智通'Page

城内に生まれてもう少しで古希、定年後は田んぼと畑で農作業の毎日です。
 

「城内さんぽ・井口亘」展から「「城内さんぽー歴史編」展 展に4月から引き継がれました。

「新編城内郷土誌」を資料にイラストや写真で紹介します。4月からは広堀、中手原、山口集落です。H29-4-21城内さんぽ歴史編1.jpg

トミオカホワイト美術館のロビーで城内地域協議会、城内分館、美術館、地元写真愛好家などが協力して展示しています。H29-4-21城内さんぽ歴史編2.jpg

八海山の紹介が詳しくされています。中手原の開拓時代の写真があります。H29-4-21城内さんぽ歴史編3.jpg

H29-4-21城内さんぽ歴史編4.jpg

なつかしい中手原開拓時代の写真です。H29-4-21城内さんぽ歴史編6.jpg

新堀新田在住です。人物を入れました。H29-4-21城内さんぽ歴史編10.jpg

4段重ねの八海山の景色です。H29-4-21城内さんぽ歴史編11.jpg

桜がテーマに成っています。 

H29-4-21城内さんぽ歴史編12.jpg

美術館入口のツバキがピンクの花を付けていました。H29-4-21城内さんぽ歴史編5.jpg

美術館前からの残雪の八海山です。H29-4-21城内さんぽ歴史編7.jpg

宇田沢川の堤防に咲くイチゲの群生です。H29-4-21城内さんぽ歴史編8.jpg

このイチゲの花は白くて葉は緑色だったが周りは紫の葉っぱが一杯だった。H29-4-21城内さんぽ歴史編13.jpg

 

4/15(土)城内分館主催のシルバーボウリング大会がサウンドボウル六日町 で行なわれた。参加者は約40人であった。

60歳以上で会費500円で2ゲームであった。 

二階の10レーンを借り切っての大会であった。 

私は今回で4回目くらいの参加であった。

上村分館長から今年度最初の行事です。これからも協力をお願いしますとの挨拶がありました。H29-4-15シニアボーリング1.jpg

私は最後の10レーンで3人で投げた。他のレーンは4人でした。女性は20点のハンデーがついた。H29-4-15シニアボーリング2.jpg

他のレーンを見ると最高200点が出ていた。H29-4-15シニアボーリング3.jpg

9,10レーンです。私は2ゲーム最高でストライク1、スペアー3であった。H29-4-15シニアボーリング4.jpg

他のレーンではストライクの連打やスペアーの連続などが出ていた。H29-4-15シニアボーリング5.jpg

この高得点は練習のたまものですね。驚きました。H29-4-15シニアボーリング6.jpg

トップの加藤さんに景品とトロフィーが手渡された。スペアーの連続でした。H29-4-15シニアボーリング7.jpg

1位 加藤さん 2位 久川さん 3位 松田さんでした。到底私などには手が届かない雲の上の高得点だった! H29-4-15シニアボーリング8.jpg

 

4/14(金) 良いお天気であったので午後から六万騎のカタクリや雪割草などを下見に行って来た。

地蔵堂から登って緩やかな庚申塔側に下山した。

登り口から雪割草 やカタクリが満開でした。

頂上付近のカタクリはまだ葉っぱだけの状態だった。

今週末あたりから見頃になると思うが。

 

登り口のカタクリと雪割草です。H29-4-14六万騎カタクリ11.jpg

4/14日の麓地蔵堂側六萬騎駐車場です。H29-4-14六万騎カタクリ1.jpg

地蔵堂からの登山口、石碑に登山の安全を願って登った。H29-4-14六万騎カタクリ4.jpg

カタクリが綺麗だった。 

H29-4-14六万騎カタクリ2.jpg

カーブを上がると一面にカタクリが咲いていた。木が伐採されて日当たりが良くなったせいかカタクリが広がった。H29-4-14六万騎カタクリ5.jpg

頂上手前のスペースはカタクリの葉っぱだけでした。H29-4-14六万騎カタクリ6.jpg

頂上ではグループが休んでいました。カタクリや桜はまだ早かった。H29-4-14六万騎カタクリ7.jpg

ユズリハの緑が鮮やかだった。H29-4-14六万騎カタクリ8.jpg

アズマイチゲ、岡村付近の宇田沢川の土手に咲くイチゲを思い出した。H29-4-14六万騎カタクリ10.jpg

イワウチワの群生です。 

H29-4-14六万騎カタクリ9.jpg

濃いピンクの可憐な雪割草です。H29-4-14六万騎カタクリ12.jpg

 

 

 

 

3/26 平成30年度開校の八海中学校の見学会がありました。

増築部分(管理棟)の工事現場は見守ってきましたがようやく完成しました。今後は新築校舎に現生徒が移動して空いた旧校舎の改修工事が行なわれる。

来年の4月には五十沢・大巻・城内中学校が統合されて八海中学校としてスタートします。

雪が解ければ少し離れた場所に新しく造成されるグランド工事も再開される。

正面校門

H29-3-30八海中学校1.jpg

正面駐車場

H29-3-30八海中学校2.jpg

生徒玄関3列の靴だな

H29-3-30八海中学校3.jpg

職員靴箱

H29-3-30八海中学校4.jpg

玄関を入ると統合記念ホールの広いスペースがあり、右側に3校の校歌が掲げられている。下にはガラス窓のスペースが4個ある。

3校のトロフィーなどを掲示する。もう1つはこれからの八海中学校の場所となる。

H29-3-30八海中学校5.jpg

左側には3校の歴代校長の写真が掲示されている。

H29-3-30八海中学校7.jpg

城中歴代校長。私は山本政治校長先生でしたね。

H29-3-30八海中学校6.jpg

統合記念ホールの吹き抜け空間

H29-3-30八海中学校15.jpg

職員室(1F)

H29-3-30八海中学校8.jpg

校長室(1F)

H29-3-30八海中学校9.jpg

特別支援学級室(2F)

H29-3-30八海中学校10.jpg

多目的ホール(2F)

H29-3-30八海中学校11.jpg

多目的広場

H29-3-30八海中学校12.jpg

男子トイレ

H29-3-30八海中学校13.jpg

男子トイレ

H29-3-30八海中学校14.jpg

更衣室

H29-3-30八海中学校16.jpg

第二体育館(2F)ピッカピッカの体育館

H29-3-30八海中学校17.jpg

第二体育館(2F)の下部(1F)ピロティ構造。雨天時の練習が出来る。

H29-3-30八海中学校21.jpg

屋上のプール(3F)

H29-3-30八海中学校19.jpg

車イス用エレベーター

H29-3-30八海中学校18.jpg

校舎案内板

H29-3-30八海中学校20.jpg

新野球グランドの造成(H28.11月)

H29-3-30八海中学校22.jpg

3/12  早朝から新堀新田の「十二講」行事が行なわれました。

毎年、この日に行なわれて区の役員が中心になって続いている。

 

雪の山を作って真ん中に大きな目玉を入れて、その回りに山仕事の道具を 書いた。SDIM1410.jpg

前の日に雪山作りを始める。   SDIM1390.jpg

神社参道をカンジキを付けて踏み固めていく。 SDIM1396.jpg

行事当日の早朝です。参道を楽に歩けました。 SDIM1398.jpg

藤原山方面から朝日が上がって来た。凍み渡りが出来たが大人には少し緩かった。 SDIM1402.jpg

暮坪の栗田宮司様から来ていただき拝んでもらいました。行政役員,氏子役員,氏子などが参列しました。 SDIM1412.jpg

神主から御払いを受けました。SDIM1417.jpg

参加者が弓矢を引いて天に向けて呪文を唱えてからカラスの目玉に向けて矢を打った。SDIM1425.jpg

目玉に当てるには何回も挑戦が必要だった。SDIM1436.jpg

もう5年くらい使っている弓と矢です。子供のころは弓を作るのが楽しみだった。SDIM1437.jpg

赤飯、さきイカ、お頭付きの小魚、御神酒などがふるまわれました。SDIM1438.jpg

栗田神主を囲んで役員と氏子です。雪もあり山もうまく出来ました。H29-3-12十二講行事1.jpg

 

 

 

 

雪の錯覚すべり台

3/5 午後、旧東地区の八海山麓スキー場で「八海山麓 ホワイト・カーニバル」と「雪の錯覚すべり台」の展示が行なわれていました。

池田美術館で行なわれている「錯覚展」(1/7~3/27)を以前、見学しました。ボールが坂を上るのを見て驚きました。

鏡を透して立体物を見るとそれは現物とは違う立体になっていた。不思議な景色であった。

その後、北里大学専門学院で作成者の杉原教授が原理の講義を行なったので聞きにいった。

そして、今回の野外での大きな雪での展示が行なわれた。

滑り台の中央がくぼんでいるように見える。子供のソリは上って行くように見える。この位置から片目で見ると尚更にくぼんで見える。SDIM1289.jpg

NHK新潟が取材に来ていた。夕方のNHKローカルニュースで放映された。SDIM1285.jpg

滑り台の下で見たら中央が1mくらい高かった。実際は子供がソリで下に滑っているのが現実だった。SDIM1282.jpg

階段が本物のように見えた。人間の目(脳)がだまされることがたやすいことが解った。SDIM1294.jpg

若者がステージ上で舞踊ダンスを披露していた。SDIM1261.jpg

「八海太鼓」が力強く披露された。SDIM1313.jpg

福島の民謡歌手で昨年も駆けつけたようです。ステージですばらしい民謡を披露しました。SDIM1304.jpg

模擬店も賑わっていました。SDIM1252.jpg

モチつきのふかしガマです。カマを囲んでふかし上がるのを待っていました。SDIM1296.jpg

モチつき作業です。千切ったモチはきな粉をまぶして振る舞われました。SDIM1322.jpg

ポニーやうさぎとふれ合うコーナーもありました。SDIM1272.jpg

脇では雪上モービルカーで引っ張るボートに乗って親子が楽しんでいました。結構スピードが出ていました。SDIM1249.jpg

3/4  8:00 今朝は冷え込んでシミ渡りが出来たので三国川方面に雪上を歩いてみた。

道路を歩かないで家の前から直線で雪上を歩いて川へ向かった。 H29-3-4しみわたり1.jpg

今は使っていない一本のハサ木ですが綺麗に枝下ろしをしてあった。長い棒や支え棒を押っ掛けている。 H29-3-4しみわたり2.jpg

雪上はなにも障害物がないので気の向くままに自由に歩いた。気持がよかった。表面はツルツルしてスケートリンクのようだった。 H29-3-4しみわたり3.jpg

さくり親水公園の駐車場です。まだ雪が一杯です。H29-3-4しみわたり4.jpg

バーベーキュウ周りです。春が待ち遠しいです。 H29-3-4しみわたり5.jpg

雑木のところまで容易に行かれた。近くで見るとツルが一杯絡まっていた。昔の原っぱが残っていた。H29-3-4しみわたり7.jpg

帰る頃は太陽が高くなって雪上が緩んで来た。農道の端の陰のところはまだ固かったのでそこを歩いた。 H29-3-4しみわたり9.jpg

 

2/26 城内開発センター駐車場を会場に「城内弥三郎ばさ 生誕地まつり 」が行なわれました。

当日は小雨模様でしたが17時頃から雨も止んで気持ち良い祭りになりました。

歩け歩けを兼ねて歩いて駆け付けた。

到着したら模擬店がオープンしていたので甘酒、カジカ酒、ムジナ汁を頂いた。

大和の国際大学の学生が大勢参加して祭りを盛り上げました。

SDIM0933.jpg

雪壁の灯篭です。会場周辺に作られてカラフルな風景になりました。ローソクは4時間くらい持つようです。 SDIM0909.jpg

上原地内のメーン道路に灯篭が作られた。 SDIM1029.jpg

参加者がチョウチンを持って城内開発センターを出発しH30年度開校の八海中学校の脇を通って行進した。SDIM0926.jpg

上原のメーン道路を太鼓をたたきながら一周した。 SDIM0927.jpg

きれいにムジナメークした国際大学の学生です。 SDIM0920.jpg

弥三郎ばさに扮した女性を囲んで。通訳の名札を付けていました。情報高校の学生も通訳してくれました。 SDIM0927.jpg

「ムジナ化け大笑」の参加者です。気に入ったムジナメーク写真に上からマークを貼る。40人以上の参加者だった。SDIM0941.jpg

「大吼え大会」の親子です。子供が吼えました。 SDIM0949.jpg

「大吼え大会」の男性です。 SDIM0972.jpg

「大吼え大会」の女性です。 やさしい叫び声でした。市内の方かな? SDIM0992.jpg

各賞の授賞式です。

SDIM1020.jpg

模擬店です。甘酒、御神酒、ムジナ汁がふるまわれました。たこ焼き、たい焼き、うどんなどが出された。 SDIM1014.jpg

 

 

   2/11 市雪まつりが六日町大橋下の特設会場で開かれた。

湯沢の帰りに立ち寄って見学した。去年よりは雪の量も多くて冬らしくなった。

 

「お六と桂姫銅像」、お六は直江兼続が小姓だった時の呼び名です。桂姫は主君である上杉景勝の妹です。二人の恋が「お六甚句」で唄われている。

 この銅像は六日町の親しみやすいシンボルですね。 「お六甚句」  https://www.youtube.com/watch?v=j8PFdAhgJsE

 

100-SDIM0335.JPG

 

直江兼続公の愛の兜レリーフです。102-SDIM0329.jpg

伊勢町大神宮境内の賽の神行事です。104-SDIM0426.jpg

伊勢町大神宮境内の参拝者です。福引を頂いて、テントでは温かい豚汁も出ていた。106-SDIM0454.jpg

境内に作られた「ほんやら洞」です。子供達が入って楽しんでいました。108-SDIM0568.jpg

六日町大橋下の特設会場です。奥がステージです。200-SDIM0480.jpg

雪灯りの回廊です。 

202-SDIM0490.jpg

202-SDIM0490.jpg 雪山の上から会場を見渡す「上杉謙信公」のフィギア像です。204-SDIM0494.jpg

上田五十騎・毘龍剣勇会 (剣舞) 206-SDIM0512.jpg

笠をかぶった雪だるまです。208-SDIM0525.jpg

ドラえもんの雪像です。 

210-SDIM0542.jpg

町内ふれあい店。  

212-SDIM0531.jpg

町内ふれあい店。 

214-SDIM0532.jpg

町内アーケードの灯篭です。

216-SDIM0424.jpg

町内 の亀?の灯篭です。

218-SDIM0424.jpg

 

 

 

1/10  12:00  暮坪の八海神社参道脇の竹やぶ 森の中でここだけ日が射して青竹の色が鮮明であった。   H29-1-10暮坪歩け7.jpg

八海神社 建立平安中期(913年) (新編 城内郷土誌)   H29-1-10暮坪歩け8.jpg

 八海山表山元里宮御神木(杉) 周囲6.6m  見上げると枝が四方八方に延びていた。約1千年か。H29-1-10暮坪歩け11.jpg

暮坪の満願寺 高く吊られた大きなしめ縄が飾ってあった。大黒様と歳徳神の御札が各家に配られる。   H29-1-10暮坪歩け4.jpg

本家の八海山神社社務所 松の木を利用して大きなしめ縄が飾られていた。毎年恵比寿様の御札が配られる。  H29-1-10暮坪歩け6.jpg

大きな蔵と合体したような家でした。  H29-1-10暮坪歩け5.jpg

集会所裏の石碑 手前の赤い前かけの石碑は太良兵衛作だった。前左下に枡にソバの実▼印が刻まれていた。H29-1-10暮坪歩け3.jpg

帰りに鬼の面の宇田沢川に降りて見た。冷たい水の流れが早かった。八海山も輝いて綺麗だった。  H29-1-10暮坪歩け9.jpg

鬼の面の山には雪がなかった。日当たりのいい山である。  H29-1-10暮坪歩け10.jpg

今日(1/11)は一面の銀世界になった。雪の降る合間の気持の良い歩け歩けであった。

 

 

 

 

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事

Profile

アイテム

  • H29-4-21城内さんぽ歴史編12.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編11.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編10.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編13.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編8.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編7.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編5.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編6.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編4.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編3.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編2.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編1.jpg
  • 昭和30年代上原交差点地図 .jpg
  • H29-4-15シニアボーリング8.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング7.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング6.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング5.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング4.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング3.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング2.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング1.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ1.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ12.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ9.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ10.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ8.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ7.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ6.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ5.jpg
  • H29-4-14六万騎カタクリ3.jpg