2014年10月アーカイブ

米沢だにゃー

| コメント(2) | トラックバック(0)

上杉家の墓の前に居た猫20141013.jpg

 

10月12日と13日、仕事で山形へ行った。

山形県米沢市は、皆さんご存じのとおり、上杉景勝が新潟(現在の地名で言います。以下同じ)から移封されていったところ。その際、「地元」の寺などを一緒に連れて行った。米沢の法音寺、春日山林泉寺などがそれだ。

かねてより、訪れてみたいと思っていたところ、幸運にも山形へ行く機会に恵まれた。この猫は、米沢法音寺の隣にある上杉家の墓の入り口に行ったら近寄ってきた猫。

▼これが米沢の「八海山法音寺」。意外に小さい。大きさは新潟の法音寺の80%ぐらいという感じ。看板の由緒には「藤原の里」や「新潟県南魚沼市六日町」の文言が出てくる。

 

法音寺20141013.jpg

 

法音寺由緒20141013.jpg

 

▼これは法音寺のすぐ近くにある上杉家の墓地。朝まだ早く開いていなかったので法音寺の門から入り口を撮る。

上杉家の墓20141013.jpg

 

▼上杉神社。これも意外に小ぶりな感じ。だいたい、この近くにある城跡が「城」というイメージからするとかなり小さい。城趾はうちの敷地より小さい感じだ。

上杉神社20141013.jpg

▼上杉神社近くにたつ上杉謙信像と樅の木。逆光で見えにくいかな(中央よりやや右に謙信像があります)。米沢は伊達政宗の生誕の地だそうだが、この謙信像の後ろにあるモミの木の2本が昔のNHK大河ドラマ「樅の木は残った」の樅の木だ、とタクシーの運転手さんが言っていた。そうか、今はテレビを全く見ないおれも、昔の「樅の木は残った」は印象にある。

モミの木は残った20141013.jpg

 

▼春日山林泉寺にある直江兼続夫婦の墓。左が兼続の、右がお船の。米沢に特有の墓の形だという。屋根の下の四角の石はくりぬかれ、そのなかにさらに石が入っている。洪水が出たときにも水を防ぐために使えるのだとかいう話し。

直江兼続夫婦の墓20141013.jpg

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

タグクラウド

最近のブログ記事

Profile

アイテム

  • 直江兼続夫婦の墓20141013.jpg
  • モミの木は残った20141013.jpg
  • 上杉神社20141013.jpg
  • 上杉家の墓20141013.jpg
  • 法音寺由緒20141013.jpg
  • 法音寺20141013.jpg
  • 上杉家の墓の前に居た猫20141013.jpg