【花ドライブ】(実践2014 ①高遠城址公園)

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年初めて「【花】ドライブ」を実践。 今回の目的地は【高遠城址公園】
日程は4月13日、日帰り。 現地の開花予報では【3分咲き】との事でした。

何はともあれ、ホットな写真をお楽しみ下さい。

 

【高遠城址公園】案内図

   ◆ 入門時に配布されたパンフレット
     (拡大時は文字を読む為、画像サイズが大きいのでスクロールバーを活用してご覧下さい)
高遠案内 2.jpg

   今回は上の案内図、右上「南門ゲート」からの入場

   ◆ 入場券
入場券2014.04.13.jpg

takato-map.gif

今回のルートは写真右上(諏訪IC・杖突峠方面)から来て、ダムサイトの南門駐車場に車を止めて
公園内を散策、その後県道211・国道152経由で伊那北IC(写真左)へ向かった。
実は、杖突峠から写真の高遠ロータリーに入る直前迄、桜の咲いている雰囲気がまったく無く、まだ
桜は見られ無いのではないかと危惧していた。 (それ程、春まだ浅い光景が続いていた)
それが南門付近へ近付くと一転、まさに桜・桜・・・。 高遠とは不思議な所の様である。

なお、伊那北ICから我々が向かった先は、【光城山~長峰山】そして【大王わさび田農場】だった
のだが【光城山】の桜はまだ早すぎてパス、安曇野湧水群の一部【大王わさび田農場】に行った。

【光城山の桜】は来週末(4/19)頃開花では無いかとの、現地情報でした。(見頃は22~27日頃?)
光城山及び長峰山の関連情報は、 【こちら】 又は 【こちら】 からアクセスしてご覧下さい。

 

【駐車場から南門ゲート】

   ◆ 南門・駐車場から南門への途中・歩道橋付近より
2014.04.13 A- 009 (高遠城址公園).jpg

   城の様な建物は「信州高遠美術館」の一部・「巽櫓史料館」との事

   ◆ こんな桜の中で「華燭の式」を挙げるカップルも!
2014.04.13 A- 012 (高遠城址公園).jpg

   ◆ 南門付近(案内窓口の後ろに見える建物が南門入場券売り場=ゲート)
2014.04.13 A- 042 (高遠城址公園).jpg

 

【公園内】

   ◆ 問屋門 (門の向こうが「桜雲橋」) この辺りは3分咲き位かな?
2014.04.13 A- 022 (高遠城址公園).jpg

   ◆ ちょっと門を潜る前に、南曲輪(くるわ)から中央アルプス方向
     白い三つの山に囲まれた所が千畳敷カール、右奥のなだらかな白い山が木曽駒ヶ岳
2014.04.13 A- 020 (高遠城址公園).jpg

   こちらは日当たりの関係で、2分咲き程度・・・南曲輪だが見ている方向は西北?

   ◆ 桜雲門から下の池を見下ろす・・・・3~4分咲き位?
2014.04.13 A- 023 (高遠城址公園).jpg

   ◆ 池への下り口から桜雲橋と問屋門、橋の上の3名は同行者
2014.04.13 A- 029 (高遠城址公園).jpg

   ◆ 入場券の写真と同じ、桜雲橋をバックに1枚
2014.04.13 A- 033 (高遠城址公園).jpg

   ◆ 広角での全景
2014.04.13 A- 035 (高遠城址公園).jpg

 

  高遠閣(北門ゲート)付近・二の丸付近は1~3分咲き程度の為写真はあきらめ、池の反対側から
  遊歩道に上がり南門を目指す。
 (写真は撮りませんでしたが遊歩道への登り階段右脇には白いキクザキイチゲが10数株咲いていた)

 

   ◆ 途中の広場にて
2014.04.13 A- 037 (高遠城址公園).jpg

   ◆ 6分咲き位のコヒガンザクラ
2014.04.13 A- 002 (高遠城址公園).jpg

   ここの桜はソメイヨシノと違ってピンクが強くツボミの段階からもピンク色の為、開花期が
   長い様に見える。 (開花してからだんだん白くなって、数日で散って行く)

   高遠城址公園の地形的位置関係から、川霧や日照・風向き・標高等が違う為、開花時期が微
   妙にズレる。 従って全体としての開花期間が長いのが特徴。

   今回は3分咲きとのことでしたが、場所によって7~8分咲きの所(南門付近)がある反面、
   北門(高遠閣)付近は1分咲き以下と、咲いている程度に大きな差がある。
   多分今週には満開宣言が出るでしょうが、極端な高温気象でない限り、今月25日位迄は桜が
   楽しめるものと思う。

 

【参考】・・・・高遠城址公園へお出掛け予定の方へ

  ちなみに、今回は想定通り午前9時30分頃高遠に着く様に家を出て、午前11時20分頃には高遠城
  から出た為、渋滞にはつかまらずに済んだが、我々が出る頃には高遠城に向かう車の渋滞が延々と続い
  ていた。 

  この後、私達は湧水と水辺の風景を求めて安曇野の【大王わさび田農場】へ向かった。
  注意 : 宿泊スケジュールもしくは交替運転者が居る場合以外はこのコースはお薦め出来ません。
     単独運転の場合は
甲府盆地の桃の花が一面に広がって丁度【見頃】、安全の為にも帰りながら
     こちらのコースで楽しむ事をお薦めします。
    (小仏トンネル20km~30kmの渋滞も考考えると往復120~130kmの追加は疲労の素です)
     

「ゆっくりと見学したい」、「写真に人影を少なく撮りたい」、「次の観光地も予定している」と言う
  人は【何時頃高遠に着く様にするかで計画を組む】のがポイントになります。
「人影の少ない写真」を撮りたい人は開園と同時に入れる位のスケジュールを考えた方がいいでしょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hakkaisan-photo.com/mt-tb.cgi/534

コメントする

※ 写真、画像は縮小されています
 必要に応じクリックして拡大表示して下さい

BLOG RANKING

八海山倶楽部は、日本ブログ村ランキングに参加しています
宜しかったら下のバナーをクリック、応援して下さい

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南魚沼情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 魚沼情報へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、久が2014年4月14日 20:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【花ドライブ】(山野草・春、長野編)」です。

次のブログ記事は「【花ドライブ】(山野草・東北GW編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Profile

アイテム

  • 八海山ライブカメラと八海醸造の位置関係.jpg
  • 八海醸造 (株) Map.JPG
  • 2016-12-24-10-00.jpg
  • 2016-12-01-10-00.jpg
  • 2017.05.10 -D041A  【長森山裾野・雪室】 11.30 ・・13・30 頃.jpg
  • 【長森山裾野・MAP】 ウバユリ群生エリア.jpg
  • 【ウバユリの株】長森山登山口・雪室側(2017.05.23).jpg
  • 【ウバユリの株】里宮 (2017.05.23).jpg
  • 八海神社(里宮)周辺 2.JPG
  • 八海神社(里宮)周辺 1.JPG
  • 2017.05.23 -B068A 【ウバユリ関連】 八海山登山案内.jpg
  • 【ウバユリ】の成長 (ネット画像引用合成).jpg
  • 知床・羅臼の【ウバユリ】 2004.07.18A.jpg
  • 2017.04.04 - XPERIA  003B 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - XPERIA  002B 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  030 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  045 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  036 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  028 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  027 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  026 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  016 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 2017.04.04 - NICON  060 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • 三毳山・カタクリの園 (キツネノカンザシ).jpg
  • 2017.04.04 - XPERIA  001B 三毳山 (カタクリの園).jpg
  • A028 -河津桜とメジロ.jpg
  • A027 2017.03.07 - 072 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg
  • A026 2017.03.07 - 054 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg
  • A025B 2017.03.07 - 053 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg
  • A025 2017.03.07 - 049 三毳山 (カタクリの園・メイン部).jpg