城内に生まれてもう少しで古希、定年後は田んぼと畑で農作業の毎日です。

2013年2月アーカイブ

 大塚太良兵衛は1790年(寛政2年)に越後国魚沼郡五十沢舞台村(旧六日町大字舞台)で生まれ、石工として20歳から60歳までの40年間に約3000点の作品を制作した。「大福細工覚帳」によれば、作品は石塔・石仏なとの他に、囲炉裏石・石臼などの生活用具や根石・石橋などの土木関係品なども見ら れる。作品は五十沢・城内地区を中心に分布しており、大和町・塩沢町の一部にまで広がる。1850年(嘉永3年)10月3日没。享年61歳。戎名「慈雲玄道信士」。太良兵衡の墓は舞台の共同墓地にある大塚家の墓のすぐ背後に他の石塔と並んで立っている。 (ikazawa HPより参照)かざわ 

火伏地蔵(新堀新田十二神社   じゅうに)重量感の)じゅう)

大塚太良兵衛は1790年(寛政2年)に越後国魚沼郡五十沢舞台村(現六日町大字舞台)で生まれ、石工として20歳から60歳までの40年間に約3000点の作品を制作した。「大福細工覚帳」によれば、作品は石塔・石仏なとの他に、囲炉裏石・石臼などの生活用具や根石・石橋などの土木関係品なども見ら れる。作品は五十沢・城内地区を中心に分布しており、大和町・塩沢町の一部にまで広がる。1850年(嘉永3年)10月3日没。享年61歳。戎名「慈雲玄道信士」。太良兵衡の墓は舞台の共同墓地にある大塚家の墓のすぐ背後に他の石塔と並んで立っている。    

7IMG_6091.jpg

区内の中央の場所から今の十二神社境内に移築されたもので、小屋の中に安置されているために、長年の 雨に直接当たらないため、肌が綺麗で造られた当時のままの状態で、ボリュウム感のあるお地蔵さんである。 あつみ

この火防(ひぶせ)の地蔵様の大きさは丈130cm幅60cm。建立年代は台座に「文政4年辛巳(かのとみ)村中」かっこに  と刻まれている。(1821年)「大福細工覚帳」には「2分1貫200文也」と記されている。太良兵衛32歳の作。
言われは文政3年(1820)10月23日 新堀新田に大火があり、6戸が全焼失 した、そのために防火と無病・息災のために建立された。
昭和48年12月7日、区内延命院前にあったものを、雪の中、ソリに乗せて現在地に移す。毎年、8月24日に「地蔵びまち」の祭礼を行なっている。輪になって盆踊りも行なう。
 

二十三夜塔(新堀下諏訪神社  

十三夜塔(大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ) 名称)二十三夜塔(大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化
14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ)  

7IMG_6130.JPG

 大きさは丈120cm幅30cm、建立年代は本体右側に「文化14年9月吉日丁(ひのとうし)」(1817)左側に「村講中」 が刻まれている。場所は新堀の下諏訪神社境内。隣の石碑のコブが気になった。(大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ) 名称)二十三夜塔(大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化
14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ)

場所はばば大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ) 名称)二十三夜塔(大きさ)丈120cm幅30cm(建立年代)本体右側に「文化14年9月吉日丁(ひのとうし)」左側に「村講中」(1817)
「大福細工覚帳」 *分*貫*文也
(言われ)  

二十三夜供養塔 ( (田崎 日 日  吉神社境内”山王様”)↓

 7IMG_6120.JPG

 大きくて重量感のある「二十三夜塔」である。大きさは丈210cm70cm。建立年代は本体に「文化14年7月吉日講中」かっこにが刻まれている。(1817)

 おおきくて

 

 大きさは丈210cm幅70cm。         二十三夜塔(法音寺 亀福寺)↓

7IMG_6132.JPG

この「二十三夜塔」は大きさが丈165cm幅70cm厚さ40cm。建立年代は本体右横に「文化4年卯7月」龍海、前の灯り台裏にかっこが刻まれている。(1807) 石工のやわらかい書体でぬくもりが感じられる大きな自然石の二十三夜塔である。

 くようく

供養塔(法音寺)↓

 7IMG_6134.JPG

 「四国・西国・坂東・秩父供養塔」で大きさは丈240cm幅90cm厚さ60cm。建立年代は本体右裏に「文化12年玄?4月8日」前の灯り台裏にかっこが刻まれている。(1815) 石工の凛とした彫り方が感じられる大きな硬い自然石である。

 

地蔵様(藤原墓地地内)↓ じじじぞう    

7IMG_6136.JPG

  地蔵様の大きさは丈150cm幅50cm厚さ30cm。建立年代は本体台座裏に「文政3年辰2月」かっこが刻まれている。(1820) 石工の手のぬくもりが感じられる地蔵様です。屋根がないため自然風化が少し進んでいる。 

 二十三夜塔(下原集落開発センター前)↓

石工の凛とした彫り方が感じられる大きな硬い自然石である。   

 四国・西国・坂東・秩父供養塔(大きさ)丈240cm幅90cm厚さ60cm(建立年代)本体右裏に「文化12年玄?4月8日(1815)
 四国・西国・坂東・秩父供養塔(大きさ)丈240cm幅90cm厚さ60cm(建立年代)本体右裏に「文化12年玄?4月8日(1815)
  
  
7IMG_6118.JPG

 「二十三夜塔」下原集落開発センター 前。大きさは丈230cm幅120cm厚さ70cm。建立年代は本体右脇に「文政2年8月吉日下原村」かっこが刻まれている。(1819)太良兵衛30歳の作。手のぬくもりが感じられる大きな自然石で、重量感のある背丈の高い二十三夜塔である。下原交差点の栗田商店前に立てられていたものが移築された。

建立年代)本体右脇に「文化2年8月吉日下原村」 (1805)
  石仏 

石仏(藤原地内墓地)↓

 7IMG_6138.JPG

 藤原地内墓地の石仏(菩薩)。頭上が前に反り返っている。右手をあぐらの上に突いているポ―ス。白い花崗岩で他の物と違う。左下にかっこにが刻まれている。 

 

菩薩像の石仏は各集落の墓地に確実に点在している。気品のある石仏で目に着くことが多い。自然に手を合わせ石工、太良兵衛を偲んで見るのも楽しいものです。

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

Profile

アイテム

  • 7IMG_6138.JPG
  • 7IMG_6136.JPG
  • 7IMG_6134.JPG
  • 7IMG_6118.JPG
  • 7IMG_6132.JPG
  • 7IMG_6120.JPG
  • 7IMG_6130.JPG
  • 7IMG_6091.jpg
  • 7IMG_6081.jpg
  • 7IMG_6075.jpg
  • 7IMG_6074.jpg
  • 7IMG_6070.jpg
  • 7IMG_6067.jpg
  • 7IMG_6066.jpg
  • 77IMG_6058.JPG