故郷を離れて既に40年 東京・武蔵野の水辺を中心とした身近な風景と駄文を発信します

神田川と紅葉の小石川後楽園

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

東京に残る屈指の大名庭園、小石川後楽園

小石川後楽園は水戸徳川家の祖、頼房が中屋敷(後、上屋敷)として造ったもので、二代藩主光圀の代に完成とある。
「後楽園」の意は、中国の故事「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から名付けられたと言うが、岡山にも日本三名園の一つとして「後楽園」がある。
小石川後楽園の隣は、東京ドームや遊園地で知られる「後楽園」が有って、今ではこちらが有名かも知れないが、勿論本家は小石川後楽園である。

なお小石川後楽園は文化財保護法によって国の特別史跡・特別名勝に指定されているが、この重複指定を受けているのは、浜離宮恩賜庭園、金閣寺など、ごく限られているそうな。
ともあれ、東京に残る大名庭園の中でも屈指の規模と景観には違いない。特に紅葉の名所として知られている。

 

神田上水とのかかわり

武蔵野・東京における「水辺フェチ」としてのおいらには、庭園の見事さや紅葉の鮮やかさと共に、ここが神田上水の重要なキーポイントであることに興味深い。
関口大洗堰で堰き止められた神田上水はそこで二つに分けられ、左側水路を上水(水道用)とし、余水を右側に流した。この余水の流れが江戸川と呼ばれるようになったが、1965年(昭和40年)河川法改正で神田川に統一された。
この江戸川の、今のお茶の水駅辺りが非常に深くなっていて「東京のグランドキャニオン」などと呼ばれることも有るほどだが、この渓谷は「仙台堀」「伊達堀」などと呼ばれ、二代将軍秀忠の命によって伊達藩が、当時の神田山と呼ばれていた本郷台地を切通した人口の谷。

関口大洗堰で分水された左側の上水は、一旦水戸藩江戸上屋敷(現在小石川後楽園)に引き込まれ、邸内の生活用水、庭園の池などに使われた後屋敷を出て、掛樋(これが水道橋だ)によってこの江戸川の渓谷を超えて江戸市中に配水されていた。
小石川後楽園にはこの神田上水の跡が残っている。

神田川-4 も併せて参照してください。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

161204小石川後楽園.gif

 

撮影マップ

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

161204photomap.jpg

 

外周

後楽園駅(地下鉄丸ノ内線・南北線)を降りたところ

入口は反対側なのでほぼ半周しなければならないが、この塀沿いの外周も風情がある。

YOKL2833.JPG

 

六葉葵門の瓦

水戸徳川家の正式な家紋は三葉葵だが、これは裏家紋なんだそうだ。

YOKL2834.JPG

YOKL2835.JPG

YOKL2836.JPG

YOKL2837.JPG

 

振り返ったところ

YOKL2838.JPG

YOKL3214.JPG

YOKL2839.JPG

 

江戸城外堀の石垣再利用

この築地塀は、江戸城鍛冶橋門北側外堀城跡から出土した石垣の石材を使い、本園が作られた当時の「打ち込みハギ」と呼ばれる石積み技法で再現されたそうだ。
石材を調達した大名を現す刻印や石割の際の「矢穴」などが確認できる。

YOKL3110.JPG

YOKL3111.JPG

YOKL3211.JPG

 

西門

通常の一般出入り口はこちら。

※ なお園内の写真は、順不同です。

YOKL2841.JPG

YOKL2842.JPG

 

園内風景

YOKL3207.JPG

YOKL3205.JPG

 

入口脇の涵徳亭

YOKL3206.JPG

 

小蘆山

YOKL3124.JPG

 

西湖の堤

中国の景勝地「西湖」を模したもの。大名庭園「西湖の堤」の先駆けとなった、と案内板に有る。

YOKL3128.JPG

 

YOKL2867.JPG

 

大堰川

京都嵐山の下を流れる大堰川にちなんだもので、三代将軍家光がしばしば来園し、大泉水の設計と共に種々助言を与えたと言われている。両岸には蛇籠を伏せ、神田上水の水を暗渠により引き入れ、江戸時代には清い流れで園景を引き立てていた。

現在はポンプアップによるらしい。

YOKL2868.JPG

 

渡月橋

YOKL3126.JPG

YOKL2880.JPG

 

音羽の滝の「源流」

神田上水を暗渠で持ってきていたと有るが、数年前に訪れた時には結構な水量の水、但しポンプアップで流れていた。

YOKL3143.JPG

YOKL2881.JPG

YOKL2873.JPG

 

屏風岩

YOKL2870.JPG

 

小鹿山の高台から

YOKL2875.JPG

YOKL3134.JPG

YOKL2877.JPG

 

得仁堂

YOKL2883.JPG

 

大泉水と蓬莱島

YOKL2884.JPG

YOKL2885.JPG

YOKL2886.JPG

 

YOKL3156.JPG

YOKL3157.JPG

YOKL3158.JPG

YOKL3161.JPG

YOKL2857.JPG

YOKL3195.JPG

 

円月橋

YOKL2887.JPG

YOKL2888.JPG

ここからの流れが、神田川(跡)に繋がっている。

YOKL2891.JPG

 

神田川の風景

YOKL2896.JPG

YOKL3153.JPG

 

YOKL2894.JPG

YOKL2901.JPG

YOKL3181.JPG

YOKL2908.JPG

 

 

YOKL2897.JPG

 

園外に

東京ドーム11番ゲート付近にぶつかる形で終わる。
かってはこのまま直進した後、南(右)に折れる形で進み、江戸川(現在、神田川に統一)を掛樋(水道橋)で超え江戸市中に配水されていた(冒頭地形図参照)。

YOKL2900.JPG

 

紅葉の風景

YOKL2889.JPG

 

休憩所エリアの紅葉

YOKL2892.JPG

YOKL2893.JPG

 

愛宕坂

京都愛宕山の坂に倣って造られたもので47段あるそうだ。

YOKL2895.JPG

 

菖蒲田、稲田

YOKL2899.JPG

 

YOKL3178.JPG

YOKL3179.JPG

 

東京ドーム3番ゲート脇に建っていた門

YOKL3177.JPG

 

内庭エリア

内庭は水戸藩書院の有った所。かっては唐門で仕切られ、大泉水側の「後園」とは区別されていたそうだ。

YOKL3163.JPG

YOKL3166.JPG

YOKL3169.JPG

YOKL3174.JPG

YOKL3175.JPG

YOKL3176.JPG

 

木曽川、龍田川

内庭や大泉水の水を導いて、おそらく園外に排水していた水路だろう。名称はそれぞれの川になぞらえたもの。

YOKL3192.JPG

YOKL3162.JPG

YOKL3164.JPG

YOKL3165.JPG

 

 

龍田川沿いの紅葉

木曽川の深山を抜けると大泉水脇に出る。流れる水路は木曽川から龍田川に変わる。

YOKL3194.JPG

 

名称も「紅葉園」

YOKL2859.JPG

YOKL3198.JPG

YOKL3199.JPG

YOKL3200.JPG

YOKL3201.JPG

 

園外への排水口(だと思う)

YOKL3203.JPG

 

出口に至る

YOKL3123.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hakkaisan-photo.com/mt-tb.cgi/985

コメントする

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

雄'Page INDEX

武蔵野-Top page


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野地形との折り合い奇跡の43Km

野火止用水-知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道-武蔵野貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前の23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川-武蔵野の湧水を集めて

仙川-野川の支流、水のミステリーの中心

深大寺周辺-国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

谷沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

A la carte

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile

jigazo.gif