故郷を離れて既に40年 東京・武蔵野の水辺を中心とした身近な風景と駄文を発信します

かざんぱら

| コメント(1) | トラックバック(0)

土改前の風景が時々頭をかすめる。ハッキリ思い描ける場所も有るし、おぼろげにしか思い出せない所も有る。
その中で、昨夜、唐突に「かざんぱら」を、そのことばと共に思い出した。

…と言っても、藤原以外の人には何のことか分からないだろう。
亘は当然分かるだろうが、秀一は分かるかな?

かざんぱら、おそらく「風の原」が元になっての地名だが、なんと風雅な呼び名だ。それに茫漠とした語感もある。
場所は今の「藤原団地」、前の東邦亜鉛社宅団地の、一番藤原よりの辺り。

土改前はあの辺一帯畑で、かざんぱらには、畑から拾い上げたのだと思うが、石藪みたいなのが有って、木が3、4本立っていた。
かざんぱらで道が二つに分かれて、少し右寄りの道を100メートル足らず歩くと、畑が切れてそこから池田原の田んぼが広がっていたし、池田川を超えて上原に続いていた。今のメインロード。
左の細い道を下がると、池田川の下流に繋がる筈だが、子供の頃はそこまで行ったことは多分無かった。今なら幾らでも無い距離だが。

 

昔の、土改前の風景を思い出す時、墓場がランドマークになっている。墓場が記憶の点となって、それを繋ぐ形で道や周りの風景が思い出されてくる。
中でやはり一番強烈なのは、自分たち藤原のしん墓(死ん墓)と、みょっちの墓だったな。
今、当時のまま残されていれば結構な被写体になっているだろうが。

かざんぱら.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hakkaisan-photo.com/mt-tb.cgi/441

コメント(1)

 かざんぱら、わからんなあ。その辺りはおれが物心ついた時には、既に東方亜鉛のグランドあたりだったし。たしかに石はごろごろしてた。かざんぱらと使っていたような気もするが、はっきりしねえな。
 その辺、藤原から行って左の方は林になっていた気がする。
 しん墓は、しょっちゅう聞いていたからわかるが。なんでだろ? その辺にウチの田んぼがあったからか?

コメントする

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

雄'Page INDEX

武蔵野-Top page


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野地形との折り合い奇跡の43Km

野火止用水-知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前の23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川-武蔵野の湧水を集めて

仙川-野川の支流、水のミステリーの中心

深大寺周辺-国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

谷沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

A la carte

上高地

木曽路

その他

雑文・駄文

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Profile

jigazo.gif