故郷を離れて既に40年 東京・武蔵野の水辺を中心とした身近な風景と駄文を発信します

閑話休題「智的な話」

| コメント(0) | トラックバック(0)

泊ると晒す、妾と姿

中学の時、国語の先生は浅島先生だった。
三合のかまどの灰も無かったらしく、地元の佐渡で婿に行き児玉姓になったのだが、この浅島先生から、「泊と晒は、昔の国語の学者が間違えたんだ」と聞かされたことが有る。

 

どう言うことかと言うと、泊は、水に白だから、本来「晒す」の意味だし、晒は、日が西に、と言う字づらだから、本来「泊まる」の意味になるべきで、そこを双方入れ違ってしまったと言う訳。

先生の話の、一つひとつは殆ど覚えていない中、この話だけは大人になってもずーっと覚えていたし、実際そう信じていて、回りにも何かの機会に「智的な受け狙い」として披露して来た。

しかしある時、相手の人から「その『都市伝説』は間違いで、入れ違った訳でも何でも無い」と言われて、実際ネットなどで調べなおしてみた。やはりこの「泊る」と「晒す」は間違っている訳ではなく、これでいいらしい。
元々は漢字のふるさと、中国からこの二つの文字も伝わった訳だが、その時にはもっと難しい字だったのが、日本で言わば略字となったものだ。と言った事情がそこに有るらしい。

なるほど、「昔の国語の学者が間違えた」と言う、気を引く話じゃ無く言わば偶然の話になってしまったが、それでも中々面白い関係ではある。

ネットで調べている内、「妾」と「姿」も同じような関係だって事が分かった。
「姿」は次の女と書くから、めかけにぴったりだし、「妾」は立っている女だから、こちらの方がすがたに相応しいって訳だ。

他にないのかな。

 

歳を取ると何故、1年が短くなるのか

還暦をとうの昔に過ぎたジジイに取って、1年は本当に短い。これは歳をとるに従ってそのように感じるし、オイラだけでなく皆そう言う。何故か?

3歳の子供に取っての1年は、人生の3分の1を占める長さなのに対し、60歳の人に取っての1年は60分の1に過ぎない。
故キンさん、ギンさんのように100歳を過ぎた人に取っての1年は、100分の1にも満たない瞬間的な時間と言うことになる。

……、何か文句ある?

 

母乳のメリット

子供に取って

  • 栄養のバランス
  • 免疫の継承
  • 母親とのスキンシップ

等など

母親に取って

  • 携帯に便利

父親に取って

  • 容器が魅力的

 

「智的な受け狙い」から始まった今回の閑話休題も「乳的」な話で終わってしまった。
泊と晒の話は既に「知的」な話だし、おまえの話は「痴的」過ぎるって?、スンマセン、「恥的」でした。
「血的」になる前に退散したほうが無難なようだ。「遅的」にならないうちに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hakkaisan-photo.com/mt-tb.cgi/171

コメントする

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

雄'Page INDEX

武蔵野-Top page


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野地形との折り合い奇跡の43Km

野火止用水-知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前の23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川-武蔵野の湧水を集めて

仙川-野川の支流、水のミステリーの中心

深大寺周辺-国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

谷沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

A la carte

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

jigazo.gif