の最近のブログ記事

 今日(2015年6月13日)、『川がつくった川、人がつくった川~川がよみがえるためには~』という本をひきふね図書館から借りて読んだ。1995年発行、著者は河川工学等の専門家で新潟大学教授(当時)の大熊孝さん。発行はポプラ社。「10代の教養図書館」というシリーズの一巻だが、「大人」の行政者やダム、堤防等の設計者にも、よく読んでもらいたい内容だ。

DSC20150613.jpg

 著者の大熊さんは今でも新潟市に住んでいるらしい。「新潟水辺の会」の会員でもある。読んでいると、あ~この人は相当川好きだなということがわかる。おれも川好きだから。なんたっておれは名字に「河」の字が入っているし。本にはいいことがたくさん書いてある。コンクリートで固められた川が何故だめかとかダムは何故だめかとか。

 しかし、城内の河川改修などの工事はなんであんなにセンス悪いのだろうか。誰が考えたのか。市長さんや議員さん、何とかしてくれ。ライン川の岸はコンクリートを使わずに石を使っているという。テトラポットの特許はフランスの会社が持っていたもので、日本は盛んにこれをつくって特許料を払っていたが、当のフランスではそれを使っていないという、へんてこな状況。さすがセンスのいい国だ、フランスは。ピケティもいるしな。

 本に書いてあったことで、これは是非実現させてみたいと思ったのが、川を自然の形に作り直すという工法。「近自然河川工法」というのだそうだ。コンクリート漬けの川のコンクリートを剥がし、自然な蛇行をつけて瀬や淵をつくったりする工法だ。これはおれが前から思っていたことにどんぴしゃ。あの藤原のザッポリのコンクリートを剥がして昔のように適度に蛇行させて瀬や淵をつくり魚が住めるような状態にする(これなら地元土建屋も仕事ができる)。ついでにそこを売り物にして観光地にする(ゴミは持ち帰ってねということで)。で、そのまたついでに雷電様の水を売る。もちろんこの利益は地元住民が受ける。ただし、センスの悪い商売はなしだ。

 水害にはどう対処するのか、なんていう人がいるかもしれない。いや絶対いるだろうな。ま、それについてはここでは省略だ。災害にはいろいろあるから、そこらへん考えてみたらいいんでないかなとは思う。一つだけ言えば、受け入れるという選択もあるよということだ。ところで、水害や地震、雷などのすべての災害をコントロールしようとするとどうなるだろう。それが上手くいったとしても、だいたいがその状態は批判の対象になるよね。小説や映画によくあるように。『すばらしい新世界』!!だな。

 本書の最後に、河川工学の教科書で言う「川」の定義に対してこう書いてある。「川そのものはたんに水を流すだけの排水路として考えていなかったということです。だから、三面張りコンクリート護岸で川の生物の命を根絶やしにしても、ダムで物質循環を遮断しても、あまり反省する必要がなかったのかもしれません」。

 城内歴史と自然を愛する会というのが幸いあるのだからここら辺を次のテーマにしたらどうかな。

(2015年6月13日午後5時半頃ビールを飲みながら記述)

花見の準備

3月16日の日曜日、家を出て、隅田川土手~スカイツリー~牛嶋神社(隅田公園)~三囲神社~向島町内などをぶらぶらしてみた。

そろそろ花見の時期だ。町会の出店が建てられ、開店を待っている。向島一丁目の町会は、先週準備し終わっていたが、ほかはこの土日に建てられた。例年通りの日程だ。

墨媞懲戒出店0316.jpg

▲オープンしたらこの辺で一杯。

 

墨堤桜橋0316.jpg

▲隅田川にかかる歩行者専用の桜橋。普通の橋と違ってこんなところにネームが表示されている。向こう河岸が浅草。

 

墨堤桜橋全景0316.jpg

▲桜橋。こう見るとわからないが、上から見るとエックス型になっている。しなやかな伸びやかなラインが美しい。

 

隅田公園桜つぼみ0316.jpg

▲一部咲いてる桜もあったが、たいていはこんな感じで、ぱんぱんに膨らんだ状態。もうすぐ咲く。撮影場所は隅田公園内・牛嶋神社付近。

 

バルタン星人あらわる

隅田公園を散歩していると、突然バルタン星人が出現。

 

隅田公園資料館遠景0316.jpg

▲これは屋根というか建物上部が特徴的な形の墨田区郷土資料館だ。スカイツリーラインに乗っていても見える。

 

隅田公園資料館みめぐりから0316.jpg

▲明るくすると、こんな感じ。この鳥居は三囲神社(みめぐりじんじゃ)。ここから歩いて1分くらいの所に郷土資料館はある。

 

濁らない川

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は東向島-秋葉原を毎日自転車通勤している。ママチャリで。そのとき必ず渡らなければならないのが墨田川に架かる橋だ。気分次第でルートを変えるので、いつも渡る橋が決まっているわけではないが、よく通るのが上流から桜橋、駒形橋、吾妻橋、駒形橋、そしてときに厩橋、蔵前橋、両国橋。

ところで、その隅田川に架かる橋には必ず、欄干の始まりというか、橋の始まる柱風のところにその橋の名前が刻まれている。名前は橋に向かって右が漢字で、左が平仮名で示される。たとえば「駒形橋」と「こまがたはし」のように。

通勤のときいつも気になってしかたなかった。発音するときは「こまがたばし」なのに、どうして「こまがたはし」と表記してあるのだろう?と。これは駒形橋にかぎらずどの橋も「はし」であって、決して「ばし」とは濁らないのだ。調べてみると、書名は覚えていないが昔の本に出ていた。これにはいわれがあって、川が濁らないようにという願いを込めてのことだそうだ。江戸時代から続く習わしらしい。なるほどなあと思いつつ、隅田川に注ぐ川に架かる橋も見てみるとすべて「○○はし」と濁っていない。地方の橋はどうなっているか、調べていないからわからないが。橋を作るときいまだにこんなことを考えながら作っているとは、行政もおつなところがあるなあと思った。

はじめての八海山倶楽部デビューです(すみません写真の右下に指が移ってます)。2012092807450000.jpg

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはカテゴリを追加です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

タグクラウド

Profile

アイテム

  • 20151024寺中.jpg
  • 20151024スカイツリー国連色.jpg
  • 20150930ほぼ満月.jpg
  • 20150930ほぼ満月.jpg
  • 向島5丁目弘福寺前0921.jpg
  • 向島5丁目0921.jpg
  • DSC20150613.jpg
  • 20150330墨堤隅田公園.jpg
  • 20150329墨堤桜橋から下流.jpg
  • 20150329墨堤少年野球場.jpg
  • 20150328墨堤通り.jpg
  • 20150326墨堤桜橋から下流.jpg
  • クロノス狂った果実.jpg
  • クロノス冬は厳しく.jpg
  • 冬の富士山0123.jpg
  • 冬の夕富士0118.jpg
  • 冬の夕富士0117.jpg
  • 軍艦春日.jpg
  • マーシャル方面皆20150113.jpg
  • マーシャルオクマキ20150113.jpg
  • 0103新潟六日町駅ホームから.jpg
  • 0103新潟泉の辺り.jpg
  • 0103上原鎮守様.jpg
  • 0102新潟五日町スキー場.jpg
  • 0102新潟家から下.jpg
  • 0101新潟家から下.jpg
  • 0102新潟家から上.jpg
  • 0101新潟家から上.jpg
  • 0102新潟庭.jpg
  • 0101新潟庭.jpg