故郷を離れて既に40年 東京・武蔵野の水辺を中心とした身近な風景と駄文を発信します

桃園川-2(本流-阿佐ヶ谷地内)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

「桃園川について」、こちらに若干まとめてあります。

 

暗渠の迷宮阿佐ヶ谷に、桃園川本流を探し、辿る

桃園川について」で述べたように、特に阿佐ヶ谷地内に入った桃園川は、今の中杉通りを前後して支流が網の目のように入り組み、その痕跡である暗渠網が至る所で、いわば唐突に現れる。
その中で兎も角、中杉通までの桃園川上流部と、JR中央本線を潜って「桃園川緑道」となる中・下流部との連結を見ながら、「おそらくここが本流なのだろう」と思われるコースを辿ってみた。多分間違いないものと思うが。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい

momozonoriver_tikeiz.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して開きます

honryu-2tikeiz.jpg

 

中杉通りを超えて

中杉通りの手前で二股に分かれるのだが、前後のつながりから見て北側のこちらが本流コースだと思う。

Y18_1448.JPG

 

暗渠道再開

中杉通りを超えて直ぐ、右に入る暗渠道が現れる。

Y18_1449.JPG

Y18_1450.JPG

Y18_1451.JPG

結構幅も広い。やはり本命。

Y18_1452.JPG

Y18_1453.JPG

 

ここを左(東)に行くと阿佐ヶ谷中央公園。公園を挟んで二本の支流が流れる。

Y18_1454.JPG

 

中々雰囲気のいい暗渠道が続く。

Y18_1455.JPG

 

一般道に紛れ込む

Y18_1456.JPG

 

支流の合流

暗渠の痕跡は全くないいが、左から支流が合流してくる。やはりここを桃園川が流れていた筈。
合流してきた支流は、こちら

Y18_1457.JPG

 

水路・暗渠の気配ないまま続く

Y18_1459.JPG

Y18_1460.JPG

 

証言

こちらの八百屋さんで、「昔ここを桃園川が流れていませんでしたか?」と聞いてみたら、オヤジさんが「ああそうだよ」と教えてくれた。
今全くその痕跡はないのだが、やはりこの道が桃園川の本流コースだったのだ。

Y18_1466.JPG

Y18_1462.JPG

Y18_1463.JPG

 

けやき公園とJR中央本線が見えて来た。ゴールは直ぐそこ。

Y18_1464.JPG

 

阿佐ヶ谷けやき公園

Y18_1438.JPG

 

JR中央本線を潜る

中央本線に沿って左に140メートル程左(東)、天沼1丁目支流(仮称)が同じく中央本線をくぐる。

Y18_1437.JPG

 

桃園川緑道START

Y18_1436.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hakkaisan-photo.com/mt-tb.cgi/1089

コメントする

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

雄'Page INDEX

武蔵野-Top page

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野地形との折り合い奇跡の43Km

野火止用水 ? 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川-武蔵野の湧水を集めて

仙川-野川の支流、水のミステリーの中心

深大寺周辺-国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

A la carte

上高地

木曽路

その他

雑文・駄文

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Profile

jigazo.gif