが昭和24年11月。第二次大戦後の資材不足の折、学校建設の資材にしようと文部省、農林省が中心になって学校林設置運動というものを始めた。これにしたがって全国的に学校林が作られることとなった。「学校」が自ら木を植えて育て、後々それを学校の施設などに利用しようとしたものだ。城内では、もと地元の入会地、当時国有地となっていた八海山の、まず釜沢地区4.6ヘクタールを、後に広沢地区の5.6ヘクタールを国から借りて学校林を運営した。借り入れの契約期間は釜沢地区が60年、広沢地区が50年。伐採林を売って得た収益の取り分は城内村8、国2。両地区でこれまで約3万本の杉が植栽されたが、契約期間終了により平成22年、釜沢地区の杉は伐採され、城内中学の図書室書棚や長椅子となったりしている(広沢地区も契約期間終了のはずだがその記述見当たらず)。

 昭和25年には学校林コンクール全国予選新潟県予選第3位。33年、学校林郡育林コンクール表彰状・賞品受領。35年、県育林コンクール入賞等々。

 写真は学校林の30年記念誌(表紙)、だから昭和54年発行のもの。なお、私はこの本を持っているわけではなく、この本の10ページ分のコピーを持っているだけ。どなたかこの本持っていたら貸してください。

 

学校林表紙.jpg
 

初のピンク色に点灯

10月1日、会社帰りにスカイツリーを見ると、今までに見たことない色に点灯されていたので思わずパチリ(台東区側の隅田公園言問橋横から)。10月は乳がん月間で、早期発見の大切さを伝えるピンクリボンキャンペーンに賛同しての、この日だけの特別ライティングだそうだ。あとで調べてわかった。通常は青っぽい色の「粋」と紫色の「雅」。

右の写真は2009年の10月1日に偶然撮った作りかけのスカイツリー。

標高634メートルの坂戸山

気づいている人も多いと思うが、スカイツリーの高さ634メートルは坂戸山と同じ。私はNHK大河ドラマ天地人がはやったころようやくこれに気づいた(ドラマは見ていない。というかテレビがなかったので見ることが出来なかった)。

40年ぐらい前、小学生のとき郡の水泳大会の練習とかで六日町の温泉プールに練習に行ったことがある。そのときにどうしても目に入るのがべとがむき出しになった坂戸山の登山道だ。いまでも六日町に行くと、なんとなくあの坂戸山の茶色い登山道を探してしまう。

2012100120180000ピンクツリー.jpgのサムネイル画像20091001ツリー作りかけ.jpgのサムネイル画像

 

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

タグクラウド

最近のブログ記事

Profile

アイテム

  • DSCF2388 30%.jpg
  • 20121020小野照62%.jpg
  • 石浜神社30%.jpg
  • 石浜神社富士塚30%.jpg
  • 吉原見返り柳 30%.jpg
  • 浅草富士浅間神社30%.jpg
  • 浅草富士30%.jpg
  • 20091001ツリー作りかけ.jpg
  • 2012100120180000ピンクツリー.jpg
  • 学校林表紙.jpg