城内に生まれてもう少しで古希、定年後は田んぼと畑で農作業の毎日です。

季節の最近のブログ記事

「城内さんぽ・井口亘」展から「「城内さんぽー歴史編」展 展に4月から引き継がれました。

「新編城内郷土誌」を資料にイラストや写真で紹介します。4月からは広堀、中手原、山口集落です。H29-4-21城内さんぽ歴史編1.jpg

トミオカホワイト美術館のロビーで城内地域協議会、城内分館、美術館、地元写真愛好家などが協力して展示しています。H29-4-21城内さんぽ歴史編2.jpg

八海山の紹介が詳しくされています。中手原の開拓時代の写真があります。H29-4-21城内さんぽ歴史編3.jpg

H29-4-21城内さんぽ歴史編4.jpg

なつかしい中手原開拓時代の写真です。H29-4-21城内さんぽ歴史編6.jpg

年間予定です。         H29-4-21城内さんぽ歴史編14.jpg

新堀新田在住です。人物を入れました。H29-4-21城内さんぽ歴史編10.jpg

4段重ねの八海山の景色です。H29-4-21城内さんぽ歴史編11.jpg

桜がテーマに成っています。 

H29-4-21城内さんぽ歴史編12.jpg

美術館入口のツバキがピンクの花を付けていました。H29-4-21城内さんぽ歴史編5.jpg

美術館前からの残雪の八海山です。H29-4-21城内さんぽ歴史編7.jpg

宇田沢川の堤防に咲くアズマイチゲの群生です。H29-4-21城内さんぽ歴史編8.jpg

このアズマイチゲの花は白くて葉は緑色だったが周りは紫の葉っぱが一杯だった。H29-4-21城内さんぽ歴史編13.jpg

 

4/14(金) 良いお天気であったので午後から六万騎のカタクリや雪割草などを下見に行って来た。

地蔵堂から登って緩やかな庚申塔側に下山した。

登り口から雪割草 やカタクリが満開でした。

頂上付近のカタクリはまだ葉っぱだけの状態だった。

今週末あたりから見頃になると思うが。

 

登り口のカタクリと雪割草です。H29-4-14六万騎カタクリ11.jpg

4/14日の麓地蔵堂側六萬騎駐車場です。H29-4-14六万騎カタクリ1.jpg

地蔵堂からの登山口、石碑に登山の安全を願って登った。H29-4-14六万騎カタクリ4.jpg

カタクリが綺麗だった。 

H29-4-14六万騎カタクリ2.jpg

カーブを上がると一面にカタクリが咲いていた。木が伐採されて日当たりが良くなったせいかカタクリが広がった。H29-4-14六万騎カタクリ5.jpg

頂上手前のスペースはカタクリの葉っぱだけでした。H29-4-14六万騎カタクリ6.jpg

頂上ではグループが休んでいました。カタクリや桜はまだ早かった。H29-4-14六万騎カタクリ7.jpg

ユズリハの緑が鮮やかだった。H29-4-14六万騎カタクリ8.jpg

アズマイチゲ、岡村付近の宇田沢川の土手に咲くイチゲを思い出した。H29-4-14六万騎カタクリ10.jpg

イワウチワの群生です。 

H29-4-14六万騎カタクリ9.jpg

濃いピンクの可憐な雪割草です。H29-4-14六万騎カタクリ12.jpg

 

 

 

 

3/4  8:00 今朝は冷え込んでシミ渡りが出来たので三国川方面に雪上を歩いてみた。

道路を歩かないで家の前から直線で雪上を歩いて川へ向かった。 H29-3-4しみわたり1.jpg

今は使っていない一本のハサ木ですが綺麗に枝下ろしをしてあった。長い棒や支え棒を押っ掛けている。 H29-3-4しみわたり2.jpg

雪上はなにも障害物がないので気の向くままに自由に歩いた。気持がよかった。表面はツルツルしてスケートリンクのようだった。 H29-3-4しみわたり3.jpg

さくり親水公園の駐車場です。まだ雪が一杯です。H29-3-4しみわたり4.jpg

バーベーキュウ周りです。春が待ち遠しいです。 H29-3-4しみわたり5.jpg

雑木のところまで容易に行かれた。近くで見るとツルが一杯絡まっていた。昔の原っぱが残っていた。H29-3-4しみわたり7.jpg

帰る頃は太陽が高くなって雪上が緩んで来た。農道の端の陰のところはまだ固かったのでそこを歩いた。 H29-3-4しみわたり9.jpg

 

1/10  12:00  暮坪の八海神社参道脇の竹やぶ 森の中でここだけ日が射して青竹の色が鮮明であった。   H29-1-10暮坪歩け7.jpg

八海神社 建立平安中期(913年) (新編 城内郷土誌)   H29-1-10暮坪歩け8.jpg

 八海山表山元里宮御神木(杉) 周囲6.6m  見上げると枝が四方八方に延びていた。約1千年か。H29-1-10暮坪歩け11.jpg

暮坪の満願寺 高く吊られた大きなしめ縄が飾ってあった。大黒様と歳徳神の御札が各家に配られる。   H29-1-10暮坪歩け4.jpg

本家の八海山神社社務所 松の木を利用して大きなしめ縄が飾られていた。毎年恵比寿様の御札が配られる。  H29-1-10暮坪歩け6.jpg

大きな蔵と合体したような家でした。  H29-1-10暮坪歩け5.jpg

集会所裏の石碑 手前の赤い前かけの石碑は太良兵衛作だった。前左下に枡にソバの実▼印が刻まれていた。H29-1-10暮坪歩け3.jpg

帰りに鬼の面の宇田沢川に降りて見た。冷たい水の流れが早かった。八海山も輝いて綺麗だった。  H29-1-10暮坪歩け9.jpg

鬼の面の山には雪がなかった。日当たりのいい山である。  H29-1-10暮坪歩け10.jpg

今日(1/11)は一面の銀世界になった。雪の降る合間の気持の良い歩け歩けであった。

 

 

 

 

小雪の年末年始であった。去年も少なかった。こんな年が続くと心配です。今日は晴れたので歩け歩けで方向を変えて村しもの泉新田・泉に向かった。

泉新田地内のモクレン?のつぼみかな。柔らかそうなふっくらとしたつぼみが付いていた。 H28-1-7泉新田1.JPG

真白い風景の中に赤い屋根の美しい家。  H28-1-7泉新田2.JPG

城巻橋から下流の魚野川。  H28-1-7泉新田8.JPG

泉ビレッジの入口の大きなヒバの木。緑の苔が一杯付いていた。 H28-1-7泉新田7.JPG

泉ビレッジは3/中旬ごろまで営業休止の看板が出ていた。 H28-1-7泉新田12.JPG

藤ノ木養魚場 ニジマスが一杯泳いでいた。           H28-1-7泉新田9.JPG

雪に冴えて美しい家。          H28-1-7泉新田5.JPG

泉新田から泉に出て見た。道脇に大きなシッカリした蔵があった。なつかしい感じの蔵だった。  H28-1-7泉新田4.JPG

泉地区からの八海山。      H28-1-7泉新田10.JPG

帰路は犬の足跡を踏んで帰った。       H28-1-7泉新田11.JPG

 

12/25 歩け歩けを兼ねて田崎から五城大橋を渡って津久野工業団地へ行って写真を撮った。

普段行くことがない会社ですがどんな会社なのか興味が湧いた。(8社)

魚沼新潟物産 (魚沼地域の産物・加工品の製造、販売 漬物など  

H28-12-25魚沼新潟物産.jpg

 

興伸精機 (内燃機・減速機部品 ) ))内燃機・減速機部品  

H28-12-25興伸精機.jpg

雪国まいたけ第4バイオセンター (まいたけ)

H28-12-25雪国まいたけ第4バ.jpg

山泰製作所 (鋳造部品加工 

H28-12-25山泰製作所.jpg

八海酒造あまさけ工場 建設現場 (あまさけ)  

H28-12-25八海酒造あまさけ工場.jpg

粉研パウテックス (粉体機器:自社開発:製造・販売   

H28-12-25粉研パウテックス.jpg

日東工業 (電子部品:抵抗、コンデンサ等:の測定およびテーピング機製造 

H28-12-25日東工業.jpg

高速紙工業 (印刷 

H28-12-25高速紙工業.jpg

工業団地内ではないのですがJAみなみカントリーエレベーター 

H28-12-25JAカントリー.jpg

JAみなみカントリー前で精米施設の井戸掘削が行なわれていた。

H28-12-25JAカントリー精米.jpg

 

 

 

 

 11/30 歩け歩けで三国川沿いを田崎方面に向かって、新堀新田・田崎工業団地 を見ながら歩いた。

地元に居ても各会社に行く機会がないのでどんな会社があるのかを写真に撮って見ました。

三国川の城内東側で11社です。

西側の津久野工業団地にも8社の会社があります。

最近進出した国道291号沿いのコマツ中越  

H28-11-30工業団地14.JPG

 

雪国まいたけ (まいたけ生産)   

H28-11-30工業団地15.JPG

 

関越イワサキ (電球類及び電球部品の製造 )  

H28-11-30工業団地10.JPG

 バンレッカ (衣料用繊維製品製造) 

H28-11-30工業団地6.JPG

フリーパネル (一般住宅用基礎コンクリート鋼製型枠の製造・販売  

H28-11-30工業団地7.JPG

大黒電線 (コイル巻線加工 

H28-11-30工業団地4.JPG

 

新潟ガービッヂ (産業廃棄物処理  

H28-11-30工業団地1.JPG

オーヒラ (眼科医療機器、医療機器、精密機械の設計、製造、組立 

H28-11-30工業団地5.JPG

中越運送 (運送・物流業一般  

H28-11-30工業団地9.JPG

ニューロング精密工業 (スクリーン印刷機製造 

SDIM8045.JPG 

樋口鉄工所 (鋼構造物、建築金物 土木関連金物 

H28-11-30工業団地13.JPG

 

団地以外の 従来からある会社

新潟砂利グループ

H28-11-30工業団地11.JPG

ホクエツ信越

H28-11-30工業団地16.JPG

種村建設

H28-11-30工業団地12.JPG

 

 

H28-12-261月分入れ替え3.jpg

12/26 16:00 トミオカホワイト美術館で「城内さんぽ」スケッチを新堀・新堀新田に入れ替え作業を行ないました。

職員と5人の助っ人が張り替えました。  H28-12-261月分入れ替え2.jpg

こんな大きなポスターから始まった「城内さんぽ」ですが後2回の展示となりました。  image3.jpg

 

image4-1.jpg

新堀地区   「{     

730x332x1niiboris-thumb-730x332-32617_gif_pagespeed_ic_bPRxBl6QfC.jpg

田崎から長森新田・麓まで延びる「新田堀」

500x350x10henn7-thumb-500x350-32641_gif_pagespeed_ic_X73n0fPnk2.jpg

句碑「田始めや 八海山に 一礼し」 500x338x4henn62-thumb-500x338-32638_gif_pagespeed_ic_IwpQILeO3j.jpg

新堀新田地区

1tubakuro-1.jpg

十二神社境内 S26年頃 婦人会 今の団塊の世代の子供時代

10sinnsinn%20(3)-thumb-650x464-13938[1].jpg

S34.9伊勢湾台風で神社が倒壊しその後新築された。

13sinnsinn-(4)gg-thumb-620x716-13941[1].jpg

同一フローアーに展示されています。 

 H28-12-261月分入れ替え8.jpg

 

H28-12-261月分入れ替え5.jpg

 

H28-12-261月分入れ替え6.jpg

 

年末年始休館日予定表 

アート回廊休館予定表.jpg

美術館前からの八海山

 H28-12-261月分入れ替え1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12/10の初雪から2日立ち、今日は快晴で青空が出たので車で散策した。

田崎地内 古い大きな柿の木が田んぼの水面に映っている。  H28-12-12初雪1SDIM8385.JPG

妙音寺地内 快晴の青空の中の柿の木です。柿の実がまぶしく見えた。背後の八海山が輝いて美しかった。  H28-12-12初雪4.JPG

妙音寺地内 隣の柿の木です。八海山が美しかった。  H28-12-12初雪3.JPG

藤原地内 雪を頂いた三本の柿の木が綺麗だった。  H28-12-12初雪2.JPG

野際地内 小さな柿の実が一杯付いていました。  H28-12-12初雪5.JPG

下出浦地内 小さな木にいっぱい柿の実が生っていました。  H28-12-12初雪8.JPG

岡地内 二基の石碑と八海山 H28-12-12初雪6.JPG

岡地内 十王堂と泣き石:十王堂は昔かけごとが流行って村が立ち行かなくなることを心配した人達が五十沢から譲り受けて建立した。 

泣き石は村下にあった。お客や家族の見送り、嫁が来た時の出迎え、別離の時にその石の有る所までしか行かず、そこで泣いたと伝わっている。

(新編城内誌より)  

H28-12-12初雪7.JPG

下薬師堂地内 二十三夜塔と庚申塔等(約150年前) (新編城内誌より) H28-12-12初雪10.JPG

下原地内 畑の中の一本柿、小さな実がいっぱいついていた。 鳥のエサになっている。 H28-12-12初雪9.JPG

 

八海山も3回目の冠雪があった。

里にも寒い北風が吹いてきた。城内も晩秋の景色が深くなってきた。 

小・中学校近辺を撮って見た。

新設統合八海中学校の野球グランド・テニスコートの基盤整備工事です。 八海山を見ながら野球が出来そうです。     SDIM7469.jpg

城内小学校脇のポプラの木。その下を小学生が下校している。  SDIM7480.jpg

グランド脇の小さな丘の紅葉 SDIM7485.jpg

下原の神社の紅葉です。  SDIM7496.jpg

黄色のシダと枯れたアジサイ。    SDIM7497.jpg

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは城内の名所旧跡です。

次のカテゴリは行事・祭りです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Profile

アイテム

  • H29-5-21山菜会13.jpg
  • H29-5-21山菜会12.jpg
  • H29-5-21山菜会10.jpg
  • H29-5-21山菜会9.jpg
  • H29-5-21山菜会8.jpg
  • H29-5-21山菜会7.jpg
  • H29-5-21山菜会6SDIM3053.jpg
  • H29-5-21山菜会2SDIM3042.jpg
  • H29-5-21山菜会3SDIM3046.jpg
  • H29-5-21山菜会1SDIM3032.jpg
  • H29-5-21山菜会11.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編14.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編14.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編12.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編11.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編10.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編13.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編8.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編7.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編5.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編6.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編4.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編3.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編2.jpg
  • H29-4-21城内さんぽ歴史編1.jpg
  • 昭和30年代上原交差点地図 .jpg
  • H29-4-15シニアボーリング8.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング7.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング6.jpg
  • H29-4-15シニアボーリング5.jpg